ポルテお預かりして継続整備、セルシオ納車です2020年07月14日 23時13分

トヨタのポルテ、お預かりで継続検査整備作業です

冷却水は定番の減少具合ですのでサブタンクに補充します

今回は腐食防止剤の性能をリカバリーする
WAKO'Sのクーラントブースターを使用して補充です

エアークリーナーのエレメントはエアーブロー清掃でOK

リフトアップしてサスペンションやステアリングのジョイント
各マウント確認後ブレーキの点検に続きます

前後ブレーキ問題無し、ブレーキフルードの交換をさせて頂き完了

最近無くなって来ているスペアタイヤのエアーも調整
スペースは取りますが、これが有るだけで安心感が100倍ですね

ライト周りの点検やワイパーブレードゴムの交換をしてからは
深い傷は無理ですが目立たなくなるようボディーを磨いてていきます

クォーター部分は塗装割れもありますので
磨いた後でタッチアップペイントをして仕上げないとです

まずは傷を目立たないように磨き込み、続いてペイントしていきます

フロント側は磨いても無理な傷ばかりですので・・・

全てをタッチアップペイントで塗って、目立たないように仕上げ
明日戻ったころ完全乾燥するまで待ってコート剤で保護いたします

検査から戻ったセルシオ、残りの診断機診断と仕上げ作業

エアコンフィルターの交換をしてからウォーニングの消去が必要です

消去はこちらのスイッチを長押し、これでお客様に納車させて頂きます



ラジエターファンモーター不良決定2020年07月09日 23時56分

メインヒューズ到着して組付け、診断機を繋いでファンの強制駆動
ファンは回るものの回転数が通常の1/10程な上にギリギリと異音!
ヒューズ切れの原因はモーター抵抗による電流量増大です

ファンモーターの交換を致します、ホース取り外す必要があるので
冷却水を抜いて、ラジエターアッパーホースを取り外しファンを取り外し

取り外したファン、新しいモーターと比較してみますと…

まず手で回すだけで重さが別モノのように軽いですね
やはり20万キロ超えの経年劣化が表れていたようです

ファンを取り付けてラジエターホースを取り付け、一旦診断機で確認

強制駆動モードで無事回転、作動時の音も回転数もこれぞ正常!!

冷却水を入れてエンジンを暖機しながらのチェック
水温上昇とともに自然と回転、水温が下がれば停止
これで全てが問題無しです、エアコンの室外機も冷えるようになり
自然とエアコンの効きも復活、これでお客様に納車させて頂きます



タイヤに、12か月点検にオーバーヒートの原因究明に!!2020年07月07日 23時34分

本日は先日交換ご依頼されたパレットのタイヤ交換です
リフトアップして作業開始です

今迄は耐摩耗性重視でミシュラン使用しておりましたが
元々のサイズの小ささからかそれでも摩耗の早さは変わらない為
今回はコスパ重視の(それでも国産)タイヤに切り替えて交換作業です

無論ホイールのエアーバルブも交換致します
続いてタイヤを組み付けてホイールバランスの調整です

乗り心地と耐摩耗性どちらにもコスパが高いファルケン
これで安心してお使いいただけます、K君いつもありがとうございます

続いては12か月点検整備のホンダフリードです
前後左右のタイヤの製造年ロットがバラバラですので
古い物にはヒビ割れが目立つので少々心配です・・・

車体下部への接触やゴム類などの劣化亀裂はございません

エンジンオイルや水漏れなども問題無し、ブレーキもOKです

前後のパッドとシューのライニング残厚計測して
バックプレートへのグリスアップと隙間の調整をして完了

そして今日も可愛い整備士さんが一緒に点検作業してくれました(笑)

対価は首やあごのカキカキ、気が済むまでご奉仕させて頂きました

エアークリーナーのエレメントは汚れが目立ってきましたので
次回の車検整備で交換させて頂くようにいたします

冷却水は減少が見られましたので、eクーラントを補充して調整

バッテリーは注意ゾーン近くなりましたがまだ元気ですので安心です
ライト周りの点検をして点検記録簿記載し、ステッカー張り替え完了!!

