ハイラックスの作業あれこれ、ハヤシのホイールが;;2018年02月17日 23時54分

先日追突事故に遭ったハイラックスのヒッチメンバー交換です

ワンタッチコンセント裏の配線をすべて外して、ソケットを分解
マフラーを外してヒッチメンバーを取り外していきます

ステーとメンバーに分かれたヒッチメンバー交換
代わりに装着する新品のヒッチメンバーと取り換えです

入荷期間の関係で、今回はトランスポーターでもお世話になった
福伸工業さんの"SANROCKY"のヒッチメンバーを装着いたしました
実質堅剛な造りで重量も重く、ミッションジャッキで持ち上げ装着

ヒッチメンバーとコネクター完成、ボールヒンジの高さが少し高いですが
こちらは代品で対応して下さるとの事で後日届きましたら装着です

普段はボールヒンジを装着する穴が丸見えにならない様
付属の化粧パネルを装着出来るようになっており、オサレですね!
夕方からはガラス交換に業者さんが来ますのでそのまま車両お預かり

空いた時間に、ハヤシのアルミホイール使用者の儀式をば
何せコーティングされていない素地のアルミなので白錆びが・・・

実はこれ・・・引っ張り装着用にと在庫している13インチのブツ
そろそろ装着してみようかなとは思いつつ、狙い過ぎサイズなので
実際装着できるかどうかが怪しい・・・磨くだけ磨いて使わないかも;;;
とその前に、なかなかキレイにならない状態の悪さに凹みそうです

走行していましたらガラス屋さんが来てくれましたので作業開始
高速での飛び石で、見事なヒビが入ってしまっていますので危険です

実は意外と面倒な車両で、プロでも時間のかかるガラスでしたが
しっかりと取り外ししてくれたところで、保険請求の為パシャリ!

交換したガラスは当店でも定番のクールベールです
通常のUVカットだけではなく、IRカットもしてくれるガラスなので
夏のジリジリした熱さが低減される優れもの、ガラス上にはぼかしも!
逆光での走行で、眩しさも低減できて色々と楽になりますね

ガラスのシーリングが乾くまで一晩お預かりして
明日は車の引き渡し兼ねて、豊橋の某所でモーニングですな!
コーヒーもお替り自由なので、楽しみですが・・・長居しそうな予感^^;

エンジンドナー預かりつつ機械工具展示会へ2017年11月12日 23時10分

本日は浜松で「機械工具展示会」がありますが、そのついでに
某所まで移動して、事故して辞める事になったミラジーノターボ引上げ
エンジンは無事だから載せ替えて使うなら取りに来て~との甘い言葉に
お言葉に甘えて、ありがたく使わせて頂く事になりました

で、オーナー様も結構怪我してて9針縫ったとか、実は車内にも
生々しい血痕があちこち飛び散ってます^^; タイヤも回らないので
知人工場で借りたドーリーに載せて積車へ引き上げ、当初はJB-DETな
予定だった載せ替え計画ですが、ドナー車が自車より古い為に
審査却下されて早○年、○○君のご厚意に甘える形ですが
申請無しで乗せ換え可能なEF-DETに変更して、自車に使いますね!

で・・・ミラジーノ乗せたまま、目的の機械工具展示会へ
まずは妻から依頼された最重要ミッション、激安の日常品を買い込み

その後先日破損した、22.5mmのクロウ型の専用チゼルと
その12.7mmサイズのチゼルが使える、エアハンマーを購入
溶接用のアラミド繊維なタイプ+精密作業用のグローブを購入

先日、お客様の車にプレゼントとしてしまったと思われる(滝汗)
作業用のLEDライトとマグネットベース買いつつ、G-SCANのメーカー
インターサポートに挨拶してとある冊子など配布してもらったり

気になる工具をあれこれ見て回りまして、このミニバクター2の
電磁誘導式加熱装置に感動しつつ、気付けば2時間以上経ってました
いやはや、この手の展示会って居るだけで心が潤いますわ♪

積車なので足が遅い事も有り、新城で一か所確認したい場所も有り
帰りは高速で移動、混みあう浜名湖ではなく"三方原PA"で休憩と昼食
混んでなければ「さわやか」のハンバーグが一押しなんですが
今回は肉巻だんごとカツカレーでご馳走様でございました!!

デザートに、三方原PAで人気と聞き、"あんどら"購入するも、これ・・
餡子の厚み見ただけでお腹も心もいっぱいになりまして・・・持ち帰り^^;

新城での某所の下見も終わり、ちと遠回りでしたが
せっかくここまで来たらと、ユーラク製菓の夢工場直売所へ!

