伝票作業からのオイルやバックドアロック、EGRが💦2020年11月20日 23時04分

年末も近づいてきましたので、昨日から伝票作業も開始
と同時にオイル交換作業など皆様ありがとうございます
エブリィは今回エンジンオイルのみ交換、PENNZOIL使用中です

ミラカスタムもオイル交換、燃費重視ですが保護も大切ですので
今回もPENNZOIL MG5W-20を使用して交換でございます

新たに代車に迎えるタントですが
検査合格後にエンジンチェックランプ点灯、良かったぁ(^▽^;)💦

とは言え原因把握して修理していかないとなので診断機で
下2つはイモビライザーの無い時にスターター回したものなのでOK
問題は一番上のEGRバルブ・・・燃焼温度が高くなり過ぎて
排気ガス中にNoxが増加しないよう、燃えない排気ガスを吸気側に入れ
一緒に燃やす事で燃焼温度を下げてNoxを低減する機構のバルブ
この動きが悪くなったり汚れが増すと狙った排気ガスが導入できず
異常コードが入力されますので本来は交換が必要です

EGRバルブはこちらのエンジン後端に装着されています
部品だけでも税抜きで14000円ほど致しますので、代車と言う事もあり
今後の対処療法を色々試してみようと・・・まずは燃焼室からの
流れで洗浄できない物かなと思いまして…

WAKO'S RECSでの燃焼室内洗浄点滴をさせて頂きました
これで試運転をしてどうなるのか確認いたします

トルクを増すためのレゾネーター取り付け部はこの位置に穴を空けて
クリップで固定してみましたが、現在は問題なく固定出来ているようです

そのたハイゼットカーゴが時々ですが
勝手にバックドアがロックされると間の事で、最も確率の高い
バックドアロックユニットの交換を致しました、内張を剥がして
各部のロッドを外してロックユニットを取り外しまして

新しいロックユニットを装着して作動確認
ロック、アンロックの状態にも節度感が出て良い感触です
これで暫く経過観察ですが、おそらく問題ないと思います(*^^*)



パレットのサービスキャンペーンとESSEのメンテナンス2020年10月31日 23時14分

パレットのサービスキャンペーンお預かりで作業です
オートステアリングロックの作動がおかしくなるとの事で
オートステアリングロックユニットを取り外して交換致します

諸々飛ばしてますがこちらが取り外したユニットです
真ん中の四角い部分からロックキーが飛び出す仕組みになってます
ネジをタガネで緩めるので少し手間ですが無事取り外し完了です

ユニットごとの交換になりますので
スズキから提供されたこちらを取り付けしていきます

ユニットを取り付けてネジを閉めて頭をねじ切って固定後
ユニットに繋がるコネクターを接続してハーネスを固定し
外していた部品をすべて元に戻して作業自体は完了です

記録簿への作業内容の記載とともに
作業確認の為のオレンジのシールを張り付けて完了ですが
もうそろそろ貼り付ける場所が無くなりそうな数ですね(^▽^;)💦

続いてはエンジンかけるとグオーン!!と異音が出ますので
ベルトを外しながら各回転部分を手で回して原因を点検していくと
ダイハツでは定番のウォーターポンプのベアリングではなく
オルタネーターのベアリングからの異音でしたので
お客様に連絡して部品交換の了解を得て部品発注です

本日はオイル交換も多数ありがとうございます
こちらのMOVEは毎回同様に PENNZOIL MG5W-20を注入

続いては東京からご来店のO君 ESSEのメンテナンス依頼で
ワコーズRECS処理と、エンジンオイル+スパークプラグの交換です
RECSでは洗浄できない部分、スロットルボディーを先に洗浄後

ブレーキブースターのホースが繋がるサージタンクから
ホースを抜いてRECS用の点滴装置を接続、アイドリングでゆっくり

カーボン除去剥離剤を添加していきます、約30分ほどこのまま放置し
薬液が無くなりましたらホースを元に戻して、サージタンク内の凹部に
溜まったRECSの薬液をエンジンをかけてレーシングしながら燃焼させ
薬液が燃えた真っ白い煙が無くなる迄レーシングして完了です

続いてはエンジンオイルとスパークプラグの交換
現在のプラグは…標準プラグが使われておりましたので
接地側の電極が随分摩耗してしまっていましたね・・・

今回はNGK PREMIUM-RXプラグに変更して取り付けします

無論締め付けにはトルクレンチを使用して管理します
PENNZOIL MG5W-30を使用してエレメントセットで交換し完了

その後はホンダゼストのエンジンオイル交換作業
本来は低粘度のオイルが推奨ですが、お客様のご用命もあり
コスパ重視で PENNZOIL MG5W-30を使用させて頂きました



