まとめて、ドラレコにオイルに新車とロードスターあれこれ2019年08月04日 23時53分

伝票作業&集金と同時にアレコレレと進めておりましたので
個別にまとめられませんでしたので、まとめてアップいたします
当店ではこれが最後のリコール作業対象車、カウルルーバーです

カウルルーバーを取り外して、アクセスの弊害になる各部品を外し
ブレーキブースターへのノックスドール防錆剤吹き付け作業と

カウルルーバーのガスケットを専用のガスケットに交換して組付けです

検査合格して戻ったヴィッツのボディーと室内のクリーンアップ

診断機によるチェックも完了して、金曜日に納車させて頂きました

同じく幌の制作ご依頼されていた新車のハイゼットトラックも
全ての作業完了して本日納車させて頂きました、T様感謝いたします!

3日の土曜日は、ドラレコの装着にM様ご来店で作業です
当店推奨のカードフォーマット作業がフリーな仕様なドラレコです

付属されている使用カードも、信頼のサンディスク製です
本体も小型で、運転席側に装着しても気にならないサイズです

そしてシガーライターコネクター式ではなく
しっかりと電源に接続するタイプなのでACC電源取る為
その箇所の分解作業が必要ですが、接触不良も起きにくく安心です

そしてロードスターお預かりしてパーツ取付作業ですが
原因は2か月待ちだったTE37ソニック、やっと届いてホッとしました

攻めたサイズのTE37ソニックを収める為
車高ダウンは必須ですので、ダウンスプリングお薦めしましたら
やはり車高調が良いとの事で、定番のクスコを選択させて頂きました
全体ストロークは減りますが、それでも他の物よりはストロークある方

センサーのクランプを取り外して、自由度を持たせた後
フロントのアッパーアームを取り外してショックアブソーバーを取り外し

お仕事場所の斜面の関係で、下がり過ぎないように全長もセットして

ショックアブソーバーを装着して下から疑似的に1G荷重をかけて
ロアーアーム含めて各ブッシュ緩め、基準位置を揃えてから締め付け

リヤ側も同じようにABSセンサーを取り外した後に
ショックアブソーバーを取り外し、新しいアブソーバーを取付け

続いて一旦タイヤを装着して、水平リフトへ移動して
各アーム類を1G荷重の状態で全てを締め付けてアライメントの調整

何せあちこち調整し放題、いじりたい放題な足回りなので
ユーザーさんの使い方を加味して、なるべく摩耗が少ないように

普通に車高を下げれば、キャンバー値等は‐側になり
俗にいう、ハの字になって内側だけ摩耗しますので調整していきます

セットバック値やトー角なども安定性が下がらない程度に調整

フロントも同じく、トー角度など気持ちの良いフィールそのままに
摩耗を抑えられるように少しずついじりながら調整させて頂きました

その後TE37ソニックを装着!!結果的にタイヤが立っているため
本当にツライチになっておりますが、カッコイイから良しですね(^^ゞ

続いてはショートタイプのアジャスターに交換したとはいえ
ヘッドライトの基準位置を合わせる必要がありますので友人工場で

ヘッドライトテスターを使い、適正な位置に収まるようしっかりと調整

ジムカーナでは付けている方がいないセンターキャップも装着して
これで全ての作業が完了です、Y君長々とお待ち頂き感謝です
出来立てほやほやのTE37SONIC、大切に使って下さいね!

お盆迄の日曜日もご入金の為ご来店されるお客様の為開店してます
S660を購入したF君の息子さん、オイル交換にご来店で作業させて
頂きましたが・・・小っちゃかったイメージが残ってるので不思議な気持ち
人生最初の愛車にS660選択は嬉しいね、ファントゥドライブ楽しんで!

その他ヴェルファイアのK君もオイル交換ありがとうございました
いろいろあったみたいですが、まだまだ大切に乗ってあげてくださいね

タウンエースのアライメント調整とNコロを少しずつ2019年06月03日 23時19分

本日は知人工場からのご依頼で、タウンエースのアライメント調整
左側のアーム類をすべて交換した為、まっすぐ走るようにとの事で
アライメントテスターにセットして、各数値見ていきましたらやはり

車両に対するタイヤセットバックなど含め数値にも随分ズレが

リヤ側は調整が出来ないため、フロント側のみ重点的に
得にキャスター値のずれをメインに、キャンバーも調整ですが
この状態なら左に流れるのも納得の数値ですね…右もいじらないと

メーターを見ながら、何度か調整しては測定を繰り返し
特にキャスター値は何度か細かく調整して合わせて行きます

キャスターはもう少し追いたかったのですが、フロント左右輪の
タイヤの前後ズレ位置の関係でここまでで、後は走行して確認
知人にも納得して頂けましたので、良かったです

本日はNコロ、エキゾーストバンデージの第1弾を施工
車両側のセンターパイプ側にバンデージを巻き硬化するまで待ち
これでマフラー側内径に対する、隙間を埋めて差し込んだ時の隙間を
無くせるはずですので、明日外側からもう1度巻いて固定します

オイル交換のMOVEカスタムターボ、PENNZOIL 5W30を使用ですが
燃費は24km/L近く伸びてますね…最近の軽はターボでも燃費凄い!



