ステップワゴン点検+スイフトマフラー+GTsportsに参戦!!2019年01月26日 23時55分

本日はステップワゴンの12か月点検整備
リフトアップ後にタイヤ取り外して、各部の点検スタート

走行距離が少ないため、1年ごとにオイル交換させて頂いてますが
今回はエレメントもセットでの交換です

ブレーキは前後とも問題なし、ハブには固着防止のスプレー塗布し
ローテーションとエアー調整をしたタイヤを装着してリフトダウン

今回の問題個所は、タイロッドエンドブーツにヒビが発生している事
そしてスタビライザーロッドのジョイント部のダストブーツ破損…
こちらはロッドでの交換になりますが、2か所とも1年後に交換ですね

アイドリングストップ車用バッテリーは1年でこの低下具合
やはり距離を乗られない車両にアイドリングストップ機能使う事は
バッテリーの性能低下が早いので、良いとは思えないですよね・・・

ボディーの洗車や室内の清掃をして、お客様にお届けいたします

続いてはスポーツマフラーに交換のためお預かりしたスイフトスポーツ
リフトアップして、フロントパイプまで外し交換作業開始です

こちらが現在の純正マフラー、こちらを順番に取り外していきます

センターパイプを取り外しましたら、さらにフロントアンダーカバーを外し
触媒出口に装着される、フロントパイプまで取り外して交換です

今回お客様からのご希望で交換させていただくマフラーですが
トラストのパワーエクストリームRという高効率タイプです

部品点数も多いので、組付けながら位置合わせしていかないと
出口の取り付け位置がズレてしまいますので順に組付けです

フロントパイプの位置を合わせて仮組後、センターマフラーと
リヤマフラーピースを組み付けつつ、位置をよく見ながら締め付け

フロントからリヤまで締め付けながら、ともかく位置に気を付け本締め

マフラー出口と車両側の排気ホールも良い位置になった気がします

ただこちらのセンターマフラーがかなり大型の為
上部の遮熱版の凸成形部分と隙間が少なく、車体が段差などで
跳ねた場合、遮熱版との接触があるかもしれません・・・
一番隙間がとれるように再度ネジの締め付けを試行錯誤して完了

こちらが見えて議側のフィニッシャー出口とホールとの位置

こちらが左側、大きなズレもなく良い位置に収まり安堵です
W君このたびはご依頼有難うございました、接触しましたら連絡してね

さて・・・最近フェイスブック仲間で結構流行っているらしい
ゲームの「GT spec」ですが、こちらのゲームはヘルメットのデザインや
車両のカラーリングまで色々といじることができるのも人気のようで
全日本ジムカーナで有名な車両のカラーリングレプリカしたり
皆様それぞれに楽しんでいる中…以前載せたトヨタ幻となったS-FR

何とこちらの車両がゲーム内で使えると知った
甘糖カラーのS-FR仕上げてくれたY君が、ゲーム内でさらに
デザインをビルドアップしてこれ作ってくれました、凄い出来です!!

残念ながらハヤシレーシングのホイールは無かったそうで
定番デザインのホイールにはなってしまいましたが、後方ディテールも
ワイド&ローなとてもカッコいい仕上がりになっております

賛否両論あったこいのぼりのようなフロント回りも
こうしてみると思い切りの良いデザインでイイんじゃないでしょうか!

ボンネットとルーフはブラックアウトされ
カーボンイメージに仕上げてくれてますしネオクラシックな印象です

で…さっそくこちらの車両を使いゲームしてくださった方が
ゲームの仕様で、別のゼッケンが車両のドア真ん中あたりに
勝手に割り当てされてしまうので、ゲーム内ではゼッケンが2枚になり
ジムカーナのダブルエントリーみたいなのだけは残念ですが…

走行シーンのスクリーンショットも実写のようなリアル感ですし、S-FRも
ランサーやFD3Sなどを敵に回して勝っちゃったとご報告が!!マジで!!

使ってビックリこのマシン結構速いですよ!!との事ですので
幻のS-FR+このデザインが気に入って下さった方はぜひ探して
ゲットしてみて下さいね、いや~最近のゲームグラフィック凄すぎます!!



