トヨタラクティスお預かりで継続検査整備です2020年11月26日 23時32分

本日お預かりしたのは、トヨタのラクティスです
お客様からのご要望も数点ございますので一緒に作業進めます

定番の劣化したヘッドライトの曇りを取る前に
まず変色した黄ばみが凄いのでそちらを脱色しておきます

エアーエレメントはエアーブロー清掃でOKです

スパークプラグは以前交換したPREMIUM-RX
外して状態確認しましたがまだまだ使用に問題無しで大丈夫ですね

エンジン冷却水のサブタンクが下のレベルまで減少
漏れなどではないようですので、トヨタのスーパーLLCを補充致しました

ベルト幅が細いのが玉に瑕なこちらのエンジン
随分表面がテカテカになって来ていましたので、新品のベルトに交換

ブレーキは前後ディスクのパッドもキャリパーも問題無し
前後のブリーダープラグから、新しいフルードに変わるまで交換です

タイヤの摩耗はお客様も分かっていらっしゃいますが
ギリギリ受かるレベルのタイヤなのでこちらは交換推奨ですが
今回はそのまま検査受けさせて頂きます、その他御依頼事項で
ヘッドライトが付いたり消えたりする為診断もスイッチで間違いなし
交換のためまずステアリングポストカバーを取り外して

バッテリーのマイナス側ターミナルを外して暫く待った後で
ステアリング横のカバーを取り外して、奥のトルクスネジを左右外します

エアバッグインフレーターと共にステアリングパッド取り外し

続いてステアリングホイールをセンターナットを緩めて取り外し

エアバッグなどのデーターやり取りするスパイラルケーブルを取り外し

交換するのはこの部品、ワイパーのスイッチは再使用いたしますので
取り外してから新しいスイッチに移植して組付けさせて頂きます

各コネクターを外して、このバンドを緩めて手前に引けば外れます

取り外したディマースイッチからワイパースイッチ移植して
逆の工程で全てを組付けまして、メモリーリセットされた部分の初期化

そして黄ばみの取れた曇ったヘッドライトレンズを磨き込みまして

仕上げのコート剤を塗りこんでサービス作業でのリペアは完了です
このくらいの作業でしたら当店毎回サービス扱いですので
追加料金は請求いたしておりませんのでご安心ください
明日帰還してから残りのご依頼部品交換して納車いたしますね

アルトも帰還いたしましたので残りのクリーンアップしつつ

エアコンクリーンフィルターを定期交換させて頂いたり

車両診断機での異常履歴や各制御値データーを確認して完了
お客様のご自宅までお届けさせて頂きます、K様ありがとうございました



タントの仕上げ作業です2020年11月14日 23時30分

タントの続き作業ですが、CVTフルードも交換です

走行距離は18万キロ超えですがその割には汚れ少なめ
途中で交換されているようですが、今回新たにフレッシュに

3か月放置するとブレーキディスクはこの状態まで腐食進みます💦

削り落としておかないとパッドの隙間に詰まって
効きが落ちますので、研磨機をドリルに付けて磨きます

ブレーキパッドは約半分、当店推奨の新品パッドにして
効きの良さと高温時での安定性をアップさるよう組付けます

スライドピンやパッ背面の接触部にそれぞれ
専用の性質を持ったグリスを塗布してクッション+潤滑状態維持

パッドとキャリパー装着して固定、ハブには固着防止のモリブデン

リヤブレーキは問題ございませんでしたので
摺動部へのグリスアップや、隙間の調整をしてから

その後は各ブリーダープラグから、ブレーキフルードの交換をして完了

グリス漏れしているロアーボールジョイントブーツ
ナックルとジョイントを切り離して、ダストブーツとグリスを交換

新しいブーツを装着してナックルとジョイントを固定してブーツ交換完了
タイヤはローテーションして組付け設置してトルクレンチで締め付け

ブローバイとカバーの清掃からの乾燥完了して
カムカバーガスケットを交換して組付けて行きます

カバー組みつけてネジで固定していきます、ハーネスも元に戻し

イグニッションコイルやインジェクターのコネクターを装着

クリーナーカバーを取り付けて、エアークリーナーのエレメントも交換
PENNZIOL MG5W-20を注入して、ライト周りの点検と
ワイパーブレードゴムの交換をして完了、後は検査行くのみです



代車として使用するタントの継続検査前整備です2020年11月13日 23時25分

腐食の進んだL152 MOVE ターボRSから入れ替え予定
タントの継続検査前定期点検と整備です、洗浄からスタート

3か月ほど放置しておりましたのでバッテリーは終了
Panasonic caosを使用して交換致しました

中古購入した車両なのでいろいろありまして…
エアークリーナー手前のレゾネーター取り付け部はこんな状態で
まともに取り付けできませんので何かしら対応しないとですね

リフトにセット後はエンジンの点検、ベルト類はOK
スロットルボディーとポート類の洗浄してエアークリーナー新品発注

エンジンオイルとエレメントは交換ですが
やはりハウジング内にオイル焼けが付着しておりますので
エンジン内部もこれより汚れていると思って間違いないかと

ロアーボールジョイントのブーツはやはり破損・・・こちらも部品発注です

ブローバイからのオイル吹き出しでカムカバーが随分汚れてます

そろそろ漏れも心配ですのでカバーガスケット交換の為
カムカバーを取り外して、洗剤を吹き付けて洗浄しておきます

タイミングチェーンの伸び・・・出てますね、押した時のたわみと

持ち上げた時のたわみ、低温時はガラガラ音が出始める伸び具合
50万キロを突破しているあのハイゼットカーゴのが状態は良いです^^;