自治会活動からの、TG47の足回りセットアップ!2018年10月07日 23時10分

今日は地元地区の美化活動の日です、台風来なくて良かった;;;
自分含めた自治会役員と、担当瀬古の方々と共に、今迄の台風で
倒れたり枝が折れた木の危なそうな部分を伐採したり、公園の草取り

木を細かくするのにチェーンソーも用意して作業進行
他の場所では通学路や出会い頭事故が懸念される場所の草刈りなど
皆で昼までしっかり働いて、途中何度も市の処分場まで草木の搬送

実際にはこの3倍くらい積んで行くのですが、ともかく量が多いので
数台の車が各3回程度、処分場と刈込場所の往復をして片付けを進め
2週間後にお祭りを控えた、宝海天神社の垣根等もキレイになりました

午後からはジムカーナD車両TG47のドラS君がご来店
先日作業依頼されていたものの、屋根が無いマシンなので・・・と
昨日は雨が凄かったため、今日にズラシてもらったTG47のセットアップ
まず移動用のタイヤでリフトに載せて、その後タイヤを本戦用に交換

前輪後輪、各4輪のコーナーウェイトを調整して行きます
左前が軽かった為、右後側の車高を少し上げて前の左右はキッチリ!
リヤはエンジンやバッテリーなどの関係で20キロ程左右差がありますが
やはりフォーミュラーですね、ここまで調整合うとは思いませんでした!

続いては再度リフトアップして、体重計(これで測れる車重も凄いけど)
を外して、アライメントテスターをセットして行き確認調整作業・・・前に

何で今日はこんなに暑いの!!と言う事で
お手伝いに来てくれた、M監督と若者F君も一緒におやつターイム!
近所のミニストップで、冷たいモノをと…マンゴーパフェと

なめらかプリンパフェを買ってきて、皆でクーリングしてから作業開始

車高が低いので色々と大変でしたが・・・セットしての確認で
いろいろと気になる数値が発覚、コレを合わせられる範囲で調整

後輪はピロカラーの固着などの関係で左右差合せるのメインも
前は左右共にとても良い数値になりましたので、2週間後に開催の
キョウセイジムカーナシリーズで、動きの確認をして頂きます
S君、M監督、F君皆様お疲れ様でした・・・意外と手間ねこのマシン;;;

晩ご飯は手伝ってくれた2名への感謝も込めて、S君のおごりで
渥美で数少ない自分がおススメできるお店「さくや」で天丼♪
エビ2尾、カボチャ、タマネギ、大葉、シシトウ、サツマイモとてんこ盛り
しかも量が・・・ゴメンナサイ、食べ切れずご飯少し残しました;;;

S君ご馳走様でした、良い方向の動きになるよう期待してます(*''▽'')

コペンの続き作業と、PUMA号のアレコレでえらいこっちゃ!!2018年03月21日 23時24分

本日はコペンの作業の続きです、乾燥したエアーフィルターに
専用のオイルをスプレーして、細かい埃がエンジンに入らない様に保護
ここまで含めての仕様が、長期に使えるK&Nフィルターの特色です

フィルターをクリーナーのベースに組み付けて
車両側のターボインテークに装着してステーで固定して
外していた吸気温センサーのコネクターを接続してバンパー取付け

コペンは各所にネジが付いていますので意外と大変ですが
取付け忘れが無い様に、確認しながら組み付けて行きます

昨日オーバーホールしたリヤブレーキですが
ブレーキシューの残厚忘れたのでこちらに、現在2.6mmです

ドラムを取り付けてロックナットを締め付け、割りピンで緩み止め
グリスキャップを治具で打ち込んでからブレーキラインのエア抜きです

ブレーキマスターシリンダーのリザーブタンク内、ストレーナーと
フロートを取り外して、中に残っている古いブレーキフルードを吸出し

お客様持ち込みなフルードの仕様ですが、元々真っ白いパーツが
ここまで青く染まってしまうなんて凄いです、自分は元々の色にわざわざ
色を付ける理由が分からないので・・・ですが、ホース類浸食が心配;;

今回も同じフルードの持ち込みでしたので、こちらを使いエア抜き開始
リザーブタンクないと、補充用リザーバーにフルードを満たしてから

左右のフロントキャリパーシリンダーと
左右のリヤホイルシリンダーから古くなったフルード抜きつつ
ライン内にエアーが残らない様にしっかりと押し出して完了です

エアー調整したタイヤを前後でローテーションして取り付けて
各ナットをトルクレンチで締め付け、ライト周りの点検をして作業完了

ワイパーブレードゴムやエアコンフィルターの交換は
お客様のサイクルにお任せしますので、当店でも交換は無し
定番のNUTEC NC-220燃料系洗浄剤注入して、明日検査に走ります!

