ミニキャブの続きとハリアー納車&S2000の作業2012年09月03日 22時10分

本日まずは部品が届いたミニキャブの修理から
逝ってしまったオルタネーターをリンク品のオルタネーターに交換
元はベルトの張り具合も強すぎる感じだったので、合わせて調整

エンジン始動、この時点で無事インジケーターは消灯しましたが
納車するのは、実際の発電状態を確認してからですので
オルタネーターの端子電圧と出力電流、バッテリー端子の電圧などを
電気負荷かけつつ、変化&復帰するかどうかも点検して修理完了です。

そして、中古車新規で希望ナンバーを取得したハリアー
納車時間までに、外装のコーティング作業をしてピカピカに!
午後からお客様自ら引き取りに来て下さり、電動バックドアやら
フロント&左サイドカメラなど装備品の使い方を説明しつつ無事引渡し

本当にキレイな車で、まだ当分乗って頂けますので
ハリアーで新たなカーライフ楽しんでくださいね、ありがとうございました!

そしてS2000の車検整備も同時進行中です
まずは車検と言えば、エンジン冷却水(LLC)の交換
ホンダ車は50%濃度が指定ですが、濃いと流動性が落ちるので
添加剤を使い防錆能力を上げ、LLCは35%濃度で注入させて頂きました

そして不具合で聞いていた時々出ると言うクラッチの異音
原因はペダルではなく、マスターシリンダーの内部からでした
実際2年毎にフルード交換をしているのに、タンク内は結構汚れています
マスターシリンダーごと交換する為、フルードを抜いて作業開始

軽く漏れも出てきていましたので、良いタイミングだったかな
ペダルと繋がるプッシュロッドと、本体から伸びるネジを2箇所外します

そしてもう1点、ホンダ車に限らずマニュアルスポーツカーの
不具合としてかなりの確立で発生する、クラッチペダルブラケットも
金属疲労による割れが出る前、ついでに交換してしまいましょう

実際以前の日記にも書きましたが、壊れると大変で
強化品等入れていない、純正クラッチのアコードでも破損してますしね
マスターシリンダーを外した後、ペダルごとブラケットを取り外します。

マスターシリンダーの新品との比較、タンク内の汚れが酷いです

ブラケットからペダルを取り外し、ペダルカラーなどを入れ替えます

その後、ブラケットに付くクラッチスイッチやストッパーなどを移植
リターンスプリングとともに、ペダルを新しいブラケットに装着します

車内にブラケットを仮組みして、マスターシリンダーを取り付け
1箇所に力が掛かりすぎないよう、順番に各ナットを締め付けていき
シリンダーとブラケットが固定された後、クラッチスイッチとストッパーの
位置を調整して、交換作業は終了でございます

清掃&グリスアップの終わったブレーキと共に
クラッチラインのフルード交換&エア抜きをして作動を確認して完了

明日は残りの作業と共に、外装磨きをして明後日車検受検です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2012/09/03/6566725/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