テリオスキッド継続検査前整備、スイフトの仕上げ2022年04月14日 23時49分

お客様が手放されるテリオスキッドを
別のお客様が乗られる事になり、継続検査前の点検

元々走行距離は45000km程なのでボディーと内装はピカピカです
エアークリーナーエレメントなどはエアーブロー清掃でOK
ハイプレッシャー64馬力エンジンの仕様なので走りも元気です

ただ年数は経過していますので、ベルトは劣化して異音が出てますから

取り外して新しいベルトに交換、張りを調整して完了です
駆動プーリーに錆が出ていますので摩耗は早くなりそうですが
新品ベルトの余裕で、都度張り調整をさせて頂きますね

リフトアップして各部の点検、足回りのゴム部品も問題無し

テリオスキッドは伊達に車両重量が重いわけではなく
前から後ろまでかなり頑固なフレーム構造になっておりますので丈夫
以前別のテリオスキッドが、ボルボV70に追突された事がありましたが
走行不能になったのはボルボ、テリオスはバンパーがタイヤに当たる為
そこだけカットしてやれば、普通に動く状態だったという実話がございます

ブレーキなども問題無し、ローターの腐食で前回交換したパッドの残厚も
とりあえず今後2年間使用して頂くのには、問題の無いレベルです

リヤブレーキもホイールサイズに負けず容量は十分
ホイールシリンダーの漏れや固着も無いので、通常メンテナンス後

ドラムを取り付けて、フロントキャリパーとリヤドラムブレーキから
新しいブレーキフルードに交換して、沸点を含めた性能をリフレッシュ

ただこのテリオスキッド
前オーナー様がお止めになった理由がございまして…それがこの腐食
フロントサスペンションのアームやブレーキのボルトなども、海風により
かなり酷い状態の腐食が入っていますのでブレーキパイプも危険な程

ラスブロッカーとシャーシブラック塗装をして
とりあえず2年間クリアできるよう願うばかりです(^^ゞ

バッテリーも2日ほど放置するとかからなくなるレベル、寿命で交換します

今迄も55Bを使用していますしたが、今回は更に大容量の
60B なcaosに交換させて頂きますので更に安心して使って頂けます
ライト周りの点検とワイパーブレードゴムの交換をして明日検査です

本日検査に走ったスイフトの仕上げ作業
タイヤや室内などもキレイに仕上げさせて頂きます

バッテリーの状態はギリギリ良好ラインですが
ここまで来ると劣化も早くなりますので、1年程で状態確認必須ですね

エアコンクリーンフィルターも定期交換です

検査場でのテスターで、リヤブレーキに異常は入力されますが
一旦そこをクリアすれれば、他の異常の履歴は何も出ておりません

各センサーやアクチュエータからの信号電量や作動電圧も問題無し
お客様が戻られる時間になりましたら、納車させて頂きます



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2022/04/14/9482069/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