ハイゼットカーゴお預かりで作業です2017年01月16日 22時11分

昨日まで手結構溶けたかなと思っていた雪ですが
車お預かりする道中でも、ワイパーで拭くと凍ってくる気温・・・

車を洗っていても手は真っ赤っか・・・やっぱり寒さは変わりませんね
路面も濡れちゃってますし、乾いててもこの気温では乾かないので

今日は早々とリフトアップして、ジェットヒーター不調につき
工場扇にて時間をかけて乾燥させていきます・・・(^_^;)

ブレーキやゴム類は問題なさそうなので、追加部品も少なそう

ラジエターのサブタンク、量が不足気味でしたのでスーパーLLC補充

エアークリーナーのエレメントは、エアーブローで復活しました

漏れや固着などは問題ナッシングなブレーキも
グリスアップや隙間調整など毎度のメンテナンスを致しまして

仕上げはブレーキ作動用フルードの定期交換、下部塗装も無しでOK
今年は車両的に然程問題がありませんのでお安く済みますね
エアー調整し、ローテーションしたタイヤを装着して接地

スキャンツールの確認やワイパーゴムの交換、燃料系洗浄剤添加後
後は当社のサービス分、ボディーのポリッシャー磨きとコート剤保護
これで作業は完了、明日受験に走って来ますので夕方納車です

先日奥様が犬に触りまくった手袋見つけた雅
何か臭ったのか、サッと持って行ったかと思うと咥えてネコキック連発
虹彩も円くなってるし、妙にテンション高かったのでしばし放置・・・
15分程暴れた後の彼女ですが・・・手袋は暫く離してくれませんでした^^;



ここはホントに常春の渥美なの(;´Д`)2017年01月15日 22時10分

明日は家で籠ると決めて、AM1時過ぎに再度外見て見ましたら・・・
道路の境界も分からず、少ないながらも走った車のタイヤ痕以外
辺り一面が真っ白になっていますし、吹雪いてる状態変わらず
娘は喜び足跡付けたり、新雪の上に倒れて"人拓"作ったりしてますが
北国の方には笑われますが、もうね・・・本当に寒さが尋常じゃない

これは朝に動く方相当気を付けないと、スピンの嵐じゃないかな・・・
こんな状態ではどこに出るとか考えず、素直に布団の中で過ごします

・・・と、9時過ぎまで寝込んで起きた2階からの風景
朝はホントに真っ白だったぞ!!との父の言葉からすると
既に随分車は走っているみたいで、幹線道路はシャーベットに

でも車の上の雪はまだこんな状態ですからね・・・
暖かくしてテレビ(録画してあるアニメ・今期は不作かも)見て

少し路面が溶け始めてから、車の出し入れに困る場所を除雪
避けた雪は融雪口が無いので、油泥分離層の中に落として溶かします

夕方まで待ってもまだこの状況ですからね・・・
明日から無事動けるまでに各所の雪が溶けますよう願ってます



ハイゼットのシートベルトとオイル交換、ついに雪が!!!2017年01月14日 22時27分

昨日継続検査合格したハイゼットトラックですが
戻りが悪い・・・とのシートベルトの交換の為、部品の取り寄せをして
昨日遅くに到着しましたので、本日交換して納車する流れになりました

今のシートベルトは、軽トラック用でもプリテンショナー式と言う
エアバック同様に、衝撃時に火薬を爆発させ、シートベルトを引き込み
体が前に行くのを抑える機構が入っていますので、バッテリーの
ターミナルを外し、残電流が空になってからコネクター外し作業

部品的に変更を受けている物ではございませんが
今の物よりは多少バネの巻きが強い気がしますので交換してから
納車して、お客様に経過観察して様子を見て頂く事に致します

元々はベルト外して降りた後にドア閉めると、まだ定位置まで
戻ってないバックルをドアで挟むのが気になるとの事でしたから
その時の感触としては・・・結構改善して無いかなと期待しております

