フューエルリッドが開かないミラ修理、キャリー仕上げ2022年01月07日 23時18分

本日はL250系のミラで時々起きる不具合
フューエルリッドのオープナーが効かなくなり燃料が入れられない症状
先日ご来店頂いた時にはすでに年末で部品屋さんお休みでしたので
サイドパネルを外して手動で直接リッドを開けて「燃料入れたら
閉めちゃってください」とお渡ししておりましたが、年明け部品発注して
本日届く予定でしたので交換作業です、因みにダメになるのはワイヤー

元々L250のフューエルリッド開閉レバーは、L700系同様に
トランクのオープナーと両用になっており、あげるとワイヤーが引っ張られ
トランクが開き、押し下げるとワイヤーが伸びてリッドのロックを外す方式
逝くのは間違いなく押し側の方で、レバー下げてもリッド側は全く動かない

ちなみにこのワイヤー交換かなり手間でして
左フロントシートとリヤシート、左側の内番など全て取り外しです

此処が原因となる部分、ワイヤーが押されると動くワイヤーのベースが
押され伸びる力に負けて破断してしまうんですよ…引く方は効いても
押す⇒引く方がに変換する部分なので開かなくなるのはこのせいで
元々がトランク側と1体型の為ユニット全てを外しての交換になります

フューエルリッド側のロックを取り外してワイヤーを取り外します

車両側ワイヤーをクランプから外し作動レバー迄のワイヤーを引き出して

トランク側ロックのワイヤーも取り外して、次に新品ワイヤーを取り付け
この場所まで引き戻す時の為の専用ガイドケーブル取り付けて引き抜き

上側が破損したワイヤーと下が新品ワイヤー、元の形が伝わるかと
そして新品のワイヤーユニットには何やら別のパーツが追加されてます

古いワイヤーから新しいワイヤーにガイドケーブルを付け替えて
トランクオープナーのロック部分までワイヤー先端を引き込んでいきます

そいてフューエルリッドのロックにもワイヤーを取り付けて
スライド部品をサイドパネルに固定・・・なるほどこのプレートはこの為ね
ワイヤーの取り付け時無理に曲がっていた角度が無くなり
スムーズに動くようになっています、これなら破損も無くなりそうですね

レバーまでワイヤーを取り付け定位置でクランプで固定し
センタートンネル部も元々の位置でテーピング固定して作動確認しOK!!
取り外したものを元に戻す前に掃除機でキレイにしてから組付けて完了

お預かり時に元気がなかったバッテリーの点検をいたしましたら
やはり「要交換」の時期になっておりましたので、お客様にOK頂き交換
これで作業は完了です、こちらのミラはまだまだ元気に使って頂けます

オイル交換とワイパー交換でお預かりしたタント
WAKO'Sのオイル添加剤スーパーフォアビークルも添加されるので
エンジンオイルはQ'sPlanningの5W-30を使用して、S/FV分減らし使用

ワイパーブレードゴムも純正ゴム指定でしたので
こちらはワイパーゴムが届くまで待って交換、ありがとうございました

検査合格して戻ったキャリートラックの仕上げ作業しつつ残り作業

満充電でのバッテリーテスター診断ですが、まったく問題ない状態です

エアコンのクリーンフィルターは2年経過していますので定期交換
砂埃が結構・・・でしたがお仕事で使われていますので仕方なしです

診断機での最終チェックも、エンジンの状態も異常履歴は無く

各制御数値やデーターは問題の無い数値で可動していますね

O2センサーなどのECUへのフィードバック値も問題無し
これで作業は完了、夕方お客様のご自宅へ納車させて頂きます




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2022/01/07/9454516/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