キャンタートラック継続検査前整備です2024年01月15日 23時36分

本日はキャンタートラックの継続検査前整備
登録は平成11年なので、なかなかビンテージなマシンになりましたね

洗浄後はリフトアップしてタイヤを取り外し、各部の点検です
エンジンオイルは1年経過しておりますので今回交換

エアークリーナーエレメントはエアーブロー清掃で対応

ブレーキは前後とも問題はございませんでしたが…

今回はクラッチレリーズシリンダーから漏れと引っ掛かりが…

20年物のレリーズシリンダーは今回交換させて頂きます

部品が間に合うところがまた素晴らしい
レリーズシリンダーを交換して、個体差で出来るクラッチホースの捻じれは
矢印のホース接続部で逃がして、その後全てのホース接続部締め付け

その後は、前後ブレーキのブリーダープラグからフルード交換と

クラッチレリーズのブリーダープラグから
作動用のクラッチフルードを交換しつつライン内のエアー抜きをして完了

ワイパーブレードゴムの交換やライト周りの点検で
左スモールランプの不灯が発覚…バルブ切れでは無くて
コチラのアース線と錆びたソケットの接触不良が原因でしたので
とある方法で修理して無事点灯致しましたので一安心

これで作業完了、明日検査に走らせて頂きます


エンジンマウントやオイル交換、仲間との忘年会2023年12月30日 11時21分

年内最後となる30日、本日も部品持ち込みでの作業
シフトの入りが悪いとの事でマウント交換のご依頼です
マツダスピード性のマウント持ち込みで交換させて頂きます

エンジンかけて入れた感覚的には…マウントが原因じゃなく
クラッチじゃないかな…でしたが、1年前に交換しているとの事で作業開始

正直NB8Cのエンジンマウント交換は手間なので苦手ですが
無事交換完了してシフト確認…やはり別の箇所が原因ですね
エンジンとミッションの継ぎ目からオイルが出ていますので
おそらくクランクリやシールから漏れたオイルがクラッチに付着して
切れ不良になっていると思われます…と提案、後はユーザー様に一任!

今も東京から里帰りの度に寄ってくれるO君のオイル交換
今日はたまたまジムカーナ仲間との忘年会もあるので
知った顔も多いし、せっかくだし参加する? と彼も参加の流れに

その他スタッドレスタイヤへ交換のN-BOXなど作業して

総勢12名での焼き肉忘年会⇒コメダでシロノワールな
暴飲暴食な忘年会で2023年の〆、皆様今年もありがとうございました

2024年は1月9日からスタートとなります
皆様来年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

ロードスターの継続検査前整備・仕上げやオイル交換2023年12月20日 23時46分

本日はキョウセイシリーズ・ノーサイドクラス
最終戦で優勝して、シリーズ2位になったF君のロードスター
預かるタイミングになり以来乗っていないとの事でバッテリー上がり💦
ジャンプスタートして明日借り充電するも寿命で、まずバッテリー交換から
普段はあまり乗らないマシンに合わせ、基本が強力なアイドルストップ用
バッテリーを装着させて頂きました、そしてやっといつもの作業へ