欲しかった薄板シリーズの苺はまだ買えませんでしたが、
濃厚なデラックスチョコレートやナッツを固めたナッツラルと
自分が大好きなグラノーラサンダー、後は試食でとても美味しかった
雷おこし+ピーナツな東京ブラックサンダー購入したら・・・
お土産で試供品として、とんでもない量のモチモチきな粉サンダーと
ダークマターをどっさり同封してくれて・・・相変わらず凄いですね

薄坂チョコの苺の発売はバレンタイン頃・・・その時期が楽しみです!

明日はいよいよ新城ラリーのお手伝いですよ!2017年11月04日 22時30分

昨日の旗日から本日まで、色々とクイック作業をしておりました
ミラジーノはエンジンオイルとエレメントの交換でご来店です

その後はジムカーナ仲間のSW20乗り、K君が遊びに来て
自身が参加している富士スピードウエイのフォーミュラレースの話等
お互い久しぶりに会ったのでいろいろと話が盛りががってました

本日から新城で開催されているラリー
今年からYouTubeでライブストリーム放送がありまして、鬼久保の
ふれあい広場では仲間達がジムカーナのデモンストレーションを中継
パソコンからテレビに映像を送り、時々確認しつつ過ごしてましたら

お客様からの事故連絡を受けて、積車で出動
大きなコンクリートブロックを乗り越えてしまったとの事で
クロスメンバーが大きく曲り奥まで入ってしまったため
バンパーが外れ足にもブロックがヒット、オイルも漏れている状態

積車に積み込んで工場へ戻りリフトで確認いたしましたら
曲がったクロスメンバーがかなり奥まで入った為に、装着されている
オイルエレメントに刺さり、エレメントからオイルが吹き出したようです
保険屋さんとの話がどうなるのかですが、見た目以上に傷んでますね

明日は鬼久保でジムカーナデモランを担当する4台の内
DクラスのS君が操る、TG47のアレコレをお手伝いする予定です
多分普段値は違い、派手なアクション期待されているみたいですので
今日からデモランしている仲間の皆様、マシン破損させない様に
気を付けて下さいね・・・しかし鬼久保の駐車場料金は高いなぁ・・・

現地で駐車券購入すると2500円必要なので、
明日の朝コンビニで2000円でチケット購入してから向かいますね

ミニキャブタペット調整&ハイゼットのクラッチ&EKワゴン等2014年11月19日 23時33分

今日は、エンジンからガチャガチャ音が出るから
バルブクリアランスの調整をしてほしいと頼まれたミニキャブが入庫
確かにうるさい・・・距離からして確かに隙間が広がっているかもです!

と言う事で、プラグやダイレクトイグニッションコイル等を取り外し
ブローバイホースを抜き、タペットカバーを取り外しして行きます

タイミングベルトのカバー上にある、サービスホールカバーを外して
合マークとプラグ穴のピストン上部、バルブの動きなど見つつ
エンジンの状態を1番ピストン圧縮上死点位置に合わせていきます

エンジン冷間状態での調整ですので、IN側は0.07mm EX側は 0.17mm
シクネスゲージをバルブ上部とレバーの隙間に入れて、アジャスターで
隙間を合わせて行きます、まず8本を調整した後、カムシャフトを
240°回した位置で、残りの4本を調整してカバーを元に戻し作業完了
やはりと言いますか、全体に隙間は広がっていましたので期待大!!

エンジン始動時はとても静かですが、暖まるとヘッドが膨張しますから
バルブクリアランスも広くなりますし、エンジン暖機後の音が大事です
結果、調整した効果ありでガチャガチャ音は随分静かになりました!
                     

                      ◆

続いては、もう滑る寸前までクラッチ使われていたハイゼットカーゴ
異音も出て来て、いよいよ交換されると言う事でお預りして作業です
しかし235,600km越えで初めてのクラッチ交換、上手に乗られてますね!

シート下のバッテリーマイナス側端子を切り離して
エンジン後部のカバー固定ネジを取り外し、その後リフトアップです

スターターやシフトリンケージ、プロペラシャフトなど
トランスミッションを取り外すのに邪魔になる物をジャンジャン外します!

