ハイゼットトラックお預かり、コーティングやバモスの仕上げ2016年11月22日 22時11分

明日は旗日の為受験には走れませんが、部品手配の関係で
1日多めにお借りして本日ハイゼットトラックに入庫して頂きました

洗浄前の確認でも丸見えだったドライブシャフトブーツの破損
4WD車は便利ですけれど、故障や破損率が上がるのは仕方ないところ

左右ともかなり破損が進んでいましたが、グリスがダムとなり
砂や汚泥などの侵入は無かったようでしたので、一安心です

新しいグリスをグリスを詰め直してブーツ交換
仕事で草などが巻き込むことも多いので、寿命は短いかもですが
これでまた暫くは大丈夫でしょう、左右共に新品ブーツでピカピカ!!

エアークリーナーもお仕事車だけあり砂埃や
草の種子などがかなり詰まってましたので交換させて頂きました

ブレーキは問題無し、毎度のメニューでメンテさせて頂きまして
1日余分にお借りした分、ブレーキフルード交換等は明日行います

本日受験に走ったバモスホビオ、まだ交換していなかった
エンジンオイルの交換ですが、ブローバイホースからのオイルが
エアークリーナーに付着していたので、内部の詰まりも考えられます
ゆっくりとブローバイの詰まりも落としてくれる、ワコーズの添加剤
e-クリーンプラスも加えて、次回のオイル交換まで汚れ落としです

まだ仕上げていなかったボディーの磨き作業と
コート剤での保護処理、室内もキレイに掃除してお客様に納車です

そして、今朝コーティングに出していた車両が完成して届きました
当社からではありませんが1週間ほど前にバモス購入されたお客様が
色が濃い為コーティングをしておきたいと、S君の所にお願いした次第

積車での引き取りと納車、新車5年仕様で税込み3万円!
スーパーポリーマックスさん、相変わらずキレイな仕事してくれます
代車出してますのでお客様に連絡して、乗り換えのお願いをして
本日お渡しでございます、普段の洗浄などには市販品ではなく
車内に置いた専用の洗浄剤や保護キットを使用して下さいね

5年間の効果を維持し続ける為にも、年1度の
コーティングメンテナンスはしっかり受けて下さいね♪

ハイゼットトラックの継続整備です2016年10月06日 22時53分

台風の被害は拍子抜けするほど影響も無く過ぎまして
本日は登録10年目のハイゼットトラック、継続整備でお預かりです

ガンガン洗浄はしたものの、お仕事での汚れが凄く
特に遮光塗料の飛沫が飛んだものが特に頑固で、洗い残りも・・・
それでも後の磨きで何とか・・・と試乗乾燥させてリフトアップ

タイヤが随分と寂しい状態でしたので
お客様に連絡して、今回交換の許可を頂きました

さすがの使われ方なので、エアークリーナーも埃が詰まり
清掃してもそろそろ限界でしたので、新品に交換させて頂きます

リヤブレーキは今回オーバーホール、軽い滲みが発生して
シリンダー内には軽い錆痕が付着していましたので、ホーニング

ピストン表面の錆は細かい研磨フィルムでキレイに整えた後
新品にカップとダストブーツを組み付けて、ホイルシリンダーに装着

その後はブレーキシューを組み付けて隙間の調整後

前後のブレーキシリンダーから、ブレーキフルードの交換と
ライン内に入っているエアーを押し出す、エア抜き工程

御依頼頂けたタイヤ交換の合間、汚れが目立つホイールは
一度洗浄して塗装・・・エアーバルブも交換してタイヤ取り付け
写真忘れましたが、今回も定番のエナセーブを装着いたしました

車体の下部もアクスルなど錆が入りやすい部分はシャーシブラック
フレーム部には、耐衝撃性のチッピング塗装をしてタイヤ取り付け

接地後はエンジンオイルの注入やワイパーゴムの交換
少し減少が見られた冷却水には、クーラントブースターを注入し
明日受験に走ってまいります、AT+AC車なのでトラックでも楽々です!



