通院に60万キロのオイル交換に車検前点検整備に2022年09月08日 23時00分

今週も通院やらいろいろと、
名古屋と言えばこのディスリキャッチフレーズ好き

いつもの場所ですが最近は駐車場が手狭になり
大改修が行われていますので、本来の入り口も使えずで
まだ時間がかかりそうですね、保険証切り替えたの持って行くの忘れた💦

少し仕事もゆっくりペースで、クイックのオイル交換など作業

ハイゼットカーゴ…ついに60万キロ到達してしまいました(^▽^;)💦
1万キロ毎での交換は無理になりましたので、55万キロ過ぎからは
5000km毎での交換にして頂いてますが、ウォーターポンプの音がそろそろ
乗り換えない場合は、次の車検で交換が必要になりそうですけれど
エンジンの内部はまだピカピカなのが凄いです、KFエンジン頑張れ!!

こちらのキャンターもオイル交換、まだ遠くの市場まで走られてて
定期的に交換距離が来てますが、年式的にも結構経過はしてますので
運転にも状態にも気を配りつつ、特に雨の日は気を付けて走って下さいね

週末の車検前整備はこちらのMOVEカスタムです

エアークリーナーエレメントは交換時期、新品を装着です

ダイハツに限らず軽のウィークポイントな、ジョイントブーツ破損

タイロッド側だけじゃなく、ロアーボールジョイントブーツも・・・で部品発注

ブレーキからの異音が出ているとの事で確認、もう少し使用は可能ですが
表面の焼けも毎回出ていますので、材質の違う推奨パッドに交換します

リヤブレーキの状態は問題なし、通常のメンテナンスで仕上げていきます

前後のブレーキシリンダーから、ブレーキフルード全量交換

ジョイントブーツが届きましたので、ジョイント中のグリス含め交換

左右4か所のダストブーツとグリス交換完了
締め付け後はロアーボールジョイント側のみロックピンで緩み止め
ローテーションしたタイヤを取り付けて接地後は規定トルクで締め付け

作動させると跳ねが出るワイパーブレードゴム
かなり変形して切れも出始めていますので交換させて頂きました

ヘッドライト側の曇りも出てますので、ポリッシャーで磨き込んだ後

ボディー含めてコート剤で保護して明日検査に走ります


キャンタートラック残り作業と検査、ハイゼットの作業2022年08月30日 23時05分

本日三菱キャンター検査前の残り作業として
エンジンオイルの交換をさせて頂きました、Q'sPlanning GH2 使用

バッテリーはお客様からの交換の依頼、この日に合わせて発注
無事バッテリー入荷してますので、バックアップしながら交換です

130Eサイズのバッテリーなので重さも結構…ですが

無事交換完了、スターターも元気に回りますのでこれで検査に走ります

キャンター検査から戻る間に、オイル交換依頼のハイゼットカーゴ作業

一緒に最近摩擦音がよく出るため、ベルトの交換も進めます

砂ぼこりで劣化が進むようで、摩耗も硬化も早いですね…

上からと下から、オルタネーターベルト、エアコンベルト
パワステベルト交換して張りの調整、異音も問題なく消えました

エンジンオイルとオイルエレメントはセットで交換して
PENNZOIL MG5W-30 を使用して注入させて頂きました

検査合格して戻ったキャンタートラック
残りの仕上げ作業を進めお客様にお渡しです、ありがとうございました



キャンタートラックの継続検査前整備です2022年08月18日 23時58分

本日は平成3年式のキャンタートラック、継続検査前整備
荷台板の腐りが進んでおりますので水での洗浄はしない様にして
車体下部のみメインで洗浄を進めていきます

リフトアップして各部の点検、ドラムハブを取り外してブレーキも確認

前回オーバーホール済のブレーキは確認と、メンテナンスでOKです

再度ハブを組み付けて再使用不可の為アウターシールは
新品を取り付けて、リヤシャフトを組み付けて行きます

駐車場所の関係で腐食が進みやすいため
車体下部にはシャーシブラックでの防錆塗装をしてタイヤ装着して接地

エンジンオイルは定期交換、近距離使用が多いので結構な汚れです

マフラー内にも高圧洗浄機で水を入れて
エンジン始動して排出し中の洗浄はしましたが
ディーゼルスモークが出やすいのでこちらの力も借りて明日検査です

検査合格して戻ったのでワゴンRの仕上げ作業です

エアコンクリーンフィルターは定期交換

エンジンとバッテリーの診断をして完了、お客様にお届けです

タンク、エンジンオイル交換でご来店、少し乗り過ぎちゃってましたね

丁度時期でしたので、オイルエレメントも同時に交換
PENNZOIL MG5W-20を使用して、お客様にお渡しです

キャンタートラックお預かりで継続検査前整備です2022年06月27日 23時45分

本日はキャンタートラックお預かりで車検継続検査前の点検整備です
まずはいつものように洗浄からスタート、前のキャビンは上に跳ね上げて

フロントタイヤが危ないはずなのは、昨年の記録で分かっていましたが
予想以上に劣化が進んでおりまして、外側のトレッドはもうゴムが剥離
タイヤは発注してあるのですが、在庫の関係で時間がかかってますので

今日は出来るところまで進めておきます
リフトアップしてハブを分解してドラムを取り外し、まず車体下点検をします

サスペンションのシャックル部にはグリスを刺してガタが出ないようメンテ

エンジンオイルは年に一度の交換作業
オイルは汚れ異常に酸化がエンジンに良くないので大切です

ブレーキはキャンター定番の鳴き防止処理をしていきます
テカテカになっている表面を荒いサンドペーパーで磨いて再度組み付け

リヤブレーキも同じく、低温時に鳴きまくるようになりますので
車検毎表面を削って、なるべくフレッシュな面を出すようにしないとですが
本音は三菱純正以外の、汎用供給品なパッドとシューに交換すれば
毎車検この作業が無くなるうえに、ブレーキも静まるのでおススメですが
やはり部品の費用は発生しますので、ダメになるまで使うしかないです
ただ材質も悪く効きも甘いし元々全然減らない材質なので困りものです

明日作業する車と同時進行で、届いたタイヤ組み付けて残り仕上げます

オイル交換やレガシィの作業、明日の準備など2022年05月21日 21時10分

本日はオイル交換のアルトからスタート、エンジンオイルのみの交換です

部品が入るまでにレガシィの分解作業
マウントをこじりながら、まず右側バンクのカバーを取り外し

続いて左側バンクも、フィラーパイプや、インテークマニホールドの
固定ブラケットなどを取り外して、またマウントをずらしカバー取り外し

オイルに浸かっていたプラグホールの清掃もしっかりとしておきます

オイルまみれのスパークプラグを使用するのは危険ですので
今回はNGK PREMIUM-RXプラグに交換させて頂きました

締め付けの管理も、トルクレンチを使用してしっかり規定値で締め付け

取り外したカバーは、硬化したガスケットを取り外してから
取付溝の清掃をして、他の外したブラケットなどと共にまとめておきます

部品が届くまで、埃がかからないようウエスで保護して本日はここまで

今のうちにバッテリーは診断できますので確認、全く問題ない状態ですね

明日のイベント準備も進めます、パーキングブレーキの調整や
エンジンオイルの量の確認と補充、毎戦全回走行なので手を抜くと
ちょっとした見落としが大変な事態にもなりますのでメンテナンスです

明日は天気も良さげなので一安心、気持ちよく走れそうです
◆当社MAP 携帯用QRコード◆