キャンタートラック継続検査前整備・ハイゼット仕上げ2023年01月30日 23時59分

本日はキャンタートラックの継続検査前整備
昨日のうちにお預かりして洗浄作業をさせて頂きましたので

本日はそのままリフトアップして作業開始です
足回りのゴム類問題なし、オイル滲みは洗浄でOK

エアークリーナーエレメントも、エアーブロー清掃で問題なし

前後ブレーキ状態問題なし、バックプレートへのグリスアップをして

クラッチのマスターシリンダー+レリーズシリンダー共に
固着や漏れはございませんでしたので安心です

腐食が進んでいる部分にはシャーシブラックでの防錆塗装

全長が長いと取られるかもな煽りの抑え金具を外して明日検査です

検査合格して戻ったハイゼットカーゴ、残り作業開始です

ブロアモーターファン奥にある、エアコンクリーンフィルター交換

これを交換しないとエアコンのエバポレーターが詰まり
風が出なくなってきますので大切な後付けパーツですよ

そろそろ注意ゾーンですが、まだスターターは元気なので
また半年程したら確認したいですが、お客様判断で様子を見て頂きます

仕上げの車両診断機、異常履歴の確認は問題なし

各制御値や水温、点火時期、アイドリング回転など
全て問題なし、これでお客様に納車させて頂きます



タイヤ&オイルの交換、ハイゼットカーゴの続き2023年01月28日 23時59分

シバタイヤ装着のロードスター作業です
今シーズンは、このタイヤで行くそうで何処まで走れるか

新しいチェンジャー、使いながら慣れる状態ですが
なかなかに考えられた仕様になっているみたいでさすがEIWA

4本交換完了、シバタイヤTW280 今シーズン心機一転頑張ってね

オイル交換でご来店は、カローラスポーツHYBRID

1万キロ毎でエレメントとセットでオイル交換、いつもありがとうございます

今回も頼りになる PENNZOIL PLATINUM 0W-20を使用です

スーパーオーリンズ装着させて頂いたロードスターも引き渡し
の前に各所試運転して頂きましたが、高価な足回りの違いは
感じて下さったようで、ウルトラしなやかな動き納得して頂けました
練習会、イベントでスキルアップしていって下さいね

ハイゼットカーゴの続き作業、錆が目立つアクスル部
シャーシブラックでの防錆塗装をしてタイヤ装着して接地

エアークリーナーエレメント、砂ぼこり一杯で交換です

ラジエターサブタンク、減少分の補充には
WAKO'Sのクーラントブースターで防錆能力をリムーブ

破損して水が浸入するテールレンズ、外周にも浮きがあるので
今回は交換、端子が錆びたバルブも合わせて交換して
ワイパーブレードゴムの交換もして月曜日検査です


アクティのタイヤ&オイル、ロードスターの続き作業2023年01月26日 23時05分

タイヤの摩耗が進み交換依頼のアクティの作業
いつものタイヤを使用してサクッと交換、新しいチェンジャー
パワーもあり楽なはずなのですが…まだ少し慣れません(^▽^;)💦

バックドアが開かない状態になっており
エンジンオイル交換後の注入には、バックドア裏のノブを弾く必要が💦
苦肉の策で、隙間からノブを引きリッドをオープンしてオイル注入

ロードスターの続き作業です、既存のリヤショック取り外して
スーパーオーリンズを取り付けて行きます

各アームを疑似1G状態で締め付けてリフトを移動して

アライメントリフトの上で、まずアジュールのKさんから指定された
最低地上高に、車高と車両の姿勢に合わせて行きます

全長調整式なので、下側のアジャスターで本体を回して調整

変化した分のアライメントのずれを確認して調整して行きます

大きなズレは無いので数値を確認して完了
その後の試運転で激変した動きのしなやかさ確認しましたが
ステアリングには遅れず反応する独特の味付けは良いですね

暫くはバルブ馴染みを重視するため、20段戻しでセットして
練習会で今迄の足との違い確認して頂きます、ありがとうございました

ロードスターの足回りその1、キャンターの検査へ2023年01月25日 23時38分

やはり不安的中…今日の渥美地区はこんな状態で
朝は道まで真っ白でした・・・けれども、時間と共に雪は水に代わり

8kmほど先には雪がない事も確認出来ましたので
幹線道路だけを走って行けばほぼ解けている筈ですし検査に!!
とは言え荷台に荷物が無いトラックの滑りやすさ考え超慎重に💦

その間自分は、スーパーオーリンズを購入して下さった
W君のロードスターの作業を進めて行きます
リフトアップして今の足を外し、新品のスーパーオーリンズ投入です!!