この後サイドカバー取付けて、マットを敷きタイヤとホイールを
キレイに仕上げてから、お客様の元へ納車させて頂きました

オイル交換でご来店は、スズキのKei-works
いつもの様にPENNZOIL PMG5W-30を使用です

オイル注入口から見たエンジン内部。12万キロ超えとは思えない
状態でしょ、黄色のオイル焼けも無くピカピカですよ

アレコレ話していたら、天気予報より早く雪が・・・
急ぎ店を後にしたF君を待っていたかのように勢いを増します

みるみるうちに木々の上は白くなってきますがそんな中
スズメが木の枝にちょこんと2羽・・・早逃げないと凍っちゃうよ(;´Д`)

6時を過ぎるころにはもう此処はホントに渥美なの・・・状態
こんな日にお向かいはセレモニー、御来訪の皆様も大変ですね

更に雪は勢いを増し、とても溶けそうな状態ではなくなりました
明日は用事があっても、最低でもスタッドレス履いてない方は
幹線路面が溶けるまで、家から出ないようにお願いいたします

元々雪に慣れていない愛知県、各所で事故が心配ですね・・・

スタッドレスタイヤ交換やタントのラックエンド交換2017年01月13日 22時40分

明日からの雪予報が心配で・・・とタイヤ依頼されたキャラバン
無事スタッドレスが間に合いましたので、交換作業です

4本まとめて交換ですが、エアーバルブ交換もセットで作業
現在は夏タイヤ、残り溝も殆どありませんので危険でしたね

車検的にはちと問題のある仕様なのですが、価格的に有利なのと
スタッドレスの効きも良い為、ウインターマックスを使用させて頂きます
メインで使う夏タイヤの方は、あらためてホイールと共に交換ですね
後は100キロほど慣らしをして頂ければ、本来の効きになる筈ですが
時間が有りませんからねぇ・・・でも有ると無いとじゃ大違いなタイヤ
本当に雪が積もったりしたら、良い仕事してくれると思います

タイヤの横を持ち内外に揺すると、タイヤがガタガタな状態・・・
主原因はステアリングのギアボックスから伸びる、ラックと言う部品の
更に外に装着されて、ラックエンドと言うタイロッドエンドと繋がる物で
その奥の部分と、タイロッドとのピロボール的な形状部分にガタが!

ラックから取り外して、基本のタイロッドエンド取付け深さを計測して
タイロッドエンドとラックブーツを取り外していきます

新品とガタがあるステアリングラックエンドのジョイント比較
新しい方はロッドを水平にしてもそのままの位置で動かないのに対し
ガタのある方は皆様も想像されるであろう通り、頭を垂れてしまいます

ラックエンドにラックブーツとタイロッドエンドを取り付けて
それぞれステアリングラックと、ナックルに接続してタイヤ取り付けて
トーイン調整をすれば作業は完了、継続の受験は合格していても
ダメな部品は交換しておかないと大事故に繋がります、症状確認して
お客様に見せ、ご納得して作業させて頂きましたのでこれで完了です

冷却水が漏れているとご来店のグランドハイエース
随分と多量に漏れて来ますので、リフトアップして場所の確認
ホースのどこかが劣化破損したのかと思っていたのですが・・・

場所はラジエター・・・その昔のオール銅製のラジエターと違い
上と下が樹脂、実際に冷却水を冷やすコアの部分がアルミ製の為か
膨張率が違うのか、コアと上下タンクとの繋ぎ目が歪んで
ここから水が吹きだす事が多いんですが、こちらもまさに・・・
早速部品発注しましたがバックオーダーとの事で暫くお預かりに

天気予報が本気で危なくなってきましたので
当社代車のMOVEも夏タイヤからスタッドレスに交換です

もう4シーズン目かな・・・あまり乗らないので山は十分ですし
国産タイヤなのでゴムの硬度も問題無し、頑張って仕事してもらいます



◆当社MAP 携帯用QRコード◆