リコール作業に1年点検にタイヤの破損など2021年09月10日 23時23分

本日はタントの燃料ポンプ交換なリコール作業です
ポンプコネクターを抜いてエンジンを始動して燃圧が下がり
自然とエンジンが止まるまで待って作業開始です

燃料タンクを下ろすために接続されているホースや
パイプを切り離して燃料タンクを下ろして燃料ポンプユニット取り外し

取り外したユニットから燃料ゲージユニットを外して
ユニットをパーツごとに分解して分けていきます

こちらのポンプと各シール類を交換して分解したパーツを組み付けて
燃料タンクへ戻し、燃料タンクを車両側へ組付けて最終チェック

必ず異常コードが入力されますので
こちらをリセットしてからお客様にお渡しいたします

12か月点検でお預かりのS2000、オイル交換とエンジンの異音以外
他の依頼以外はお任せですので、リフトアップしてタイヤ取り外し点検

ハブベアリングのガタやブレーキやブーツ類問題無し
タイヤの摩耗状態もアライメント調整してからはこの通り

フロントタイヤも同じく片摩耗は殆どありません
3万キロ以上使用してもタイヤは半分以上残っています
S2000でもアライメント数値で通勤車として十分なコスパで使用できます

ただ20万キロノンオーバーホールのエナペタルショックアブソーバーに
ついに漏れが発生しておりましたので、こちらは時機を見て
4本まとめて是非オーバホールる修理をお願い致します

エンジンオイルと共にエレメントもセットで交換させて頂きました
リフトダウンして、PENNZOIL MG5W-30を注入致します

車高も男らしいです、これでもタイヤはきれいに摩耗させられますので
足回りの調整幅としてはかなり余裕がございますね

異音の原因はベルトでしたけれども
最近使用状態が変わり乗らないタイミングが多いのか
各プーリーに錆が出ている個所がありますので
音が出るのはこの錆が取れる迄のタイミングみたいですね
ベルト交換の必要はございませんので経過観察させて頂きます

エアークリーナーのエレメントは問題無し、ライト周り点検で完了

走行距離も随分増えましたね、まだまだ頑張って走って頂きましょう

今朝ハンドルがガタガタするとご来店の日産バネットトラック
確認しましたら…今回のは昨日のエブリィより危険な状態です

製造年月日は2010年、11年物のタイヤという事になります
いやーバーストしなくて良かったですね、皆様もタイヤにはご注意を💦

夕方タイヤが間に合いましたので交換作業に入ります

タイヤ交換してバランスも調整
タイヤを装着して規定トルクでナットを締め付け
これでお客様も安心してお使い頂けますね、お待たせいたしました



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2021/09/10/9422678/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