ロードスターの継続整備、吸気側洗浄を!!2019年12月23日 23時39分

本日はF君のロードスター、継続整備でお預かりです
TEAM甘糖に続き、チームUNAGIのステッカー迄人気者ですなぁ

普段からあれこれメンテはしておりますので
今回はともかく吸気系統の洗浄をメインに行います
スロットルボディー内のカーボンを溶かし落としておきまして

続いての洗浄作業の前に、ブレーキの確認とフルード交換
こちらはキョウセイジムカーナシリーズ賞品のウインマックスDOT4です

くすんだ赤色が鮮やかなピンクに変わるまでフルードの抜き替え

クラッチの作動用フルードも無論交換
作動量が増えてシフトフィールも更に良くなります

タイヤを装着して接地後、WAKO'S RECSを施工、燃焼室迄しっかりと
時間をかけて点滴の様に液を落として洗浄していきます

そしてさらに追加の燃料添加剤を追加投入
アイドルストップ車用の強力タイプを添加してさらに洗い流します

バッテリーはそろそろ限界、オーナー様に連絡して
55B24⇒60B19に交換して、軽量化と容量の確保を図る事になりました

ライト周りの点検と、ワイパーブレードゴムの交換
ヘッドライトやボディーのクリーンアップをして明日検査に走ります



タイヤ&ガラス交換や、アイドル不調のセレナ修理など2019年05月14日 23時03分

先日ご注文いただいたタイヤの交換にご来店のエブリィ
リフトアップしてタイヤ取り外して交換作業です

摩耗も進んでおりましたが、それ以上に細かいヒビが多く
それが心配との事でしたので、新しいタイヤで安心感アップしましょう

前回は203でしたが、今回は新型に進化しているEC204です
バランスのウエイトも今までより減り、タイヤの完成度も上がってますね

タイヤ装着して、ナットをトルクレンチで締め付け
エアーバルブも無論交換しておりますので、安心してお使いくださいね

先日から信号などで時々エンジン回転が下がり、止まる事があると
本日お預かりした日産セレナですが、診断機で異常はありませんので
制御の異常と言うより、機械的に何かがおかしくなっている模様

まずは基本に忠実に、吸気側の洗浄をしっかりと行わせて頂きます
特にISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)の通路が汚れると
回転制御しきれませんので、洗浄剤を使用してカーボン洗浄後

更に燃焼室まで洗浄するための、WAKO'S RECS点滴洗浄を行い

かなりアイドリングでの回転が上がるようになりましたので
自然に回転制御してくれない日産の為、診断機で急速TAS学習後は
回転も落ち着き、電気負荷かけても、エアコン入れても回転制御OK
お客様にはこれで乗って頂き、様子見て頂く事に致しましたが

セレナのウィークポイントオルタネーターのワンウェイベアリングから
ジャーと言う異音が出ており、これが内部で引っかかるとスムーズに動かず、エンジン回転にも影響が出ますので心配ですね・・・日産も
何でこんな壊れるものを装着したのか相変わらず意味が分かりません

本日検査から戻ったアクティトラックも残りのクリーンアップと
バッテリーや診断機を使用しての状態確認も完了、夕方納車です

サイドガラス破損でお預かりしたエブリィ、本日ガラス屋さんが
出張修理に来てくれるため工場内で保管しております

夕方ガラス屋さんが来て、無事修理完了、さすがにキレイですね
これでお客様の元へ納車させて頂きます、W様お待たせいたしました



キャリートラックの継続整備、インプレッサRECS施工2019年04月10日 23時42分

今朝は某番組でやっていた、パンの耳をサクサク食べられる裏技で
耳の内側に切れ目を入れると、熱の入りが良くなり耳がしっかり焼け
本当に美味しく頂くことが出来ました、これおススメですよ!

本日はキャリートラックの継続整備お預かりです

10年物のタイヤはヒビが深く入っており交換させて頂きます

ビード落としを使うとこの状態、見た目以上に深い状態ですね

ダンロップのエナセーブバンを装着、バランス調整して完了です

リヤブレーキには漏れが出ておりましたので
今年オーバーホールしてカップキットの交換をさせて頂きます

ピストン表面の汚れや付着物を取り、新しいカップを装着

シリンダダーにピストンを組み付けて、ブレーキシューを装着

前後のブレーキシリンダーから、フルード交換をして完了です

エンジンオイルの交換をして、PENNZOILの5W-30を注入
その他ゴム部品は問題無し、防錆塗装をしてタイヤ装着し接地

減少していたエンジン冷却水には、クーラントブースター添加
曇っているヘッドライトの磨きをして、光度を確保しましたら
ウォッシャーには水を補充して、ライト周りの確認をして完了です

検査から戻ったキャンタートラックも
残りの仕上げをしてお客様の元へ納車です

続いてはインプレッサの、WAKO'S RECS点滴洗浄施工です
ゆっくりと時間をかけて、洗浄液をサージタンク内に落としていきます

その後はエンジンオイルとエレメントの交換
お客様指定の、PENNZOIL TITANIUM10W-40を使用いたしました



◆当社MAP 携帯用QRコード◆