アジュールのKさんと相談して作ってもらった
2023年最新SPECのジムカーナ100%仕様のコンプリートキット

フロントはアッパーアームを外す必要がございますので
この長いボルトを引き抜いてから、アームを手前に引き出して

ロアーアームを下げながらアッパーアームをずらして
既存ショックアブソーバーを取り外して、スーパーオーリンズインストール

締め付けは疑似1G状態で締め付けて行きます
全体に元々の締め付けトルクが高かったので修正しつつ締め付け

スタビライザーのロッドを取り付け…なのですが
ウレタンゴムのブッシュをそのまま使われているようで
ともかく上下への動きが悪く第2のサスになっていますので

モリブデン系のスプレーを吹き付けて上下の動きを確保して
左右切り替えし以外で、スプリングの邪魔にならないようにして組み付け

解けてきましたが、雪そのものは止まないままですので気温がヤバい

事故もなく、事故に遭う事もなく無事帰還したキャンター
残りの作業がありますのでリフトアップしてオイル交換など

寒さを物語るつららが各所に・・・こんな天気予想出来なかったですよね

1年間使用したエンジンオイルを交換、PENNZOIL MG5W-30を使用です

近距離使用が多いため、どうしてもバッテリーの劣化が早いのですが
少し高めのバッテリーだけあり、3年過ぎてこれならまだ大丈夫そうです

室内のシートがファブリック仕様ですので、中に埃がかなり入り込みます
叩いてはエアーで飛ばしを繰り返してボワッと砂ぼこりが浮かなくなるまで
綺麗にしてから、ダッシュボードやガラスなどをふきふき

外装の仕上げと、タイヤのクリーンアップを進めて
お客様のご自宅へ納めさせて頂きます、ありがとうございました。


WAKE、パレット、ハイゼットの仕上げにタイヤ2023年01月20日 23時13分

来週からの寒波を前に、万が一を考えてスタッドレスに交換すると
ご来店のMOVEの作業、元々お持ちのタイヤと交換するだけですが
距離が来ていたエンジンオイルも交換、RENNZOIL MG5W-20使用です

前回交換から景気期間が心配になってきたバッテリーも診断
アイドリングストップとしては危険ですが、OFFならまだ行けそうですね

検査から戻ったパレットSWも仕上げ作業、ボディー磨きと室内清掃

交換したカムカバーガスケットからのオイル漏れも
このように洗浄した時のまま完全に止まっていますので安心

納車前の準備でまずテスターによる診断、バッテリーの状態確認や

診断機での最終チェック、電池交換前のイモビライザーも
異常として拾っていたようです、エアコンは以前事故修理したと思われる
外気温センサー系異常なので、現在の状態は問題なし

燃料タンクリコールのWAKEも戻りましたので
ボディーと室内の仕上げ作業と共に診断機でのチェックです

異常履歴が1つ入っていましたけれど・・・

こちらもダイハツ車が時々入力されてしまう始動不良の履歴
こちらのWAKEも含めて、殆どの場合問題はありませんが確認は大切

こちらも本日検査に走ったハイゼットトラックの仕上げ
ボディーの外装磨きや室内清掃と共にバッテリーと車両診断機

マニュアルミッション車らしく、エンストも検知されていますが
こちらの異常履歴も、実際の異常としては現在問題なしです

各リアルデーターも診断して問題点はありませんでした

バッテリー保護カバーを取り外してバッテリーチェック
1度に走る距離がかなり短い事も有り、性能低下早いですがまだ大丈夫
これで作業は全て完了、本日納車させて頂きます

先日縁石にヒットしてホイールと共にタイヤの破損してしまったハイゼット
新品のホイールとタイヤが届きましたので組み付け作業です

タイヤも純正に準じるものを使用して組み付け後バランス調整
現在貸し出し中の当店の出張タイヤと交換させて頂きます


◆当社MAP 携帯用QRコード◆