ミニかトッポBJ入庫、タウンボックスの受験や奇跡の1台!2016年04月21日 23時16分

本日は、昨日何かと巷で有名になってしまった三菱の軽ですが
そんな流れとは無関係だった時代の、トッポBJをお預かりして作業
実は見た目と裏腹に、農場仕様としてバリバリ使われていますので
中は凄いんです・・・多分掃除しても・・・見た目変化が位でしょうけど
車体下部の洗浄含めて、出来る限りの状態までは持って行きたいです

ヘッドライトの黄ばみを溶かして、磨いた後のクリア度測ってみたり
細かいヒビが全面にびっしり・・・受験には合格できますが状態悪しです

ステアリングギアボックスの、ラックを保護する為のブーツ破損
部品を発注して届くのを待ち交換させて頂きます。

まずは先に届いた処から作業進めさせて頂きますね
エアークリーナーのエレメントは仕事柄砂埃で詰りが目立つため交換

プラグ確認の為、レゾネーターボックス外すとスロットル丸見えなので
ついでの作業で、ISCバルブのエアーホール含めてしっかり洗浄

バリバリになって来ていた1本掛けの長いリブベルト

新しいリブベルトに交換させて頂きます、交換するには左側の
テンショナーに12.7mmのレンチせっとして、力が抜ける方向に・・・

エンジン内部の状態も・・・ですので。エンジンオイルの交換と一緒に
今年はワコーズのエンジンパワーシールドを添加して内部保護

使用限度を超えているスパークプラグは・・イリジウムと迷いつつ

2年後に乗り換えされるかも…と通常タイプのプラグを選択です

エンジン始動して排気の状態確認、水蒸気モクモクで絶好調!!
パワーシールドとPENNZOIL HMG との相性も良さげですね♪

ブレーキは問題ありませんのでいつものメニューで仕上げて
古くなったブレーキフルードの交換をして完了

部品の届いたステアリングラックブーツ、タイロッドエンドのねじ込み量
変えない様にマーキングして、タイロッドエンド切り離して取り外しです

新しいブーツは逆の工程で組み付けて、固着防止のスプレー塗布後
マーキングに合わせたネジ込み長さまで、タイロッドエンドセットし完了

各部の増し締めの後、車体下部には防錆シャーシブラック塗装をして
ローテーションとエアー調整したタイヤを装着し、リフトダウンして接地

ワイパーブレードゴムの交換や、ライト周りの確認後は
このままでは光度が危険なヘッドライトレンズの磨き作業

そうなんですよ・・・磨き込んでもこの細かいヒビで乱反射します
とは言え主光軸は出ているので、これで受験には合格してくれそうです

本日受験に走ったタウンボックス、受験には合格したものの
左ウインカーの接触不良が時々出るようで、テストセンターでも
昨日取付けたカバーが邪魔しつつも、配線の位置ぐいぐい弄って
点滅が改善した流れで、合格して来たとの事でしたので・・・

再度バンパー内のカバーを外して中を確認、水侵入していた名残で
コネクター類に緑の錆が出ていますので、これが原因みたいです
バルブの端子も腐食していましたのでこちらは新しいバルブに交換し
コネクターソケット類には、接点復活剤を使い・・・現状良さそうです

明後日お客様がいらした時に、説明させて頂きまして
いつとは言えませんし、配線だけデリバリーがあるかも不明ですが
交換が必要になる時期が来そうな旨、お伝えさせて頂きます

昨日頂いたユーズドカーですが、懐かしのスプリンターバン!!
この型しか乗られないお客様の為に、某所で見付けてお借りしました

平成7年とは思えない程度、車庫入り保管で走行距離21000kmです!
中のゴムマットも新車時の色を保持しているほどで、奇跡的な1台

お客様にも見て頂き、前回探してきた中古車よりきれい!!と絶賛
良い御返事が頂けそうでございますし、今後メンテも楽しみです♪

バモスお預かり、エアコン詰まりハイゼット納車です2016年03月31日 22時10分

本日はこちらのバモスを継続でお預かりです
いつものように車体下部の洗浄後、乾燥試乗・・・ですが

ラジエター&サブタンクに・・・水が無い!?!?  実はこちらの個体も
以前シリンダーヘッドガスケットの交換をした車両なのですが
ホンダバモスは元々水の中のエアーが抜けづらいので、納車後
徐々にエアーが抜けて、今の状態になってしまったようで

ラジエターとサブタンク、両側にホンダeクーラントを注入して完了
大事なのは、時々水が流れる独特の音が出ているか否かです(^_^;)

今年は定番箇所の、ロアーボールジョイントと
タイロッドエンドブーツの交換作業が必要な状態ですね

各接続部を切り離しまして、中のグリスを拭き取り
ジョイントの状態を確認して、OKならば新しいグリスを入れて

ブーツを取り付け、ナックルと接続すればまた8年程は大丈夫!!

