ステアリングぶれのエスティマ点検修理作業です2021年06月26日 23時53分

本日は高速からのブレーキングでのみステアリングぶれが発生する
エスティマの点検と修理作業です、先日色々と問診させて頂きまして
部位的にはほぼローターの歪みで決まりだろうとは思いましたが
以前ローターも交換しているとの事で、他の部分もしっかり点検して
問題があればあらためて部品を発注して作業する事になりました

まずリフトアップしてホイールベアリングのガタの確認も問題無し
走行時の異音もなくベアリングは大丈夫、続いてロアーアームのガタ
こちらも前後ブッシュを誇示ってガタが無いか確認しましたが大丈夫

やはり問題はブレーキローターと思われますので作業開始です

ブレーキキャリパーのピストンも、多少動きが固くなってきていますが
ブーツ破れからの腐食による固着はございませんしまだ大丈夫

ブレーキローターを交換致しますので
まず取り付け面をしっかり削り仕上げて行きます
ここに付着物や腐食があると、ローター接触面に浮きが出て
結果的に歪みと同じ症状が出ますのでともかくキレイに仕上げ

勘合面も腐食があるとズレて装着されやすいので
キレイに錆を落としてから腐食防止のモリブデンショットをして

当社推奨のブレーキパッドと同メーカーのローターを装着します
純正ではないですがパッドと相性も良いので安心して使用して頂けます

キャリパースライドピンも清掃してからグリスアップして組付け

元々このパッドに合わせて選択したローターですので
これで本来の性能がしっかり出ると思います

ブレーキパッド組付け、タイヤを装着して試運転
安定して吸いつくかのように制動が立ち上がります、これなら大丈夫
お客様にお渡しして、高速走行時などのチェックもして頂きます
W君お待たせいたしました、まだまだ元気に走れる車ですのでご安心を



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2021/06/26/9392982/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