エンジンとトランスミッションとの接続部ネジを外して
トランスミッションを切り離し、ジャッキを下ろせばクラッチが見えます

フライホイールからカバーとディスクを外します
摩耗状態はやはり限界、爪摩耗したカバーもセットで交換致します

爪摩耗が酷かった原因は、こちらのレリーズベアリング
カバーの爪に接触して回転するはずの部分は、手で全く回りません
異音の原因はおそらくこの部分ですね、当然ベアリングも交換です

カバーとディスクを、中心に合わせる為の治具(SST)をセットして
このままフライホイールに装着して規定トルクで固定します

その後SSTを取り外して、レリーズベアリングを交換し
ミッションジャッキを上げながら、サービスホールよりインプットシャフトと
クラッチ側のカバーの中心を確認しつつ、こじらない様角度を合わせて
ゆっくりとディスクのスプラインに、インプットシャフトのスプラインを挿入

クラッチ位置が決まればそのままミッションをエンジン側に押し込み
ネジで固定、外した部品を元に戻してから、最後にクラッチワイヤーの
位置調整すれば、作業はほぼ完了ですがリフトダウン後、最初外した
バッテリーの端子やカバーのボルトなどを元に戻して試運転でOK

                      ◆

こちらは飛び込みでご来店のお客様、走りが重いし、信号で止まると
エンジンがガタガタと振動して止まりそうなので見てほしいとの事

車が止まっている場所を見たら、なんと車両の下に赤いオイルが池に!!
リフトアップしてみましたらラジエター下にあるオートマチックトランス
ミッションフルード(ATF)のクーラーパイプが、ミッションと接触しており
パイプがミッションでこすれて穴が開きATFが漏れて量が減り
動きやアイドリング時の安定感を喪失したことが判明・・・

どうもラジエター本体が、事故と思われる後遺症で後ろに下がって
ラジエーを押したみたいですから、この部分を修理しないと
本来の位置に持ってこられませんので、一筋縄ではいかない模様です

お客様に確認してみましたら、やはり数か月前に前をぶつけ
バンパーが少し変形しただけだったのでそのまま乗っていたらしい
その時チェックに来てくれれば、板金修理だけでOKだったので残念

すぐ直してお渡しできる状態ではないので、今日はそのままお預りして
焼き付かない様にATFの量を合わせて(少し多目に)板金屋さんへ移動
先ずロアサポートの修理をしてもらってラジエターも修理な流れです

本日受検に走ったラッシュも清掃作業完了、仕事が終わったら
引き取りに来て下さるそうでお渡しです、W様ありがとうございました!

セルシオの続き作業でタイヤも交換&事故引き取り2014年07月04日 22時59分

セルシオの続き作業開始です、ミゼット君放置で申し訳ない^^;

昨日取りはずしてみて交換した方が良さそうだったのは
ラジエターの上下ホースと、サーモスタットです

新しいホースを取り付けてラジエターを車両にセットします

続いて新しいサーモスタットを取り付け
こちらが外した方の部品です、これが逝くと暖まらないとか
逆にオーバーヒートも起きますので、定期的に交換する方が吉ですね

エアークリーナーのエレメントも交換してボックス取り付け
ラジエターの電動ファンなどの配線も接続して、スーパーLLCを
サージタンク上のヒーターホース部、エア抜きプラグを取り外し注入し
エア抜きしつつ、液が出てきたらプラグを取り付けてエンジン始動

エンジンオイルとエレメントも交換済み。
バッテリー外していたため学習が完了するまで多少怪しい
回転で回りますね・・・その状態でしっかりと冷却系エア抜き作業です

この作業を何度か繰り返せば水量が安定しますので
全て完了したら外してあったカバーを装着し作業は終了です

交換した部品の数々・・・23万㌔ご苦労様でした

タイヤも残り溝はとても寂しい状態ですから
ABSの介入も早くなりギギギと気になるとの事でしたので
タイヤ交換すれば症状改善されますよと話をしましたら

婿がG/Sに努めているからとの事で、こちらのタイヤをお持ちに
と言う事で、タイヤはお客様の持ち込みで交換とバランスの作業開始

チェンジャーでタイヤ交換してバランサーでウエイト調整
今日は途中で出張仕事が入ってしまいましたので、後は明日に

その出張仕事は、事故車の引き上げでございます
出会いがしらでの事故との事で、走れないとの連絡で積車で現場へ!
見た目は酷い破損でもないように見えるでしょうけれど…実は

ステアリングを回すとその力をタイヤに伝えて舵が切れるのですが
その力を伝えているタイロッドが、途中で破断・・・
ドライブシャフトも抜けてしまっている為に全く走行不能です

しかも、タイロッドが破断しているせいで
右側のタイヤは好き勝手に動いてしまうので積車に載せるのが一苦労
どれだけ舵を切っても、動くのは左だけで右は想いと逆に切れたりと
ウインチ使っても車を真っ直ぐ積車に載せるのは四苦八苦・・・

それでも何とか積んで帰ったものの
今度は下ろして事故車置き場まで移動するのも大変!!
結果かなりの時間を要してしまい、やはりステアリングは重要です

皆様も事故には十分注意して走ってくださいね・・・
◆当社MAP 携帯用QRコード◆