ボンゴトラックお預かり、タイヤの異常2件2022年02月16日 23時22分

本日はボンゴトラックお預かりで検査前整備作業です

エンジンオイルは距離指定ですと年数乗り過ぎてしまいますので
劣化の少ないうちに、毎年1年毎での交換で対応させて頂いております

前後ブレーキ引きずり固着や漏れなどもなく動きはOKでしたので
通常のメンテナンスを行わせて頂きまして、リヤドラムハブ組付け

クラッチも上下シリンダー漏れ+固着、引っ掛かり感もなし

仕上げのライン内全量のブレーキフルード交換の後で

同じくライン内のクラッチフルード交換をして作動保護です

車体下部は浮くするとともに、錆が目立つ荷台パネル下も塗装して保護

エアークリーナーやベルトの確認後、エンジンオイル注入して始動
始動から暖機移行状態を確認して異音の有無も確認、問題無しです

今回はカチカチに固くなっていたスペアタイヤハンガーボルトキット交換
上部スリーブの樹脂キャップが劣化脱落すると水や埃が侵入して
ボルトのネジを痛め段々と固くなるパターンで、通常の力ではスペアが
外せない状態になりますのでネジ部にかじり防止のスプレーを吹き付け

新しいボルトセットに交換させて頂きました、これで常にスペア使用可です

ワイパーブレードゴムの交換やライト周りの点検後は
ボディーのクリーンアップをして、明日検査に走ります

本日パンク修理不可のタイヤ持ち込みが2点
こちらはサイドをガッツリと切ってしまっていますので
まだ新品近いタイヤでしたけれど残念ですが交換させて頂きました

同じくハイゼットカーゴはパンク修理する価値のない摩耗状態の為
こちらはまず今回そのパンクしたタイヤのみ新品に交換させて頂きまして
後日同じく山の無い3本も交換させて頂く事になりました、準備進めます

検査合格して戻ったアクティバン、残りのクリーンアップしつつ

ちと不安な部分が1点・・・サブタンク内の水が増えてます
これE07Zエンジンに多発しているガスケット抜けがあると起きる症状
無論もう延長保証の期間は過ぎておりますのでダメなら実費修理ですが

不思議と現在は走行時に水が流れる音はしていない…
お客様が入れ過ぎたのか、とりあえず水を抜き量の調整をして
経過観察して頂く事に致します、無事だと良いのですが・・・

バッテリーはバリバリに元気ですので問題無し

車両診断機での異常履歴も無しでしたし

リアルデーターでも水温含めて問題は出ていません
これで車検後の最終診断も完了、水量増の件お伝えして
お客様にも定番の水音に注意して頂く事と致します

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2022/02/16/9465252/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