エスティマのバンパー交換、初トウモロコシ♪2018年06月22日 23時21分

本日は意図せず御自身で傷付けてしまった
フロントバンパーの交換で、エスティマのお預かりです

バンパー上のパネルを外して、固定ネジやファスナークリップ取り外し

バンパー前からのボルト2本と、フェンダーとの接触部のボルト
バンパー下アンダーカバーやボディーとの取付けボルトとクリップ外し

フェンダー側との噛み合いを外して、上部の爪部を外して
全部込みのバンパーASSYで、車両前側へずらして取り外して行きます

バンパー交換とは言え、新品はバンパーフェイスのみの荷姿ですので
このフォグランプユニットや、上下のグリルなども取り外して移設します

フォグランプベースも取り外して新しいバンパー側へ取付けます

フォグランプベースを組み付けた後、フォグランプユニットを組み付け
配線のクランプを固定します、そして下側のグリルはバンパーの裏から
取付ける必要がありますので、先に取り付けておきます

上側のグリルはまだ取付けていない状態で
新品バンパーを車両側に組み付け位置を合わせて固定して行きます

上側のグリルは前から差し込み組み付ける形状ですので
位置を観ながらしっかりと爪が掛かる位置まで押し込んで組み付け後
上のカバーをファスナークリップで止めて固定して行きます

フェンダーとの接合部のネジや、ボディー下部に固定される部分の
ネジとクリップを組み付けて、アンダーカバーとの接続を確認して完了
ボディーも最近の雨で汚れておりますので、洗車して納車です

その他オイル交換の車両も数台ご来店
こちらのアクティはエンジンオイルのみの交換で
SpeedHeart系列の、Q'sルブリカンツの5W-30を使用です

今日は朝もぎだよ!とO君から真っ白いトウモロコシを頂きまして
早速レンジ茹でで食べさせて頂きましたが・・・甘すぎる程甘~い!!
この品種は、もはやトウモロコシとしての糖度を凌駕していますわ
O君いつもありがとうございます、ありがたく頂きます(*^_^*)



本日はオイル交換Day、東海シリーズの準備2018年06月09日 23時57分

本日はオイル交換Day、オイルランプが点灯したとご来店のハイゼット
T様は毎回オイル交換の指定距離超えられており、エンジン内消費大
今回も2500km程超過しただけですが、既にオイルが無くなっている状態

きっと次も指定距離では交換して頂けないかなと言う気が致しますので
もうエンジン内の摩耗も進んでいるので、気休めではありますが・・・

粘度が高いので、ジョウゴ作って注入口にセットして
あふれない様注意して注入、これで7000km位は頑張ってくれるかと^^;

続いてはハリアーハイブリッドのオイル交換
こちらの車両は1万キロ毎でエレメントとセットで交換させて頂いてます

PENNZOIL PLATINUM 0W-20は1万キロ使用しても
エレメントハウジング内に汚れを付着させない性能持ってますよ

今回も同じく、こちらを注入させて頂きました
1万キロしっかり保護させて頂きますので安心して使用して下さいね

そして明日、オイラと共に中部ジムカーナ東海シリーズに参加するF君
ロードスターもエンジンオイルの交換でご来店、タイヤも新品投入ですし
彼自身公式戦には初めての参加なので、良い緊張感持って望めそう

アコード時代も使用していた、SpeedHeartのフォーミュラーストイック
5W-30を使用です、明日は気持ち良く走ってくれると良いですが(^_^)

自分のランサーも準備です、先日練習会で役立たずだったタイヤから
まだ1戦走っただけの本戦用R1Rに付け替え、これ雨でも喰いますよ!!
問題は既に5部山切ったリヤタイヤ、グリップ落ちは間違いないので
邪道なセッティングですが、リヤのショック番手を1段上げて対応します

