ダイハツミラお預かり、浜松からの注文が!2015年11月09日 21時51分

本日も昨日に続き雨・・・車体下部などの洗浄からスタートも
こりゃ~今日の降り方ですとなかなか乾かないですね・・・

昨日までの旅行でとんでもなく歩き回った疲れと足の張りがあり
お客様には水曜日までお借りする事にして、今日は分解して各部の
不良個所の確認と部品発注だけして、ゆっくり乾燥させて頂きます

定番箇所は・・・今回ヤブれちゃっていますので
タイロッドエンド側と一緒に、ダストブーツ発注させて頂きました

今日はSpeedHeart、モーターオイルのS君が定期訪問
昨日彼が出場して2位になった、JAF-CUPジムカーナでの話や
オイルの適合など長い間アレコレと話し込んでしまいましたが
良い情報収集も出来ましたので、良しとさせて頂きます

以前こちらで働いていたころの常連様のA君
今は浜松の実家で頑張っているのですが、そんな彼から電話で
Microlonの注文があり、代理の方が来店し2本購入して下さいました!

遠くに行っても時々電話してくれたりいつもありがとう
今も車大事に乗っているのが良く分かります、これからも大切にね!

本日はオイル交換DAY&修理や悪巧みなど2014年04月05日 22時44分

本日は毎度当社燃費ナンバー1を誇る
30プリウスのK君が、オイル交換とマイクロロンの再処理にご来店
オイルエレメントとエンジンオイルは共に10000km毎交換です

走行距離10万㌔を期に、マイクロロンハイブリッドも再処理
メンテナンスモードに入れてエンジンをかけたままにして暖気後
アイドリング状態のまま時間をかけて、マイクロロンを添加します
一気に注入するととオイル切れを起こすので注意しつつ

PENNZOIL PLATINUM0W-20+マイクロロンハイブリッド注入完了
K君いつもありがとうございます、既に随分燃費伸びてたみたいですが
更に良い季節になりつつありますので、又頑張っちゃってくださいね!

その後は他にご来店のお客様の作業の傍ら
先日オイル漏れ発覚したバモスターボの修理です
場所はオイルプレッシャースイッチと、ターボにオイルを送る
ハウジング部のオイルシールからの2か所です

まずはサクッとオイルプレッシャースイッチを交換いたしまして
その後ユニオンボルトを外して下側のハウジングを取り外します

固着していたハウジングを外すと、Oリングは予想通りの状態
ユニオンボルト側もカチカチのペッタンコ・・・これじゃ漏れますね

ピックでOリング外していきますが、パキパキと割れてきます
全て外した後で新品のOリングを装着してエンジン側に装着

ユニオンボルト2種類もガスケット交換して装着

その後は2時間かけたままにしてオイル漏れの確認をして完了

3月にご依頼されたけど、時間が取れず4月まで待って頂いていた
スタッドレスタイヤの交換等も行いまして、残った時間には・・・

PUMA号に悪巧み^^;
最近手に入れた補強の為のフロアサポートバーを装着
実はこれ、以前乗っていたエボ2にも装着していたのですが
スタート時のトラクションが相当良くなったので期待のパーツですが

ただでさえ補強パーツの関係でバランス崩れているので
これを機にいよいよフロントとリヤのバネレートも見直し決定です
左右共に前後の曲げ剛性アップに効きそうですが
エボ2の時には鉄製でしたが今回のはアルミ製なので
軽いのは良いけど剛性と言う意味では少し弱そうですがね^^;

ヴェルファイアの車検+86のマイクロロン処理など2014年01月09日 22時14分

先日お預りしたヴェルファイアの車検です
車体下部と共に、磨く前の準備を兼ねてポデーィの洗車もして

シートを叩くとバフバフ埃が立っていましたので
ドアを全て解放して、全シートを叩きながらエアブローして
埃が立たなくなるまで吹き飛ばし、キレイにしていきます

濡れた車体を乾かす為もあり試運転後、リフトアップ
タイヤを外してブレーキなどの保安部品を確認して行きます

オイル漏れも錆も無く(少ししか・爆)、キレイな下部です

リヤのサスペンションは左右が繋がったアクスルのタイプ
でもリヤタイヤはなぜか内側の摩耗が目立ちます・・・
基本上下にしか動かない気がするのですが、剛性不足なのか不思議

エアークリーナーはまだまだキレイです、エアーブローで清掃

ブレーキフルードはいつものように定期交換です

タイヤローテーションなどをして受検前の仕上げ作業
スキャンツールを使用してのフォルトコード確認、全てOKです

こちらは気になっている方も多いシートベルトの警告音
運転席はともかくとして、助手席に荷物を載せて走るだけでも
警告音が出てしまう事もあり、煩わしいので警告音もOFFします
後は明日届くエアコンクリーンフィルターとワイパーゴムの交換です

変わって本日受検に走ったハイゼットトラックの仕上げ作業
4年を経過したバッテリーはやはり「要交換」、近い内に交換推奨です

ボディーも磨いてコート剤で艶出し保護、本日納車させて頂きました

TOYOTA 86 エンジンオイルとエレメントの交換と共に
エンジン内部保護材、Microlon処理を依頼されましたので作業です

エンジンオイルを入れてから、Microlonを専用容器に入れて
エンジンオイルの量に対して8%を、レベルゲージ口からゆっくりと
時間をかけて注入して行きます(一時的にオイルを希釈するので注意)

残った量は燃料タンクに入れて、インジェクターの動きも保護します

その後は30分ほどエンジンかけたままにして儀式の1つは完了
今はオイルが希釈されていますので、溶剤部分が蒸発するまで
次は100kmほど走行するまで、エンジン回転を上げ過ぎない様に
気を付けて頂いてくれれば、2つ目の儀式は完了です

基本的には1600km走行すれば、本来の効果が安定するので
逆に言えば後はそのまま添加した事気にせず使って頂くのみです
オイル交換の度に入れる必要も無いので、オススメですよ!

