アルトのリコール作業、オイル漏れ修理に新規購入品お試し2021年02月06日 23時21分

本日はスズキアルトのリコール作業で燃料タンク下ろし
タンク内のバキュームが強く出てタンクが潰れる事があるそうで

対策品のホースに交換して取り回しを変更いたします

リターンホースともチェックバルブを介して並列接続
これで作業はOKですので、記録簿記載して完了です

続いては先日オイル交換で
オイル漏れが発覚したハイゼットカーゴの修理
劣化してシールが逝ったオイルプレッシャースイッチの交換作業です

アンダーカバーにもオイルが随分漏れたまっていましたので
洗浄剤を使用して、アンダーカバーを高圧洗できれいに致します

古いオイルプレッシャースイッチを、新品のスイッチに交換して
漏れたオイルを全て。クリーナーを使用してキレイに洗浄いたします

足りなくなっていたエンジンオイルを補充してから

エンジンを始動し暖機しつつエンジンオイルの漏れを確認
これで修理は完了、アンダーカバーを装着してお客様にお渡しです

夕方からはAさんの秘密基地へ移動して
新たにジムカーナ会場で使用する相棒のテスト試用
Aさんが持っていた本家のヘリノックスとの比較もしたりして
やはり本家はレカロSPGなフルバケット、オイラのはSR3なセミバケット
そんな違いを感じる包まれ感ですね、とは言え価格差考えると…で
壊れるまではこれを使用して、会場でまったりしたいと思います

テーブルも高さや面積、強度も問題ありませんし
この塗装、上の物が滑らず置いた場所に固定されてるみたい

Aさん自慢のストーブやバーナーなどで、餅焼いたり沸かしたお湯で
コーヒーを入れたりして、アウトドア用品のレクチャー受けまして

あると便利なものをアレコレ紹介して頂きましたが
ジムカーナ開幕すると必要なのはまずクーラーバッグの方なので
バーナーや暖房器具は年末まで考えるとして、ゆるキャン△見つつ
いろいろと楽しみ方を模索していこうと思います(*^^*)

ロードスターの続きとWAKE仕上げ、新作マンガ2021年01月21日 23時48分

ロードスターの続き作業です
シール材も乾きましたのでオイル注入
こちらはお客様持ち込みのオイルを注入させて頂きました

そして減少していた冷却水(LLC)をアッパーレベルまで注入

カチカチに劣化しているブローバイホースも交換させて頂きました

続いてブレーキのメンテナンス、パッド・・・結構減っておりますね

厚みは4mmほど、摩擦材の部分はほぼ終了して
断熱剤の域に入る厚みですのでピストン出量も増えるので交換推奨

そしてキャリパーですが、スライドピンにグリスが塗られてない為
パッドキャリアのゴムチューブとの動きが悪くなっていましたので

チューブ内とスライドピン、そしてキャリパーピストンに
専用のグリスを塗り組付け、ピストン結構出ちゃってるの分かりますね

リヤブレーキはキャリパー取り付けネジのカバーが
片側無くなっておりましたのでお客様の方で保管されていれば
また取り付けしておいてくださいね、続いてキャリパー脱着

同じくスライドピンのグリスが塗られていない状態
こちらもあらためてグリスを塗り組付けですがパッドの残厚も
右は5mmの残りですので、こちらも残厚に気を付けて使用してください

ブレーキフルードは自身で交換されているのかとてもキレイでしたので
エアー調整したタイヤを装着して接地後トルクレンチで締め付け
ハイマウントストップランプのバルブが切れている以外ライトも問題無し
ヘッドライトに社外のLEDが使用されており、検査合格するか怪しい為
先に知人工場まで走ってカットラインの確認しましたがこれなら大丈夫

巻き取りスイッチ式ベルトが???でしたがこれで明日検査に走ります

昨日検査合格して本日はダイハツの方で、
異音の出ていたヒーターブロアモーターを補償交換したウェイク
明日の納車に合わせて、仕上げ作業に入ります

どうにも気になっていたサイドの補修痕・・・
スプレーで塗られた部分が広すぎる気がしましたので
ポリッシャーで余分な塗料を磨き落とさせて頂きました

アイドリングストップバッテリーはそろそろ注意ゾーン
ここからの性能低下は早くなりますので、時々チェック推奨です

車両の異常履歴の確認、こちらは全ての項目で異常なし

各制御値データも問題無し、これで安心してお渡しできます

室内やタイヤのクリーンアップも完了
ボディーもコート剤で塗面の保護をして仕上げ完了です

近距離で燃焼室のデポジットが増加しますので
燃料タンク内にフューエル1を添加して徐々に洗浄していきます

時々反応が悪い時があるとの事でしたので
イモビライザーの電池交換をしましたが、液漏れがありましたので
これで症状は解消できると思います、S様今回もありがとうございました

新しく購入したマンガが並びました
アニメを見てハマった店主が応援している作品
野田サトル氏の「ゴールデンカムイ」全巻揃い踏みです
二万貫のアイヌの金塊を巡る大勢の漢、そして日本軍
アイヌの少女アシリパと不死身の杉元の冒険活劇は熱いです
お時間の有る時にでも是非制覇して、この世界に触れて下さい

