レガシィのタイミングベルト&ウォーターポンプ交換2021年10月15日 23時15分

本日は懐かしきWill Vi がオイル交換でご来店
Q'sPlanning 5W-30を使用して交換させて頂きました

本日はレガシィアウトバックお預かりで
タイミングベルトとウォーターポンプの交換作業
一緒にエンジンオイルも交換のご依頼頂きましたので進めます

まずはアンダーカバーを取り外して、エンジンオイルと冷却水を抜き取り

フロントカバーを外すためオルタネーターとエアコンの
ベルトを外す必要があるのですが、エアコンのベルトは最近多い
ストレッチベルト、調整機能は無く切断して取り外すしか出来ません

ベルトを切りクランクプーリーを外し、フロントカバーを取り外し

合いマーク位置にマーキングをした後で、順番にアイドラーベアリングと
テンショナーベアリングを外しながらタイミングベルトを取り外します
交換するベアリングだけでもこの数、ここにタイミングベルトや
オルタネーター&エアコンコンプレッサーベルトが入ります(^▽^;)💦

続いてウォーターポンプを取り外し、一緒にサーモスタットも交換します
交換部品としてはここまで、それぞれ価格高いのでコストかかります

新しいウォーターポンプを取り付けてから

順番にアイドラーベアリングを規定トルクで締め付けつつ取り付け

ベルトのマーキングとプーリーの合いマークを合わせて
タイミングベルトを組み付けて、テンショナーベアリングのピンを抜き
後はテンショナーでベルトのテンションを自動調整です

続いてカバー取り付けてクランクプーリーを1段階規定トルクで締め

その後、ソケットに60°の基準位置をマークしてから
右の基準線に左の基準線が来るまで60°分締め付けをして完了

新しいサーモスタットを取り付けてハウジングと外したホースを元に戻し

冷却水をエンジン側に戻して簡易的にエア抜きをして
まずエンジンを始動し状態の確認、指導や回転問題無しです

続いてストレッチベルトの取り付け
ベルトに付属してくるパーツを組み付けて
説明書の通りに特殊パーツを介してベルトを組付けて
続いてオルタネーターのベルトを取り付けて行きます

ここまで来たらエンジンを暖機、何度かエアー抜きを行い
明日の朝水量など最終チェックをしてお客様にお渡しいたします



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2021/10/15/9432648/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