伝票作業からのオイルやバックドアロック、EGRが💦2020年11月20日 23時04分

年末も近づいてきましたので、昨日から伝票作業も開始
と同時にオイル交換作業など皆様ありがとうございます
エブリィは今回エンジンオイルのみ交換、PENNZOIL使用中です

ミラカスタムもオイル交換、燃費重視ですが保護も大切ですので
今回もPENNZOIL MG5W-20を使用して交換でございます

新たに代車に迎えるタントですが
検査合格後にエンジンチェックランプ点灯、良かったぁ(^▽^;)💦

とは言え原因把握して修理していかないとなので診断機で
下2つはイモビライザーの無い時にスターター回したものなのでOK
問題は一番上のEGRバルブ・・・燃焼温度が高くなり過ぎて
排気ガス中にNoxが増加しないよう、燃えない排気ガスを吸気側に入れ
一緒に燃やす事で燃焼温度を下げてNoxを低減する機構のバルブ
この動きが悪くなったり汚れが増すと狙った排気ガスが導入できず
異常コードが入力されますので本来は交換が必要です

EGRバルブはこちらのエンジン後端に装着されています
部品だけでも税抜きで14000円ほど致しますので、代車と言う事もあり
今後の対処療法を色々試してみようと・・・まずは燃焼室からの
流れで洗浄できない物かなと思いまして…

WAKO'S RECSでの燃焼室内洗浄点滴をさせて頂きました
これで試運転をしてどうなるのか確認いたします

トルクを増すためのレゾネーター取り付け部はこの位置に穴を空けて
クリップで固定してみましたが、現在は問題なく固定出来ているようです

そのたハイゼットカーゴが時々ですが
勝手にバックドアがロックされると間の事で、最も確率の高い
バックドアロックユニットの交換を致しました、内張を剥がして
各部のロッドを外してロックユニットを取り外しまして

新しいロックユニットを装着して作動確認
ロック、アンロックの状態にも節度感が出て良い感触です
これで暫く経過観察ですが、おそらく問題ないと思います(*^^*)



トヨタラッシュの継続検査整備です2020年11月17日 23時11分

本日はMRワゴンのオイル交換からスタートですが
距離をかなり乗られる関係でフロントタイヤの摩耗が進み
お客様に提案して交換する流れに、又お借りいたしましね!