まずは洗浄作業から、パイロンに擦ったり
ゼッケン剥がした、テープの糊などがいっぱいついてますわ

リフトアップしてタイヤを取り外し、各部の点検
足回りのゴムブーツ類問題なし、ご依頼の油脂類全交換へ

エンジンオイルからの、トランスミッションオイル
こちらにはPENNZOIL PLATINUM 75W-90を使用させて頂きました

デファレンシャルギアには、リミテッドスリップデフに合わせ
ATS ギアオイルを選択して注入させて頂きました

ブレーキフルード交換用にコチラの、フォルテックさんのフルードを使用
こちらはF君が賞品でゲットした品で、高性能な品ですので良かったです

前後のディスクブレーキシリンダーから、フルードをしっかり交換してから

熱が入るため劣化が早いクラッチのフルードも交換して
クラッチレリーズシリンダーの作動もしっかりして切れも良くなります

エアー調整したタイヤを装着して接地後は
ライト周りの点検や、ワイパーブレードゴムの交換をして
このままではほぼ落ちる事間違いなしなヘッドライトを磨き込み

しっかりクリアになりましたので、これで明日検査に走ります

検査合格して戻ったキャリートラックの仕上げ作業
残りのクリーンアップ作業を進めまして、同時進行で最終チェック

バッテリーの状態は現在良好ギリギリゾーン
でもこれならばまだまだ大丈夫そうですね

各信号電圧や電流、制御値も問題なし
これでお客様に納車させて頂きます、ありがとうございました。

エンジンオイル交換でご来店のインテグラタイプR
タイヤの残り溝が心配との事で、ローテーションもご依頼に

交換作業後は、トルクレンチで規定値にて締め付け
その後新しいタイヤのお見積り依頼も頂きましたので
あらためてご提案させて頂きます、ありがとうございました

Tantoのホイールベアリング交換2023年12月11日 23時37分

最近時々聞くようになった不具合、タントの左前輪からの異音
他店でも時々あるみたいですが偶然なのか?ですがそこもタント
原因は雨などの走行で一番水が侵入する確率が高い左側前輪の
ハブベアリングからのうなり音ですが、ガタもなく手で回すだけでは
意外と分からないので、リフトアップしてDレンジでタイヤを回すと
右とは違う音が聞こえますので、そこで判断いたします

部品の到着を待って分解開始、まずはブレーキを外し
ドライブシャフトのネジを外し、スライディングハンマーをセットして
手前への打撃でハブを引き抜いてから…ナックルを切り離して

ハブとナックルを取り外して行きます

ハブ側に残ったインナーレースを、SSTを使用して抜き取ります

そしてナックルのストッパーリングを取り外しベアリングを抜く準備

ナックルに治具を合わせて、プレスでベアリングを抜き出し
逆の工程で、ベアリングを圧入してスナップリングで固定してから

外していたハブをナックルのハブベアリングに圧入して完成
同じく逆の工程で、ナックルをアームやタイロッド、ストラットに繋いで
ブレーキを組み付けドライブシャフトのナットを固定してカシメれば作業完了
試運転して異音確認、本来の静かな走行音に戻りました

オイル交換はN-VAN エンジンオイルには PENNZOIL MG5W-20を使用

寒くなってきますので、一緒にバッテリーの確認も
アイドリングストップバッテリー、まだ良好ゾーンも定期診断は大切です

アライメント調整のシビックで、テスターがまさかの💦2023年12月01日 23時10分

ステアリングの位置ずれを含めアライメント調整を承ったシビック
アライメントテスターをセットして…のはずが、Windowsで動いている
テスターのOSが立ち上がらず、全く使えない状態に陥り
セーフモードなど含め何度も試したりもしたのですが何ともならず💦

まずステアリングずれの原因だけでも探らないとと
ターリングラジアスゲージで、ステアリング切れ角からの
ギアボックスに対するステアリング一のセンター確認をしましたら…

ステアリングボスの取り付け位置そのものがスプライン3山もズレており
タイヤの向きとセンターを合わせてから、ボスの位置を調整します

クイックリリースのハブだと作業性が色々と…で
代わりのステアリングを元のハブに装着して位置を調整してから
元々のステアリングハブに交換して、ステアリングを取り付け

ステアリング一に合わせてトー角度の計測、こちらは問題なし
走行して位置ずれが無い事を確認して、本来依頼された
4輪トータルのアライメントは確認できませんでしたけれど
これで一番気になっていた部分の習性作業は完了いたしました

もう1点、オーバートルクで締められているとの事で修正をお願いされた
ホイールナットを1つずつ緩めてトルクレンチで規定値に締め付けして完了
この度はアライメントのご希望に添えずスミマセンでした

続いては昨日発注した、下取り車両の部品が届きましたので
作業の開始です、破損したロアーボールジョイントブーツと
タイロッドエンドブーツの交換作業、完全に逝っておりますね・・・

ドライブシャフトブーツも交換して、足回りの作業完了
3か所とも新品になりましたので、当分は安心して使用して頂けます
前後のブレーキも次の継続検査前整備でも問題ない厚みです
バリ山のタイヤは前後でローテーションして取付けて接地

エアークリーナーエレメントも新品に交換
後はボディーや室内の仕上げをしつつお渡しの準備をさせて頂きます


◆当社MAP 携帯用QRコード◆