DC5インテグラのサスキット交換、ラッシュの仕上げです2020年11月18日 23時21分

本日はどうしても車高ががが!と言っていたお客様がやっと購入した
無限のスポーツサスペンション(中古)を持ち込みで交換作業です
2センチほど下がるだけですがDC5は下げると多々問題も多いので
その位のダウン量(しかもしっかりし製品)で使われるのが正解です

リフトアップしてタイヤを取り外し、サスペンションの交換作業です

これがEP3シビックとDC5インテグラの悪評の元となった
問題の部分、ショックアブソーバーにナックルが付いているという
昭和40年頃販売されていたN360と同じ足回りなのです(;´Д`)💦

足回りが上下するとナックルがショックと共に持ち上がり弧を描くたび
タイヤがトーイントーアウトに変化する仕様・・・ナックル切り離し

上下の接続を切り離してショックアブソーバーを取り外し
ドライブシャフトが抜けないよう、ハブを吊り下げて固定します

ノーマルアブソーバーと、無限のアブソーバー
個人的には車高下がる分この隙間部分でナックルも2cm程
下げて溶接してくれればよいのにとは思ってしまいましたが(;´Д`)💦

車両側に装着、多分接地するとタイロッドの外側が
内側を支点に万歳する取り付け位置になりそうなのですよね^^;

続いてはリヤサスペンションの交換、トランクのカバーを外して
隙間からこのショックアブソーバー前後2か所のネジを取り外し

続いてアッパーアームを切り離してショックアブソーバー取り外し
と簡単に書いておりますが、長さもあり意外と手間がかかります

リヤ側は一度分解された形跡があり
上ネジの位置とした取り付け部の向きがズレていたため
一度バネを縮めて上下のパーツを回して位置を合わせて組付け

取り付け後はまず仮止めしてタイヤを装着しテーブルリストへ
1G状態で仮締めしていた部分を締め付けてからアライメント確認

フロントはタイロッドがバンザイする関係で予想通りトーアウトに・・・
タイロッド位置も変な場所の為、タイヤを切って隙間から調整

やはりタイロッドエンドが上に向いておりますね…
ロックナットを緩めてトーを0方向に調整していき
最後にステアリング中立位置の確認をして作業は完了

これで全ての作業終了、最後に確認の増し締めをして完了です

フロント上がりだったタイヤの隙間も前後とも良い隙間に収まりました
ただ乗り味は結構硬さ感じる仕様になりましたので、やはり基本的には
足が動かない方向にセットしているのかも…困ったレイアウトです

検査合格して戻ったラッシュ、残りのクリーンアップをしつつ

エアコンクリーンフィルターを交換させて頂きまして

診断機での最終診断をして完了です、おまちどおさまでした!!



予定ズレで本日はオイル交換メインです2020年11月16日 23時24分

本日お預かり予定のホンダバモスが、持ってくる時水の流れる音で
ヘッドガスケット抜け発覚致しまして、先に修理の流れになり
某所へ預けさせて頂きましたので、そちらが治ってから継続検査整備へ

そんな事で本日は伝票作業やら、オイル交換dayになりまして
S2000のK君が定期交換でご来店され今回はオイルのみ交換です

最近オイル消費が出だして、途中オイル補充は必要になってますが
もう27万キロになりますので、F20Cのエンジン特性考えれば
よく持った方だと言えるでしょう…まだまだ走られるそうですので
しっかり保護しないとですから、PENNZOIL MG5W-30を使用し交換

続いては現在 5205,000KMと一度も本体異状無いままに
物凄い距離乗られているハイゼットカーゴのオイル交換作業です
こちらは1万キロ毎でオイルとエレメントを交換しておりますので

次回の交換は535,000kmになります
S2000と同じく、PENNZOIL MG5W-30を注入させて頂きました
次の目標は60万キロでしょうか、ダイハツのKFエンジン頑丈です!!

なかなか来れなくて距離超えちゃった・・・と来店はプリウス
こちらの車両もハイゼットカーゴ同様に1万キロ毎にエレメントセットで
オイル交換させて頂いておりますが、今回は12000km乗られた計算;;

今回もエレメント交換と共に、PENNZOILの最高グレード品
PLATINUM 0W-20を使用させて頂き交換完了です

朝方エンジン振動が出るとの事で診断機でのチェックも行いましたが
こちらには異常はなく、データーにも異常は見受けられませんでした
おそらくエンジンなどのマウントが経たっての振動かと思いますが
暖まればさほど気になる程の事はございませんので経過観察ですね



無料点検や12か月点検、ハイゼットの仕上げ作業2020年11月10日 23時49分

先月購入して頂いたタントの1ヶ月無料点検です

オイル量や接触痕、各部の初期漏れ確認をして行きます

続いては今迄オイル+タイヤ交換のみ作業させて頂いていた
ステップワゴン、今回は12か月点検のご依頼で作業開始

オイル漏れなどは無し、冷却水やウォッシャーなどの水量もOK
エアークリーナーエレメントもエアーブロー清掃でOKな状態です

ただ始動時に気になった異音・・・ベルトが結構硬化劣化していますので

今回交換させて頂きましたが、リブ部にもヒビ割れが発生してました

新しいベルトが届きましたので組付け作業開始

テンショナーベアリングのダンパーが超固いので
通常のレンチにパイプを追加してテンショナーを緩めてベルトセット

テンショナーを動かす部分はこちらになります
緩めたタイミングでベルトを組み付けて位置をしっかりと合わせて
使用過程で外れないよう注意しつつベルト位置の調整をして完了