赤い温度計マークが出たとお預かりしてきたトヨタのパッソ
最近エアコンも効きが悪くなっていたそうですので照らし合わせ
走行距離は20万キロ過ぎ、そろそろ心配なのは…このファンです

予想通り診断機からの強制駆動でもファンは回りません
ただコネクター電源確認しましたら、端子に12Vがかかりません

となると話は別です、まず電源を復活させないと・・・と各部確認
ヒーターのメインヒューズが切れているように見えますね…

テスターで確認してヒューズ切れ確定、まずヒューズ交換して
電源を確保してヒューズが切れた原因を追っていく流れですね



プリウスの継続整備とスターター修理後のボンゴ仕上げなど2020年06月30日 23時18分

本日はプリウスお預かりで継続整備点検です

リフトアップして乾燥作業、雨の日はいろいろと嫌ですねぇ^^;
エンジン各部点検した行きます、冷却水減少がございましたので

トヨタ車用のスーパーLLCを注入して量を規定値に調整

エアークリーナーエレメントは使用限界で今回交換致します

リフトアップして各部の点検、各部のゴム部品やブレーキ共に問題無し

トヨタのハイブリッドはリヤブレーキがペダルと繋がっておりませんので
ブレーキフルードを交換するためには、診断機などで専用のポンプを
駆動する必要がございますので、接続してメニュー選択し作業

フロントブレーキはペダリングしながら、リヤブレーキはスイッチ的に
ブレーキペダルを踏みっぱなしにしながらフルードを抜き出し

その後すべての異常の履歴を確認して、異常があれば消去作業

異常なし、これでブレーキ作業は完了でございます
他の部分にも問題点はございませんのでローテーションしたタイヤを
取り付けてから、ライトの点検やワイパーの交換をして

エンジンがかかったり止まったりする燃焼室特有の汚れを
洗浄するためにこちらの添加剤で徐々に汚れを落としていきます
これで準備は完了しましたので明日検査に走らせて頂きます

今日はオイル交換も多数ご来店、天候が悪いため
明日の天気に合わせて今日はメンテ日にされたとの事で
バモスやアクティのエンジンオイルを交換してお仕事に備えます

検査後電機屋さんに持ち込んでスターターのO/H依頼し
始動時の重さ改善して戻ったボンゴのクリーンアップ作業です
スターターは前後のメタルがガタガタになっててこれ以上使っていたら
本体交換になっていたそうで良かったです、コンパウンドで汚れ落とし

仕上げにコート剤を塗りこんで塗装面を保護
これで作業は完了です、気持ちよく回るスターターになりましたし
安心して始動して頂けます、長々お借りしてありがとうございました



VOXYの24か月点検継続検査整備です2020年06月15日 22時32分

本日はお預かりしたVOXYの点検整備です
写真多めで紹介させて頂きます、ベルト類状態OK
オイル漏れや水漏れなどもなく下回りはきれいです

エンジンの冷却水はロアーレベル以下まで減少しておりますが
漏れているわけではございませんので大丈夫です

冷却水の防錆性能を元に戻すクーラントブースター添加して量の調整

車体下部のブーツ類は問題無し、エンジンオイルは交換指定距離を
超えて使用されておりましたのでエレメントとセットで交換作業です
ハウジング内にも汚れが付着しておりますので綺麗にしてから

新しいエレメントを装着してからエンジンオイルの注入
ある程度超過意識して、PENNZOIL MG5W-30を使用させて頂きました

エアークリーナーは前回交換時からの定期交換距離が来てましたので
今回新しいエアークリーナーエレメントに交換させて頂きました

フロントブレーキはセンター凹に摩耗カスが詰まっておりましたので
溝の清掃をして、接触面にグリスアップして組付けて行きます

パッドの残りは7mmまだ安心してお使いいただけます
スライドピンにグリスを塗って、キャリパーを装着してフロント側完了

リヤブレーキパッドは9mm近く残っておりますのでこちらも安心です

リヤパッドもマウント接触面にグリスアップをして
スライドピンへのグリスアップをしてキャリパー組付け

パーキングブレーキキューの残りも問題無し
アジャスターで正規の戻し回数に調整してブレーキ整備完了

前後のキャリパードレーンプラグから古いフルードを交換して完了

タイヤを装着してナットを規定トルクで締め付け
ワイパーブレードゴムの交換と、ライト周りの点検をして

燃料にはこちらの燃焼室洗浄剤を添加させて頂きました

錆びて汚れが出ていたナンバーをキレイにしてから
ボルを交換して再度取り付けさせて頂きました

くすみが出ていたヘッドライトや、ボンネットなどポリッシャー磨きをして

仕上げにコート剤で塗面の保護をして、明日検査に走らせて頂きます

夕方エンジンオイル交換でご来店のMOVE
エレメントも交換時期が来ておりましたので作業させて頂きました



◆当社MAP 携帯用QRコード◆