WAKEお預かりで継続整備、キャリー現地でまさかの2021年01月19日 23時06分

本日はミラのオイル交換からスタート、今回はエレメントセットで交換

最近反応が悪いとの事で、キーレスの電池も交換いたしました
これで暫くは大丈夫だと思いますが、最近電池劣化が早い気がしますね

本日はダイハツウェイクの継続整備作業です、洗浄作業からスタート

車体下部、オイル漏れや接触痕、各ゴムブーツなども問題ございません

エンジンのベルトや冷却水問題無し、エアークリーナーも清掃でOKです

タイヤを取り外してブレーキドラムを取り外して各部の確認

エンジンオイルは3000km程超過しておりましたので交換作業
エレメントハウジングにも少し汚れが・・・PENNZOIL MG5W-30注入です

フロントブレーキ、キャリパーシリンダーのスライドピン
固着しないように、グリス交換して再度組付けです

ディスクパッドの残厚は8.1mmと十分、こちらの摺動部に
専用のグリスを塗って、再度元通りに組付けです

リヤブレーキはサービスキャンペーンの市場措置作業
こちらのブレーキアジャスターのグリスが少ない車両があるとの事で
スムーズに自動調整が効かなくなる恐れがございますので

専用のグリスを塗ってアジャスターの動きを改善する措置です
ネジ部にグリスを塗り、あらためてブレーキシューを組付けていきます

ブレーキシューの摺動部にも専用グリスを塗り、隙間調整して組付け

エンジンルーム内のサービスホールカバーを外して
ブレーキリザーブタンク内のフルードを抜き新しいフルードで満たした後

前後のキャリパー+ホイールシリンダードレーンプラグから
新しいブレーキフルードの交換をして作業は完了です

前後でローテーション+エアー調整をしたタイヤを装着して接地
トルクレンチを使用して規定トルクでナットを締め付け

ワイパーブレードゴムの交換とライト周りの点検後
エアコンクリーンフィルターの交換をして作業は完了ですが
時間が経つとモーター部からと思われる高周波の音が出ますので
こちらは明日ダイハツの営業所で保証交換の申請させて頂きます

そして本日検査に走ったキャリートラックでしたが…
まさかこのタイミングで!!!ラックブーツが全集に渡り切れて破損orz💦
ゴム自体が固かったので心配しておりましたが検査は大丈夫だと読んで
そのまま行ったのが裏目に出てしまいましたので、交換後再トライです^^;

ウィッシュの仕上げとハスラーのリコール等2021年01月09日 23時17分

昨日の作業と合わせて記録です、まずはオイル交換でご来店のタント
今回はエレメントもセットで、PENNZOILを使用し交換させて頂きました

本日お預かりの継続検査整備車は初代MRワゴンです
所有者の方が乗るのではなく、遊びに来てくれた方の足として使用

そんな事で根本的な距離自体は少ないので
エアークリーナーエレメントも前回交換から汚れも少なく清掃でOK

車体下部の点検、ブーツ類のヒビや破損も無く状態は問題無し

屋根付きの駐車場の為か湿度の影響は少なくブレーキ内も状態良し

前後ブレーキシリンダーからブレーキフルードの定期交換
検査は月曜日予定なので、こちらは一旦休止して他の作業を進めます

他の作業でお預かりしてきたスズキハスラー
丁度リコールとサービスキャンペーンがございましたのでそのまま作業

まずリコール分の、ヘッドライトのHIDバーナーとバラストの交換

ヘッドライト裏からバラストを外して、バーナー取り外し
対策品のパーツに交換して組付けていきます

続いてサービスキャンペーンのリヤゲートダンパー交換
こちらも対策品に交換して、記録簿に作業を記載して完了です

車検の検査から戻ったウイッシュの仕上げも進めます
こちら添加してあのプラグの汚れで気になった燃焼室内の汚れを洗浄

エアコンクリーンフィルターも汚れが出ていますので

こちらもメーカー指定定期交換部品ですので
新しいエアコンクリーンフィルターを装着して室内もクリーンに

異常の履歴確認は問題無し、続いてリアルデータ

冷却水の上がり方が少し鈍いですが、問題になるデータは無さそう

さぁ・・・ボディーサイドを含めてしっかり仕上げも進めます

かなり目立つ状態に擦れ痕がございましたけれど…磨き込んで

かなり目立たないレベルまで磨き落とせましたので
この後コート剤で塗面の保護をして作業は完了、お客様に納車できます

来週納車させて頂くフィットも仕上げ作業を進めております
元々キレイな車両ですが、更にきれいにしてお客様にお渡しです

MOVEのリコール作業とボンゴの仕上げです2020年10月30日 23時37分

昨日のトールに続き、本日はMOVEのリコール作業

ブレーキアジャスターの固着確認とグリスアップ作業です

アジャスターを外して確認、固着はございませんのでグリスアップ

今回のアジャスターは本当にグリスが少なくこの部分には腐食も発生
確かに早めの処置をしないと固着が起きるかもしれません

ネジ部をキレイにしてからグリスアップして
アジャスターを組み直し、ブレーキシューを組み付けて

アジャスターでブレーキシューとドラムとの隙間を調整して
ドラムを取り付け、ハブとの固着防止にモリブデンを吹き付けて

ホイールを取り付けてナットを規定トルクで締め付け
記録簿の記入と、リコールステッカーの貼り付けをして完了です

検査から帰還したボンゴの最終確認です、バッテリーや診断機OK

ボディーの外装と室内のクリーンアップも進めていきます

仕上げ完了、夕方お仕事から戻られる頃に
納車させて頂きます、K様ありがとうございました



◆当社MAP 携帯用QRコード◆