TG47インジェクターやスバルレガシィお預かりで継続整備2020年05月11日 23時55分

長く自粛モードでしたがそろそろ再スタートです
とは言え無理せず、接客担当のアントニウスもマスク常備!!

先日ジムカーナD車両、TG47のインジェクター洗浄預かりました
プラグが白く焼け過ぎが心配なので洗浄と噴射量確認して欲しいと
S君から預かりましたので、IRS ReSpec作業へ送り出しまして

本日は当店初入庫のレガシィの継続整備作業です
新車登録から7年7万キロ、丁度良い走行距離ですね、洗浄スタート

車検証のQRコードで、まだ作業していないリコールなどの確認
3つのリコールが出ておりましたが、全て対策済みで安心です

工場に入れて、ベルトや各部のホース、オイルや水漏れ確認
エアークリーナーの状態まで問題無し、エアーブロー清掃で対応です

新しそうなバッテリーは豊橋まで検査走るまでもなく状態問題無し!!

リフトアップして各部の漏れや接触痕など確認も問題はありません

エンジンオイルとエレメントの交換依頼を頂きましたので
交換させて頂き、PENNZOIL MG5W-30を注入させて頂きました
7000km毎交換で大丈夫だと思いますが、内部の摩耗など不明なので
ユーザー様に時々見て頂き万が一量が減るようでしたら、距離短縮です

各部のゴム部品も破損や日々もなく状態は問題ございません

ブレーキのメンテナンス、まずフロントディスクから
スライドピンをキレイにして新しいグリスを塗り組付け

フロントディスクパッドは残り6.4mm、清掃してグリスアップし組付け

同じくリヤディスクブレーキのメンテナンスです
こちらも残りは6.8mmとまだ安心してお使いいただけますね

パッドのキャリア接触部とスライドピンにグリスを塗り組付け

キャリパーを固定した後は、リヤパーキングドラム内部のシューを
アジャスターを使って正規の数値に隙間調整をしておきまして

前後のキャリパーシリンダードレーンプラグから、古くなった
ブレーキフルードの交換作業です、キレイになるまでしっかり交換

各部の腐食が結構進んでおりますので今回は塗装もさせて頂きます

腐食が特に目立つ部分にはBLACKを
そうでない部分にはクリアーを吹き付けて保護していきます

目立つ部分の塗装は完了いたしましたが・・・リヤアブソーバー下部
かなり腐食が進んでいるのは心配です、念入りに吹き付けておきました

マフラーの取り付けフランジ部ももはやボロボロに腐食が
何か融雪剤か、今迄の駐車場所が原因なのか・・・ですね

エアー調整したタイヤをローテーションして取り付けて
ホイールナットを規定トルクで締め付けて行きます

フロントのワイパーブレードゴム交換とライト周りの確認をして
左テールランプが当初不灯でしたが接触の問題でしたので良かったです
その後はボディーの磨き作業、くすんだヘッドライトカバーも・・・

ボディー同様に磨いてから、コート剤での保護処理をいたしまして完了

明日検査から戻りましたらエアコンフィルターなども交換して
診断機での最終チェック後お客様にお渡しさせて頂きます


◆当社MAP 携帯用QRコード◆