整備途中で検査のMOVE、アルトの仕上げ作業2022年03月18日 23時36分

エアコンコンプレッサー焼き付きの修理が読めなかったため
予約を入れていなかったMOVEですが、昨日完了して戻りましたので
連休が重なりますので、これ以上納車が伸びても・・・ですので
急遽外側のみ悪い部分を交換して午後から検査に走る事に

リフトアップして昨日確認して悪かった部分の交換です
まずお客様に前々からお伝えしていたタイヤの交換から

ヒビ割れも摩耗状態も限界ですので、検査前に新しいタイヤに交換です

同じダンロップエナセーブですが、前回は203、今回は204に進化して
更に安心してお使い頂けるかと思います、エアーバルブもセットで交換
ホイールバランスを調整してタイヤの交換は完了です

ラックブーツは亀裂・・・ではなく完全に切れていますので
そのままでは検査にも合格できませんので先に交換してから走ります

左は亀裂の状態ですがヒビが深くすぐ同じ状態になるのは明白ですので
右側と同様に交換させて頂きます、タイロッドエンドとの接続を緩めて
ブーツを取り外し、新しいブーツに交換してバンドで止めていきます

タイロッド側のネジ部に固着防止のスプレーを吹き付けてから組付け
ラックエンドとタイロッドを緩める前に長さと位置がずれないよう
マーカーで合いマークを入れていますのでそのマークに合わせて
長さを元通りになるよう締め込んでロックナットで固定して完了

エアークリーナーも先に届きましたので交換してから検査へ向かいます
排気ガスの数値にも多少影響出ますので、キレイに越した事は無いです

エアコンクリーンフィルターも2年間使用しておりますので定期交換
本日検査合格して戻って来ましたら明日午前中に残り作業で仕上げです

MOVEが検査に走っている間に
ラジエターのアッパーホースが届いたアルトの作業開始
残りの部品を組付けて行きます、スロットルボディーもキレイにして組付け

先端部がブヨブヨに劣化しているホースを交換
サイズが随分広がっていましたのでこれで水流や水圧にも安心ですね

組付けの途中おかしなことが発覚…冷却水のエアー抜きの為
専用のリザーバーをセットしようとアダプターを取り付けようとしましたら
元々付いていた左側のキャップ用のアダプターではダメで
右の形状のキャップ用のアダプターなら装着可能…と言う事は!?

部品屋さんに車両データから元々のキャップを確認してもらいましたら
元々付いていたものは不適合、左側の形状のキャップが正解と分かり
こちらも交換する事になりました、圧フバルブのサイズ感も違いますので
リターン側のバルブが働いていたのかどうかも怪しかったですね
エア抜きも完了して作業完了、エンジンオイルも交換してお渡しです

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2022/03/18/9474040/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