アクティのタイヤ&オイル、ロードスターの続き作業2023年01月26日 23時05分

タイヤの摩耗が進み交換依頼のアクティの作業
いつものタイヤを使用してサクッと交換、新しいチェンジャー
パワーもあり楽なはずなのですが…まだ少し慣れません(^▽^;)💦

バックドアが開かない状態になっており
エンジンオイル交換後の注入には、バックドア裏のノブを弾く必要が💦
苦肉の策で、隙間からノブを引きリッドをオープンしてオイル注入

ロードスターの続き作業です、既存のリヤショック取り外して
スーパーオーリンズを取り付けて行きます

各アームを疑似1G状態で締め付けてリフトを移動して

アライメントリフトの上で、まずアジュールのKさんから指定された
最低地上高に、車高と車両の姿勢に合わせて行きます

全長調整式なので、下側のアジャスターで本体を回して調整

変化した分のアライメントのずれを確認して調整して行きます

大きなズレは無いので数値を確認して完了
その後の試運転で激変した動きのしなやかさ確認しましたが
ステアリングには遅れず反応する独特の味付けは良いですね

暫くはバルブ馴染みを重視するため、20段戻しでセットして
練習会で今迄の足との違い確認して頂きます、ありがとうございました

ロードスターの足回りその1、キャンターの検査へ2023年01月25日 23時38分

やはり不安的中…今日の渥美地区はこんな状態で
朝は道まで真っ白でした・・・けれども、時間と共に雪は水に代わり

8kmほど先には雪がない事も確認出来ましたので
幹線道路だけを走って行けばほぼ解けている筈ですし検査に!!
とは言え荷台に荷物が無いトラックの滑りやすさ考え超慎重に💦

その間自分は、スーパーオーリンズを購入して下さった
W君のロードスターの作業を進めて行きます
リフトアップして今の足を外し、新品のスーパーオーリンズ投入です!!

アジュールのKさんと相談して作ってもらった
2023年最新SPECのジムカーナ100%仕様のコンプリートキット

フロントはアッパーアームを外す必要がございますので
この長いボルトを引き抜いてから、アームを手前に引き出して

ロアーアームを下げながらアッパーアームをずらして
既存ショックアブソーバーを取り外して、スーパーオーリンズインストール

締め付けは疑似1G状態で締め付けて行きます
全体に元々の締め付けトルクが高かったので修正しつつ締め付け

スタビライザーのロッドを取り付け…なのですが
ウレタンゴムのブッシュをそのまま使われているようで
ともかく上下への動きが悪く第2のサスになっていますので

モリブデン系のスプレーを吹き付けて上下の動きを確保して
左右切り替えし以外で、スプリングの邪魔にならないようにして組み付け

解けてきましたが、雪そのものは止まないままですので気温がヤバい

事故もなく、事故に遭う事もなく無事帰還したキャンター
残りの作業がありますのでリフトアップしてオイル交換など

寒さを物語るつららが各所に・・・こんな天気予想出来なかったですよね

1年間使用したエンジンオイルを交換、PENNZOIL MG5W-30を使用です

近距離使用が多いため、どうしてもバッテリーの劣化が早いのですが
少し高めのバッテリーだけあり、3年過ぎてこれならまだ大丈夫そうです

室内のシートがファブリック仕様ですので、中に埃がかなり入り込みます
叩いてはエアーで飛ばしを繰り返してボワッと砂ぼこりが浮かなくなるまで
綺麗にしてから、ダッシュボードやガラスなどをふきふき

外装の仕上げと、タイヤのクリーンアップを進めて
お客様のご自宅へ納めさせて頂きます、ありがとうございました。


当店初入庫のパレット継続検査前整備です2023年01月18日 23時51分

本日は当店初入庫のパレットSW 洗浄前にボンネット開けたら

エンジン上部のカムカバーガスケットからオイルじゃじゃ漏れ
登録年式や距離的にもカムカバーガスケットの劣化、交換が必要です
洗浄作業で専用のクリーナーを使い、こちらも洗浄しますが・・・

