ハイゼット車検前整備とミラのエアコン修理・スイフト仕上げ2021年09月15日 23時56分

本日はハイゼットカーゴお預かりで車検前点検です
いつものように洗浄作業からスタート

リフトアップして各部の点検、オイルや水漏れも無し
各ゴムパーツの劣化や破損も問題ございません

ブレーキも前後固着や引きずり、漏れなどもなく問題無し
バックプレート摺動部へのグリスアップなどのメンテナンス後

ドラムを装着して前後シリンダーのブリーダーからフルード交換

リザーバータンク内のフルードもスッキリとキレイになりました

エアー調整したタイヤを装着して接地後ナットを規定トルクで締め付け

エンジン冷却水の確認、サブタンクの量も問題無し

エアークリーナーのエレメントは、エアーブロー清掃でOK

緩みが出ていた各ベルト類も全て張り具合の調整をして

変形が始まっていたワイパーブレードゴムの交換をして

光度の確保の為、ヘッドライトレンズを磨いて
光度アップして明日検査に走らせて頂きます

本日検査と共に、エアバッグリコールのリプログラムの施工代行と
完成検査リコール分の値引きを起こさせて頂いた請求書に仕上げて

バッテリーの診断をして作業完了、T君に連絡して
乗り換えして頂きます、当店への御依頼ありがとうございました

続いてはエアコンの効きが悪いと入庫のミラですが
エアコンをオンでは低圧側の圧力が通常の倍ほど高く
詰まりも疑いつつコンデンサーに水をかけて冷やしたら圧力が
半分以下まで低下…コンデンサーファンは回っているのですが
良く聞いているとファンの音が優しい、またファンモーターの回転不足
部品を発注して交換作業の為車両側のパーツ分解作業

ラジエターをずらしてファンをシュラウド(ケース)とまとめて外すため
ラジエターの冷却水を抜いてホースを抜きシュラウドごとファンを取り外し

この状態で上からファンモーターを引き抜いて交換していきます

車両によって荷姿が違うのですが、こちらのミラの場合
部品はASSYのみの出荷になりますのでこのまま逆工程で組付け

ラジエターにファンを取り付けてホースやサブタンクを元に戻し
バッフル迄元通りに組付けたらエンジン始動して、ファンの回転と
エアコンライン内圧力の確認・・・ビンゴですね、水温も安定して圧も低下

これで修理はほぼめどがつきましたのでバンパー取り付けですが
各ファスナークリップが劣化破損していましたのでクリップも準備して

バンパーを装着、既に無くなっていた個所もありましたので
全てのファスナーを組み付けてバンパーもしっかり固定出来ました

そしてエアコンガスの圧力も量の低下を表す数値でしたので
適量にフロンガスを充填してエアコンの冷えも復活、これで安心です
最近ファンモーター性能低下によるエアコンの効きの低下が増えました
皆様もエアコンの効きが気になりましたらここが原因の場合には
オーバーヒートにも繋がりますので、早めに修理をお勧めいたします



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2021/09/15/9424190/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