本日継続検査整備でお預かりしたのはトヨタのラッシュ

距離も結構乗られておりますが、最近は2万キロ超えもざらですし
軽自動車でも50万キロ超える車両もいらっしゃいますので
まだまだ平和な距離でございますね

オルタネーターベルトの張りが緩くなってきておりましたので
奥のアジャスターを使用して調整させて頂きました

スロットルボディーのカーボン汚れも洗浄してきれいに

エアークリーナーのエレメントは使用限度超えておりましたので

新しいエアークリーナーエレメントに交換して装着です

ロアーボールジョイントブーツ破損でグリス漏れ

左右共に交換させて頂きます、ナックルからジョイント切り離し

反対側もヒビ割れが深く漏れる寸前
ブーツのリングを外してブーツを取り外して行きます

指で押すとブーツの亀裂も分かりやすいですね
この部分からグリス漏れが起きておりました

新しいグリスを詰めてブーツを装着しリングでジョイントに固定
ロアーボールジョイントをナックルに組付けて完了です

ブレーキは前後とも問題ございませんでしたので
隙間の調整やバックフレートなどへのグリスアップをして

ドラムを取り付けてブレーキフルード交換、キレイになりましたね

タイヤに金属片がございましたので心配して確認しましたが
傷は浅くて奥まで到達しておらず、エアー漏れはなしでした

タイヤ装着して接地後、ワイパーゴムの交換やライト周りの点検
ヘッドライトやボディーのくすみ、ポリッシャーで磨いていきます

きれいになったボディーにはコート剤を塗りこみ保護

これで作業完了、明日検査に走らせて頂きます



タントの仕上げ作業です2020年11月14日 23時30分

タントの続き作業ですが、CVTフルードも交換です

走行距離は18万キロ超えですがその割には汚れ少なめ
途中で交換されているようですが、今回新たにフレッシュに

3か月放置するとブレーキディスクはこの状態まで腐食進みます💦

削り落としておかないとパッドの隙間に詰まって
効きが落ちますので、研磨機をドリルに付けて磨きます

ブレーキパッドは約半分、当店推奨の新品パッドにして
効きの良さと高温時での安定性をアップさるよう組付けます

スライドピンやパッ背面の接触部にそれぞれ
専用の性質を持ったグリスを塗布してクッション+潤滑状態維持

パッドとキャリパー装着して固定、ハブには固着防止のモリブデン

リヤブレーキは問題ございませんでしたので
摺動部へのグリスアップや、隙間の調整をしてから

その後は各ブリーダープラグから、ブレーキフルードの交換をして完了

グリス漏れしているロアーボールジョイントブーツ
ナックルとジョイントを切り離して、ダストブーツとグリスを交換

新しいブーツを装着してナックルとジョイントを固定してブーツ交換完了
タイヤはローテーションして組付け設置してトルクレンチで締め付け

ブローバイとカバーの清掃からの乾燥完了して
カムカバーガスケットを交換して組付けて行きます

カバー組みつけてネジで固定していきます、ハーネスも元に戻し

イグニッションコイルやインジェクターのコネクターを装着

クリーナーカバーを取り付けて、エアークリーナーのエレメントも交換
PENNZIOL MG5W-20を注入して、ライト周りの点検と
ワイパーブレードゴムの交換をして完了、後は検査行くのみです



代車として使用するタントの継続検査前整備です2020年11月13日 23時25分

腐食の進んだL152 MOVE ターボRSから入れ替え予定
タントの継続検査前定期点検と整備です、洗浄からスタート

3か月ほど放置しておりましたのでバッテリーは終了
Panasonic caosを使用して交換致しました

中古購入した車両なのでいろいろありまして…
エアークリーナー手前のレゾネーター取り付け部はこんな状態で
まともに取り付けできませんので何かしら対応しないとですね

リフトにセット後はエンジンの点検、ベルト類はOK
スロットルボディーとポート類の洗浄してエアークリーナー新品発注

エンジンオイルとエレメントは交換ですが
やはりハウジング内にオイル焼けが付着しておりますので
エンジン内部もこれより汚れていると思って間違いないかと

ロアーボールジョイントのブーツはやはり破損・・・こちらも部品発注です

ブローバイからのオイル吹き出しでカムカバーが随分汚れてます

そろそろ漏れも心配ですのでカバーガスケット交換の為
カムカバーを取り外して、洗剤を吹き付けて洗浄しておきます

タイミングチェーンの伸び・・・出てますね、押した時のたわみと

持ち上げた時のたわみ、低温時はガラガラ音が出始める伸び具合
50万キロを突破しているあのハイゼットカーゴのが状態は良いです^^;

やはりこけれだけ汚れが出ていますので
今迄の前オーナー様オイル管理はイマイチだったかと思います・・・

スパークプラグはなぜか標準仕様のプラグが…
そして接地電極の摩耗はかなり出ておりましたので

今回はNGKのPREMIUM-RXプラグに交換致します
これを装着しておけば暫くの間ノーメンテで大丈夫ですね

締め付けにはトルクレンチを使用して完了、後は部品が届いてからです

本日検査に走ったタウンエース問題もなく合格してきましたので
満充電状態でバッテリー点検などをしてクリーンアップ後納車です

足車のターボエンジン載せ替えしたミラもオイル交換

今回はオイルのみの交換です、漏れも無く状態良し!!

使用オイルはPENNZOIL MG5W-30を使用しております
エアークリーナーのフィルターがコットンワイヤーになっている意外
吸気&排気系はノーマルのままなのですが、EFターボ良い走りします



旧規格ハイゼットトラックの継続検査整備です2020年11月11日 23時49分

本日は旧規格のハイゼットトラックお預かりで継続検査整備です
いつもの様に、洗浄作業からスタートです

リヤゲートが閉まらないので直して欲しいとの事で
曲がったロックアーチ部の修正とサイドゲートの凹みと曲がり修正

ゲートロックプロテクターを装着しロック可能になりましたのでこれでOK

リフトアップして各部の点検、定番のタイロッドや
ロアーアームのブーツは問題ございませんでしたけれど…

ステアリングギアボックスのラックブーツのバンドが切れたのか
ラックブーツが破損し、途中からロッドが顔を出してしまっておりました

エアークリーナーもしっかりとエアーブロー清掃して
エンジン内部が摩耗しない様に保護をさせて頂きました

破損したラックブーツを取り外します
完全に逝ってしまっておりましたので部品発注して交換です

新しいラックブーツが届きましたので装着
前後方向どちらも金属バンドで固定してこれで大丈夫です

ブレーキは前後とも問題ございませんでしたので
バックプレートへのグリスアップと隙間の調整などのメンテナンス後

フロントディスクブレーキ、リヤドラムブレーキの
シリンダーブリーダープラグから、汚れたフルードを入れ替え

アクスル部の腐食には防錆の為のシャーシブラック塗装をして保護
前後でローテーションをしたタイヤ装着し接地後規定トルクで締め付け

キャブレター車の為出来る限り燃焼効率を上げて
排気ガスの浄化をしないとそろそろ・・・なのでこちらを添加して

排気ガスの検査・・・さぁ、どこま浄化率が上あがったか確認です

まだ暖機途中ですがこの数値、(限度 CO/1200ppm4.5%  HC/1200ppm)
これなら全く問題ございません明日検査に走らせて頂きます



◆当社MAP 携帯用QRコード◆