ロードスターの作業とキャリーの修理2021年01月20日 23時48分

本日はジムカーナ仲間W君のロードスターお預かりで作業です

オイル漏れの対策と駆動系のオイル全交換の依頼

まずトランスミッションのオイル・・・なかなかの汚れ具合ですね(^▽^;)💦

ドレーンプラグのマグネットにも鉄粉がごっそり付着・・・(◎_◎;)💦

しっかりとキレイにして取り付けさせて頂きましたのでご安心を

トランスミッションにはPENNZOIL PLATINUM 75W-90を注入です

そしてリヤデフ・・・こちらのオイルも随分と汚れております
LSDが装着されていますので、ドレーンにはこちらも鉄粉がはきっと
えっ、これ上のネジの筈、何と上下のネジが逆に装着されておりました
前回交換したところで間違えたようですね、上下入れ替えて取り付け
ATSのLSDギアオイル85W-90を使用させて頂きました

続いてはエンジンオイルを抜いてオイルエレメントの交換をしてから

まず漏れて汚れていたオイルをクリーナーできれいにしてから

漏れで最も怪しいシリンダーヘッドのカムカバーガスケット交換します
タワーバーやイグニッションコイルなどを外してカバーのネジを全て外し

カムカバーを取り外して取り付け接触部を全てキレイにしておきます
内部は10万キロ超えとしては十分キレイな状態を維持しておりますね

カムカバーのガスケットを外して、溝の中の汚れをキレイにしてから・・・

新しいカムカバーガスケットを取り付けて、エンジン側のカムホルダーと
シリンダーヘッド組付け部のエッジ部に、シールパッキンを塗って取り付け

もう1カ所漏れそうで心配なカム後端の蓋にもシールパッキン塗りこみ
気温の関係でエッジ部などのシールパッキンが全然乾かないので
オイルの注入は明日にして、残りの部分を組付けていきます

右のブローバイホースはプラスチック化しており先端割れが
こちらは新しいホースを注文させて頂きましたので届い次第取り付け

エンジンの冷却水も随分減少しておりましたのでLLC補充必須ですね

遅れていたキャリーのラックブーツが届きましたのでこちにこちらを作業
センターアームとラックを切り離してラックブーツの交換です
結局どちらもゴムの状態はギリギリでしたので両側とも交換

ゴムの交換後取り外したセンターアームとラックを接続して完成です

続いて枝などで付いた細かい傷だらけのボディーを磨き込みです

コート剤で塗面保護をして明日再度検査に走ります


そして本日検査に走ったウェイク、検査は問題なく合格いたしましたが
例のブロアモーターの高周波音、ディーラーで確認出来ましたので
補償修理決定、明日には部品が届くとの事で明日モーター交換の為
再度ディーラーに行ってから仕上げをさせて頂きます

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2021/01/20/9339817/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