各部の確認もして準備完了、天気が心配ですので
荷物も極力減らして、積載車に載せて準備完了です

積車搭載完了、これで心配部分は無いと思いますが
天気の急変に翻弄されないよう、明日は楽しい1日にしたいですね



キャンターの修理や、ノートの仕上げ作業・整体にも!2017年11月22日 23時25分

例のエブリィバン磨いてから数日、やっと車体のコート作業です
経年車なので、今の艶がどこまで維持できるかですがガラス系の
SpeedHeartコート剤で塗面保護をして、今週中に名義変更です

常春の渥美、まだ11月ですが夏タイヤから冬タイヤへの交換御依頼が
ちょこちょこと出て来ておりまして、本日はこちらのシエンタ預かり作業

ウインターマックスも3シーズン、本当に摩耗が少なく
ゴム質的にもまだまだ問題有りませんので、この地区には最適です

ポンプの燃料コントロールワイヤーが届きましたので交換作業開始
エンジンからキーシリンダーまでワイヤーが伸びていますので
途中のクランプを取り外すためグリルも取り外して作業

キーの位置でワイヤーを引っ張る仕様ですが、エンジンがかかる状態
の時にはワイヤーのレバーは真上に向いていますが

エンジンを停止する状態の時にはレバーが手前に倒れて
ワイヤーを引っ張り、ポンプ側のレバーを引きエンジンが停止する構造

長さが・・・なので大変でしたが、なんとかワイヤー引き抜き完了

完全にチューブの内部でワイヤーが破断しています
ワイヤーを引けば全部抜けて来ちゃいます・・これでは止まりませんね

新品のワイヤーを取り付けてキーシリンダー側のレバーにセット

エンジンの噴射ポンプ、コントロールレバーにワイヤー先端をセット
キーシリンダーレバーのストロークに合わせて、長さを合わせて固定
エンジンの始動&停止問題無く作動するようになりまして、作業完了

継続検査から戻ったノート、残りのエアコンクリーンフィルター交換

アレコレ外す物が多かった前モデルと思うと楽にはなりましたが
挿入口のサイズに対して、1.5倍のフィルター入れるのはなかなか^^;

そして最終仕上げの診断機チェックとこちらのメンテナンスマーク消去

CVTフルードの劣化状態も診断機から確認出来ます
210000サイクル以下でしたら、交換の必要はありません

現在は18718サイクル、まだまだ大丈夫です

記録されている故障コードは2か所なので個別に確認します

ブレーキに関しては毎度継続検査時、ブレーキやスピードのテスターで
入力される事があるコードですので、今回も同じく問題はありませんが

アラウンドビューモニター系統のステアリングキャリブレーション
以前に何か修理したのか・・・初期化されないまま使用されていたのか
過去故障としてなので大丈夫でしょうけれど、過去に何があったのか
中古車で購入される場合はいろいろと不安も感じてしまいますね^^;

そして各エンジンのデーターをライブ確認、こちらは問題無し
現在は良い状態でエンジン回転していますのでこれで完了

残りのクリーンアップをして納車・・・ですが滝のような雨が!!
せっかく磨いても、この天気で納車するのは本当に残念です

夕方からは予約していたカイロプラクティックへ!
右のテニス肘は随分良くなりましたが今日は左肩・・・最近故障が
途中「なか卯」で卵丼と肉うどんのセット食べて・・・これ多すぎでした^^;



ネイキッドの磨き頑張りました(^_^;)2017年10月12日 23時07分

本日もオイル交換からスタート、オイル交換いつならイイですか~と
ヴィッツのお客様がご来店されましたので、距離見たらもう超えてまして
交換してって下さ~い!!とそのまま作業させて頂きました
耳タコくらい言い続けていますので、皆様にも結構浸透してきたのかな!

相変わらず膜が貼ったように艶がボケるこの時期のダイハツの塗装
ウォッシャーノズルの手前が磨き後、向こうが磨き前・・・色のせいか
写真で分かりにくいですが、結構キレイに光ってくれましたので

SpeedHeartの簡易コーティングですが、ケイ素系の長期保護OKな品で
外観のコート処理をして、タイヤやホイール(このデザイン最高!)も
キレイに仕上げましたので、オーナーさんのタイミングみて納車です
クセは有りますが、この時期のダイハツて色々と楽しい車両が多いです



◆当社MAP 携帯用QRコード◆