スイフトスポーツのパーツ交換や、ネイキッドの継続預かり2019年10月16日 23時41分

本日は随分とお待たせしてしまったスイフトスポーツのパーツ交換
発注後なかなか入荷せず、やっとパーツが揃いましたので交換作業
フロントバンパーの取り外しをするため、養生テープで保護して

アンダーカバーとフロントバンパーを取り外し

インタークーラーも交換の為、ロアーメンバーも外しますので

ラジエターが落ちないようにコードなどで縛り固定して
ラジエターとインタークーラー下のメンバーを取り外します

まずは触媒をメタルキャタライザーに交換致しますので
上下のセンサーと、ターボからエンジンへの冷却水のホース抜き

エキゾーストパイプと、マウント部分のネジを緩めてから

ターボ本体とキャタライザーのネジを外して、キャタライザー取り外し

左が純正のキャタライザーで、右が今回交換するメタルキャタライザー
その他インタークーラーとパイピングもすべて、トラストを使用

キャタライザー取り付け時は、外すことを考えカッパースプレーを

取り付け…ですが、微妙にステーのねじれが足らなかったりして
締めると変に力がかかってたり、センサーボスの位置がズレてて
遮熱版を下側に2センチくらい切ったり曲げたりして取り付け^^;

インタークーラー交換、側面のバフ面が奇麗ですね
ダムのような形状のノーマルチューブと比べて、冷却する空気の流れも
スムーズそうですし、大きすぎないので圧損は無さそうですが
取り付けステーの関係で、シュラウドが再使用できないのが残念

続いてはゴムホースのターボパイピングを、スチール製のパイプに交換
ホースの膨張が無い分、ブーストのかかりが良くなりますのでお勧め

ターボからインタークーラーへのパイピングと(意外と固くて大変)

インタークーラーから、インテークパイプまでのパイピング
効果は言わずもがなですけれど、やはり見た目も良くなりますね

シュラウドに固定されていたセンサーなどはボディーにタイラップ固定

ピカピカのサイドタンクでしたが…バンパー付けると見えないのが残念

スイフトのバンパー意外とネジが多いのですよね…
そしてアンダーガードを取り付けて、暖機後の試走へ!!!

やはり3点交換は効果出ますね 2000→3000→4000rpmと上がる時の
回転の鋭さが一段も二弾も上がってます、W君お待たせいたしました!!

明日作業するネイキッドの洗浄も進めておりましたが
ヘッドカバー周りからのオイル漏れが…ガスケットだけじゃすまなそう



◆当社MAP 携帯用QRコード◆