ディスクパッドですがフロント側が内側と外側とで随分と
摩耗の度合いが違いまして、外側の摩耗が進んでいましたので
今回当店推奨品のブレーキパッドに交換させて頂きましたが
キャリパースライドピンの動きが渋かったが原因だったかもです

リヤブレーキはパッドの摩耗など問題はなしですけれど・・・

同じくスライドピンのグリスが汚れたせいか
動きが少し固くなってましたのでフロント同様きれいにふき取り

スライドピン専用のグリスを塗布して組付けて
パッドの金属接触部とキャリパーピストンと爪にもグリスアップし組付け

リヤブレーキドラム内のパーキングブレーキシューと
ドラムとの隙間調整をして、下回りの接触や漏れなど状態も確認し完了

前後でローテーションしたタイヤを取り付けてトルクレンチで締め付け
低下していたエアーもしっかりと調整してライト周りの点検で終了です

検査合格して戻ったハイゼットトラックの仕上げ作業
まだ磨いて無かったボディーと室内のクリーンアップを進めつつ

バッテリーの点検、以前どこかで交換されたようで状態はOKです

始動異常の履歴はございましたが
これはおそらく交換前のバッテリーによるものだったかと
消去後各データーの確認もOK、これでお客様に納車させて頂きます



タウンボックスの仕上げとバモスのコーティングメンテ2020年11月04日 23時28分

本日はエブリィのオイル交換からスタート
エレメントは前回交換しておりますので今回はオイルのみ交換で
PENNZOIL MG5W-30を使用、いつもありがとうございます!!

検査から戻ったタウンボックスの仕上げ作業ですが
こちらの異音が出ているプーリーがメーカー欠品でしたので
もうしばらく使って頂く事になりました、ベルトを装着して張りの調整

アンダーカバー用のファスナークリップが経年劣化で爪折れ
新しいファスナーを装着して固定させて頂きました

これで作業は全て完了です、
タイミングベルト交換で暫くは安心して使って頂けます

タイヤや室内などのクリーンアップを進めつつ

バッテリーの状態はまだ大丈夫ですが
そろそろ注意ゾーンに入ってきますので定期点検お勧めします

診断機での最終チェック、異常の履歴は問題ございません

各制御データーも状態はOK、これで安心です

お客様に完成の連絡、代車と乗り換えでお渡しです
I君ありがとうございました、エアコンプーリーの異音注意でお願いします

今朝コーティングメンテナンスで持って行ってもらったバモス
引き取り時と同じく、積載車で納車してくれました

5年対応のコーティングプランもこれで終了
次の6年目には再度コーティング作業が必用ですが
次回からは3年対応、車検の時にどうするか確認させて頂きますね

とは言えこの色のバモスなので手入れ考えると継続がおススメです
またコーティングして頂いて、9年目まできれいに保ちましょう(*^^*)



ボンゴトラックお預かりで作業開始、アクアの仕上げ2020年10月28日 23時16分

本日はボンゴトラックお預かりで作業です
今年から随分と高い作画装着されておりましたが…

手で外せる簡易的な取り付けなので保安基準に問題はございません

洗浄後はリフトアップして各部の点検、まずはゴム部品をチェック
ステアリングラックブーツ、タイロッドエンドブーツ、アッパーとロアーの
ボールジョイントブーツも問題はございませんので安心です

最近マツダからお達しが出ているエンジンマウントとプロペラシャフト
こちらもゴムの亀裂やガタをしっかり確認させて頂きましたがOKです

リヤシャフトを抜いてブレーキドラムハブを分解しブレーキ確認

1年ごとの走行距離は少ないのですが
エンジンオイルは酸化防止の観点で1年ごとに定期交換

フロントブレーキはパットの残りも十分、スライドピンのグリスアップや
パッド摺動部へのグリスアップもしてパッドとキャリパー組付け

リヤブレーキは少しにじみはございましたが
他の部分との兼ね合いもあり、来年オーバーホールいたします

クラッチレリーズシリンダー内部腐食が進んでおり
こちらは来年ASSYで゛交換させて頂きますので内部潤滑だけ施工

スペアタイヤのエアーが無く、確認いたしましたらエアーバルブ劣化
こちらも交換してエアー調整しないとです

アクアが検査から戻りましたので最終確認の前に
診断機のソフトウェア、アップデート作業です

その後SDカードを本体に戻してファームウェアの更新

エアコンクリーンフィルターは埃びっしり、今回交換させて頂きます

新しいフィルターを装着してカバー取り付けて完了です

更新完了した診断機を接続して状態確認、こちらは異常なしです

ハイブリッドバッテリーも各セルバランス良いですね
これで継続検査の作業は全て完了いたしました

残りのクリーンアップを進めてお客様にお渡しさせて頂きます



◆当社MAP 携帯用QRコード◆