旗日と言う事もあるのかご来店するお客様は少なく
日曜日に参加予定の練習会に向けて、前回気になった部分手直し
リヤは月曜日に監督が作業してくれましたが、今回はフロント側です
フロントスプリングのレートを少し見直し、狙った動きになります様に!

ガタが出始めていたシートレールも今回新品に交換
効果絶大、ジムカーナでかなりの荷重受け止めていた為か
やはり疲労劣化は進んでいたようですね、これで不安が無くなりました

前後の足を組み直しましたのでアライメントも再度チェック・・・も
ここで大問題発生、当店のテスターは前の機種の為各タイヤ毎に
ランラウト補正を取る必要があるのですが、4WD車ですと1輪回す度
全部のタイヤが同時に動くのですが、左リヤだけがフリーに動く状態

これはおかしいと確認しましたら・・・
タイヤ回してもドライブシャフトが回りませんΣ(゚д゚lll)
実は前回の練習日のラスト、ウチのPUMA号運転させてあげた若者が
ターン後にドン!!と大きな音が出て、心配でスローダウンし戻った為
その場で少し確認したものの、何の音だったのか分かりませんでしたが
どうやらリヤドライブシャフトが折れた音だった模様・・・(T_T)

取りあえずアライメント調整をした後に、リフトを移動して場所の確認
ドライブシャフトのアウターブーツの中で軸が空回りしてますわ
取り外してみましたら・・・見事にボッキリ、軸ですとリビルトも無く
こりゃ交換しかありませんが、CP9Aですと新品も出てないかもなので
CT9A用で発注してみますが・・・間に合うかどうか、あと価格も心配^^;



アクティエンジン不調・インプレッサ・アライメント調整など2018年03月09日 23時42分

本日はエンジン不調で入庫のアクティバン
1気筒死んだ状態ですので、点火系が怪しいですね

診断機チェックでもやはり点火系に異常が出ておりますので単体点検
イグニッションアダプターでコイルチェックしましたら3番不良

原因はイグニッションコイルの不良でしたが
悪くなった原因がありまして、プラグホール内にオイルが・・・

走行距離も9万キロ超えていますのでプラグも交換いたします

プラグホールガスケット交換の為カムカバー取り外し
エンジンオイルはG/Sさんで交換をされていますが中は真っ黒

プラグホールのガスケットは劣化でふやけた様になっています

同じように劣化が進んでいる
カムカバーのガスケットも同時に交換させて頂きます

そしてホンダアクティ定番のオイル漏れの元凶
シリンダーヘッド裏のカムシャフトホールプラグも交換

新しいスパークプラグには当店定番の、NGK PREMIUM-RX装着

劣化したコイルも全数交換、これで当分安心してお使い頂けますよ

仕上げは、異常を履歴として残さない様に診断機を再度接続して
点火系統の異常コードを消去すれば完了、K様お待ちどうさまでした

検査合格して戻ったF君のネイキッドも残りの仕上げです

これが普通の状態なのですが、診断機での異常コード入力は無し

エンジンのリアルタイムライブデーターも状態OK

タバコが離せないF君らしくエアコンフィルターもヤニっぽい汚れが!
新しいフィルターに交換して、少しはフレッシュな室内感じて頂きます

続いては名古屋からジムカーナ仲間のH君が
わざわざ渥美まで、4輪ホイールアライメント調整でご来店
まずは全輪の車高チェックと調整から、プリロードゼロの状態で計測

今後スプリングレート変更した場合の参考値として
各箇所の車高を計測して、4輪アライメントテスターをセットしましたら
随分偏ったセッティングになってて、これだとフィーリングは良いものの
タイムを出すには難しいセットですので、その辺りを加味してセットし直し

元々調整幅が少ないインプレッサのリヤキャンバーですが
何とありがたい事に、今回キャンバー調整用のピロアッパー付けたと
これは助かりますね、しっかりとキャンバーとトーを個別で調整出来ます

フロントもハブ側のキャンバーボルトで調整する方式でしたが
ハブ位置はノーマルにして、タイヤとショックとの接触をしない様にし
同じくキャンバー調整出来るピロアッパーで調整してトー角度と
仕上げはステアリングセンターの調整をしつつ試運転

晩ご飯まで一緒に食べつつ日曜日に自分も参加する
練習会で再度動きやタイムを確認しましょうと言う事で解散
明日は自身もリハビリ2回目、H君には今迄負けた事は無いのですが
塩を送った形らにならない様、前回気になった部分修理して臨みます

◆当社MAP 携帯用QRコード◆