ベンツのマイクロロン処理と、リヤスプリングあった!2013年06月08日 21時16分

今日は増車で、3~4年落ちのベンツ買われたお客様がご来店
ゴルフやポロにも施工させて頂いていましたが、ベンツにも
マイクロロンの施工をしたいとのご依頼でしたので
通常タイプのメタルトリートメントリキッドを添加施工させて頂きます

マイクロロンはオイルのレベルゲージから添加するのですが
最近のベンツってレベルゲージ無いから困るよね!?と思いきや
ありました・・・エンジン後部にしっかりと(苦笑)取りあえず一安心

オイル量に対して8%、ゆっくりと時間をかけて添加させて頂くと
傍で見ていたお客様が「あれ、もう嫌なメカノイズ消えましたね!」と
作業しているオイラ以上に、敏感に変化を聞き取ってくださいまして
この時点ですでに満足して頂けたようです

残りが出ましたので、燃料にも添加してお渡しいたしました
100km走行するまではオイルが希釈されている為
負荷をかけずに、普通に流す程度に乗って頂く事を守って頂き
後は勝手に1600km走行するくらいには、定着してくれます
A君、いつもありがとうございます。 でも5.5Lとは凄いエンジンね(汗)

さて、昨日バネで止まってしまったアルテッツァですが
リヤ用のバネも、当社の仲間網を駆使しましたら、
FF車のリヤでのセッティング用に数度使っただけの出物があり
お安く譲ってくれることになりしたので、豊橋まで取りに行ってきました

物はKYBのモータースポーツ用バネで素性の良いものですし
箱は在庫品なのでちとやれていますが、バネはキレイでOKです!

まずはフロントスプリングの交換、
アジャスター、ピロアッパーマウント、アッパーシートを取り外して
バネを10kgに交換して、某所で聞いたセット長元に基準出し取り付け
外した14kgバネとの太さの違いが分かります?(実物は相当違します)

リヤも7kgバネに交換するため再度取り外し
アームやスタビライザーを取り外していきます

左はレベルセンサーなども破損防止の為取り外して
ショックを車体から取り外してフロント同様バネを交換します

今回取り付ける7kgバネと、外した12kgバネ
KYBのバネは材質上線形が細く作られていますので
その差 5kg の違いが良く分るかと思いますがいかがでしょう

取り外しと逆の行程で、ショックを取り付けます
アームの締め付け時には、しっかりと1G荷重かけて増し締め

こちらはお客様持参の依頼品取り付け
ハブリングと言うホイルとハブとの隙間を埋めて
型破れを軽減するのに有効は部品、相変わらずの拘りですね!

とは言えそのままではハブの錆が酷くはまりませんでしたので

ワイヤーブラシとサンドペーパーなどで
取り付け部やホイール接触面を研磨しておきます

フロントのハブもこの通り、かなり錆が固まっていましたので・・・

同じように、道具使って研磨してハブリングがはまるようにしました

間の部分に、モリブデンスプレーを吹いて
次回の錆付きを防止して、ハブリングを取り付けました

リヤも装着完了、バネのセット長は元々250mmのバネが基準ですが
こちらは200mmのバネなので、少し曖昧な数値になりましたが
大体大丈夫なところに来ているかと、後は走行後再度調整です

リヤのみですがタイヤも装着して、後はフロントの部品待ち

S様、今しばらくお待ちいただきますがご了承くださいねm(__)m

温間時始動しにくいRX-8の修理や、あれこれ2013年06月01日 22時05分

エンジンが温まると、始動しにくくなる
初期のRX-8が特有の症状の修理にいらっしゃいました

マツダからも色々な対策部品が出ているくらい、対象車多いようです
このスターターモーターも対策品は、始動時回転アップされています
バッテリー端子を外して、スターターモーターの交換をいたしました

スパークプラグも対策品が出ています
装着されているプラグも丁度交換時期でしたので、対策品と交換

スパークプラグ装着時は、リーディング側とトレーリング側を
間違えないよう装着、プラグコードもセットで交換させて頂きました

マイクロロン処理も依頼して頂きましたので
エンジンオイル&オイルエレメントを交換した後で
専用容器を使い、レベルゲージからマイクロロンを添加

その後はバッテリーを外した事で
ゼロ点セットが必要な、ステアリング舵角センサーと
パワーウインドなどを初期化して、エンジンカバーを元に戻して完了
洗浄剤も添加致しましたので、後は100km程慣らしをして頂きます

その後はいつもの土曜日らしいオイル交換作業
燃費ナンバーワンを誇るK君のプリウス、来週"大洗町"まで走るため
エンジンオイルとエレメントの交換にご来店して頂きました

使用オイルはずっと使って頂いている、ベンゾイルのPLATINUMです

現在の平均燃費は33km/L・・・実燃費だと30.8km/L位との事ですが
それでも相変わらずハイブリッド車ならではの、凄い数字だしてますね
気を付けて"大洗町"でのイベント楽しんで来てください

その後もアルファードやバモスなど、オイル交換御来店頂きました

ガスケットの在庫にも気を使いつつ、無料で交換させて頂いてます

そして、見つかりました!、程度の良いスターターモーターが♪
上が元々ついていたもの(正直今までよくかかってくれたな! と感心)
新しい物に交換し始動確認・・・これで安心して皆様に使って頂けます

しかし・・・こんなに錆が進んでいたとは・・・
◆当社MAP 携帯用QRコード◆