バモスのエアークリーナーのエレメントは・・・相変わらずですねぇ
その分しっかりと汚れを取ってくれている筈ですから、新品に交換です

ブレーキは錆びや固着も無く、動きも漏れもOKでしたので
バックプレートへのグリスアップや、隙間の調整後にドラム取り付け

前後4か所ある各シリンダーのブリーダープラグから
古くなったブレーキフルードを抜いて、新しいフルードに交換です

前回ヘッドガスケットが逝った時、距離はまだ手前でしたが
作業ついでにタイミングベルト交換もさせて頂いた車両ですけど
プラグはそのままになっていましたので、丁度10万キロな今年は
スパークプラグを当社推奨の、NGKのRXプラグに交換致しました

細かい錆が浮いていたアクスル部には、シャーシブラックで
防錆塗装をさせて頂きまして、エアー調整したタイヤを
ローテーションして取り付け、

燃料タンクには、フューエル1を添加使用して
フューエルライン内の洗浄と保護を促しておきます

艶がボケ始めていたボディーの塗面も、ポリッシャーで磨き取り
ワイパーブレードゴムの交換やライト周りの確認をし、明日受験です

アルトも現状保安基準上は問題点がありませんので車検合格も
実際には昨日の記事に書かせて頂いた部分が、不具合箇所として
残ったままになっていますので、これが車検と点検整備との相違点

ライン通して合格しただけでも車検は2年延長出来ますが
合格した後もしっかり車両の状態を分かった上で使用しないと
突如として逝く事はございます、皆様も「車検」と「点検整備」は別物で
その違いを理解したうえで、必要なメンテナンスを怠らない様しつつ
大切なお車との安心安全なカーライフ過ごしてくださいね

本日はオイル交換も数台ご来店、ありがとうございます
こちらのミライースには、PENNZOIL HMG5W-20を注入です

車検継続後、エアコンコンプレッサーのオン/オフ繰り返す
ダイハツハイゼット特有の不具合修理していたハイゼットトラック
最近は行き付けの電機屋さんがしっかりとメニュー化してくれまして
そちらにお願いして、エアコンラインの洗浄して改善致しましたが
ダイハツもこれに関しては、延長保証の対象にしてほしいですね・・・

残りのクリーンアップ後、お客様の元に納車させて頂きました
Y様この度は当社への御依頼ありがとうございました!

コロナEXiVの続き作業です、小傷もキレイに磨きます!2015年08月04日 23時08分

ドライブシャフトブーツが届きましたので作業開始
まずアウターボード側に残ったグリスをキレイにふき取りまして

内側のブーツを通す為、等速ジョイントを一度シャフトから取り外し
各部品を同じく、古いグリスなどと共にきれいにふき取ります

内側のブーツをシャフトに通した後、ジョイントを装着して固定

新しいグリスを詰めたアウトボードに、ジョイントを組み付けて
その後ドライブシャフトブーツをアウトボードの装着位置にセットします

飛び散っていたグリスを再度拭き取って、ボロボロになったベルトを
新しいベルトに交換して取り付け、張り具合の調整をして

ドライブシャフトブーツの固定バンドを締めあげてから
適当な長さにカットして、先端部を曲げて緩み止め

ドライブシャフトを取り外す為、外していたロアーボールジョイントを
接続して、センターナットを締めつけてから割りピンで固定すれば
ドライブシャフトブーツの交換は完了です
外していたアンダーカバーを取り付けて固定すれば作業完了

パワステのフルードが少し減少気味…まぁ19年も経てば
各所からにじみも目立ちますので、タンク内のフルードを抜き取って
フルードの漏れ止め剤を注入して量を合わせておきました

車体の下部には防錆のブラック塗装、タイヤを装着して接地
バルブのステムシールが劣化してきているようで
エンジン始動時に白くオイルが燃えた煙が出てしまう状態
こちらには、エンジンオイルと一緒にシールの膨潤剤を添加して
少しでもオイル消費を抑えるよう施工も・・・傷だと効果半減なのが心配

傷と言えば、フロントフェンダー前方に
結構目立つ傷が多数入っておりましたので・・・

コンパウンドとポリッシャーで、目立たなくなるまで磨きこんでから

艶出しを兼ねてコート剤で保護、明日受験に走ってきます!

本日、熱中症対策の塩分補給に選んだのはコチラ!!
新発売!?(期間限定?)の、カラムーチョ、特製ホットチリ♪

辛さの中に深みも有る中々の逸品、ただ・・・食べた後で
塩分よりも、カプサイシンが多かったことに気が付きまして
その後暫く止まらなくなった汗に、これは冬向きだったと反省(;´・ω・)


◆当社MAP 携帯用QRコード◆