やはりこけれだけ汚れが出ていますので
今迄の前オーナー様オイル管理はイマイチだったかと思います・・・

スパークプラグはなぜか標準仕様のプラグが…
そして接地電極の摩耗はかなり出ておりましたので

今回はNGKのPREMIUM-RXプラグに交換致します
これを装着しておけば暫くの間ノーメンテで大丈夫ですね

締め付けにはトルクレンチを使用して完了、後は部品が届いてからです

本日検査に走ったタウンエース問題もなく合格してきましたので
満充電状態でバッテリー点検などをしてクリーンアップ後納車です

足車のターボエンジン載せ替えしたミラもオイル交換

今回はオイルのみの交換です、漏れも無く状態良し!!

使用オイルはPENNZOIL MG5W-30を使用しております
エアークリーナーのフィルターがコットンワイヤーになっている意外
吸気&排気系はノーマルのままなのですが、EFターボ良い走りします



オイル交換やタウンボックスの続き作業です2020年11月03日 23時33分

本日は旗日ですが、当店は無論営業中です
オイル交換でご来店はキャリートラック、エレメントも同時交換です

ちと乗りすぎてらっしゃいましたね・・・それでももう20万キロ超え
お仕事でバリバリ使われる状態でエンジンも賑やかになりましたが
〇ズキさんのエンジンは定番ですのでまぁこんなもんでしょう(^▽^;)💦

エレメントハウジング内はきれいな状態を維持しております
今回も今まで同様、PENNZOIL MG5W-30を使用してお渡しです

タウンボックスの続き作業です、タイヤ取り外して
ブレーキなどの清掃をしてから、タイミングベルトの交換作業

各プーリーやフロントカバーを取り外して行きます

タイミングベルト露出、クランクセンサーのプレートを外して
タイミングベルトとテンショナーベアリングを取り外します

テンショナーベアリングも交換、タイミングベルトを組み付けます

テンショナーベアリングでベルトの張りをしっかり調整して
フロントカバーとプーリー、ベルトを取り付けて張りの調整で完了
エアコンプーリーから異音が出ておりますので部品が間に合えば交換
間に合わなかったら一旦このまま納めさせて頂きますね

ブレーキはいつものメンテナンスをして
グリスアップと隙間の調整後ドラムを取り付けてから・・・

前後のブレーキから2年間使用したブレーキフルードを抜き
新しいフルードに入れ替わる迄、しっかりと交換させて頂きました

車体下部のアクスル部には随分と腐食が目立ってきましたので

防錆の為、シャーシブラックの塗装をしてアクスル部保護

タイヤ装着して接地後は、ライト周りの点検
ハイマウントストップランプ2か所バルブ切れで交換します

他の2つも随分黒ずんで来ていましたので、寿命は近いと見て
他の2つもセットで交換させて頂きました、これで作業は完了

ボディーのクリーンアップをしてコート剤で保護
プーリー在庫の関係でエアコンのベルトは外したままですが
明日検査に走らせて頂き、帰還後プーリー交換させて頂きますね



パレットのオルタネーターと別不具合、タウンボックス預かり2020年11月02日 23時15分

デミオのオイル交換ご来店で作業
今回はエレメントもセットで交換ですが、エアコンの不調もあり
そのままお預かりして外注での修理に回させて頂きます
エアコンコンプレッサーの異音もありますので少し不安ですが…

サービスキャンペーンでステアリングロック交換したパレット
オルタネーター異音の為そのままお預かりして交換作業ですが
この車両…オルタネーターを抜くのがかなり大変で
オルタネーターを外しただけでは全く抜ける隙間が無いです(;´Д`)💦

まずドライブシャフトを抜き、エキゾーストフロントパイプを
マニホールドの下で分離して後部エンジンマウントを外して
エンジンを前側にずらしながらオルタネーターをやっと摘出できます

取り外すのはこの部分、エキゾーストパイプフランジボルトは
錆が凄いので、フリーズ潤滑剤が無かったら折損していたかも

続いてリビルト品のオルタネーターを隙間から差し入れて
エンジンと固定するステーを組み付けてオルタネーターをドッキング

オルタネーターを固定してから、まず外した部分を元に戻します
エンジンマウントを固定してエキゾーストパイプを接続し
ドライブシャフトを組み付け、各ベルトを張り各配線を接続

ドライブシャフトを抜いたことで漏れてしまったフルードは
WAKO'Sの添加剤を使用して補充して量の調整をしてエンジン始動
オルタネーターの交換でやっとエンジンも静かになりました

ただドライブシャフト脱着時に発覚した問題が…
ロアーボールジョイントが上下にこれだけ動きます💦
無論ボールジョイントなので、本来は上下の動きなどありません
これ以上酷くなるとジョイントからナックル接続部が抜ける事になります
明日は休日のため急ぎ新品のアームを発注して交換させて頂きます

本日お預かりしたのは三菱のタウンボックス
今回はタイミングベルトの交換をさせて頂きますので
部品を先に発注してから、洗浄して乾燥後工場内のリフトへ

アンダーカバーを外して作業の前準備、明日交換作業です



◆当社MAP 携帯用QRコード◆