交換のため外したエアークリーナーケース下は洗えていませんので
あらためてパーツクリーナーを使用して洗浄していきます

今迄コスト抑えて検査されており、各所交換が必要な部分が
エアークリーナーエレメントも真っ黒ですので交換します

カムカバーを取り外しガスケットの交換前に取り付け面を整えます

エンジンの凹部にはオイルが劣化して蓄積されたカスがいっぱい
カーボンカスだけをゴリゴリと取ってから、掃除機で吸い取り清掃

イグニッションコイルもこの色の変化…
14万キロ超えていますので、いつプラグへの火花が逃げたり
コイル自体が火花作れなくなったりと逝ってもおかしくない状態

スパークプラグはまだ使えそうでしたけれど
ご連絡させて頂きましたら、両方とも交換して欲しいとの依頼で
部品発注させて頂きましたので、こちらは明日の作業となります

足回りの動きを可能にするボールジョイントへの
水や砂などの侵入を防いでいるゴムブーツも完全に切れています

ステアリング側のタイロッドエンドブーツも
グリス漏れがしっかりと…で、こちらも交換が必要ですね

ナックルからボールジョイントを切り離して
ジョイントダストブーツを確認…中に水はありませんでしたが
これは危険な状態でした、グリス交換と新しいブーツを装着していきます

ロアーボールジョイントとタイロッドエンドブーツ交換完了
ダストブーツが外れないように、リングで固定してナックルに接続して完了

ディスクブレーキのパッドも3.5mm残りと
本来車を止めるのに必要なの摩擦材は無くなっている状態
新しいブレーキパッドに交換して組み付けです

フロントハブのホイール接触部の腐食が凄いので
金属ワイヤーブラシでキレイにしてから、モリブデンで固着防止です

リンブレーキはブレーキライニング摩擦材の残厚2mmでしたけれど
こちらはこれだけ残っていれば距離的にまだ大丈夫、隙間調整し組付け

ナットは前回交換されていましたので今回は左右を入れ替えて詰め付け

前後シリンダーから汚れたブレーキフルードの交換をして
吸湿して性能低下したフルードが新品になりましたので沸点復活で安心

ガスケットが届きましたので交換作業
カムカバーガスケット・・・強く握ると砕けるくらい硬化してしまっています

新しいガスケットはこんなにぐにゃぐゃと柔らかで反力もあります

当店定番のNGK PREMIUM-RXプラグを装着して

規定トルクでプラグを締め付けてから
ガスケットの交換したカムカバーを装着してコイルが届くまで仕事停止


MRワゴンの継続検査前整備です2023年01月16日 23時13分

MR-ワゴンの作業開始、エアークリーナーエレメントは今回交換

右タイロッドエンドブーツ、グリス漏れが発生していますので交換します

ジョイントの状態は問題なし、古いグリスを新しいグリスに入れ替えて

新しいブーツを装着して、元々のリングでブーツを固定すれば完了
ナックルとタイロッドを接続して、ナットで固定後割ピンで緩み防止

前後ブレーキ問題なし、通常メンテナンスで仕上げてから

左右でナットを入れ替えて規定トルクで締め付け、ナットをカシメ

治具を使ってナットキャップを打ち込み
前後のシリンダーからブレーキフルードの交換をして完了

タイヤの装着前にこの腐食しているハブの腐食をキレイにしてから

モリブデングリスで腐食と固着防止の処理をして保護

エアー調整したタイヤを装着して規定トルクで締め付け

ワイパーブレードゴムの交換とライト周りの点検後
ヘッドライトなどをキレイに仕上げて、現在装着されている
社外のLEDが検査に受かるかどうか確認に走り、作業完了です


ディアス預かり、オイル交換も多数、キャリー仕上げ2022年12月05日 23時44分

本日はサンバーディアスお預かりで作業です
お仕事にも使われている車両ですので汚れもなかなか
しっかり洗浄作業からスタート、乾燥試乗後はリフトへ移動

走行距離的に用意してましたが、エアークリーナー交換

エンジンオイルは指定距離を超えていましたので交換させて頂きます

耐久力に優れた PENNZOIL MG5W-30を注入させて頂きました

タイロッドエンドブーツ、センターアーム側からグリス漏れ

センターアームから切り離して、ジョイント確認と中のグリスも交換しつつ

新しいブーツを打ち込んでセンターアームに組み付けて完了です

前後のブレーキ確認、リヤブレーキは問題なく通常メンテでOKですが

フロントはまずタイヤを回すのが重く、左側のブレーキパッドはこの状態
右側と比較して半分以下迄摩耗が進んでいます、これは完全に
キャリパーシリンダー自体の固着が原因ですので部品発注して
明日届きましたら作業の続きをさせて頂きます

本日はオイル交換も多数ご来店、こちらのN-WAGONに続いて

スズキのパレットもオイル交換、どちらもPENNZOIL のオイルを使用です

旧規格のキャリートラックも同じく、PENNZOOILの5W-30を使用して交換

本日検査に走ったキャリートラックも残りのクリーンアップと共に

バッテリーの診断なども!! とても元気な状態を維持していますね

エンジンの異常履歴も問題なし、各データも正常値です
これで作業は完了しましたので、夕方お客様の元へ納車させて頂きます

◆当社MAP 携帯用QRコード◆