ホンダバモスお預かりで作業です2018年11月12日 23時21分

本日はMOVEのエンジンオイル交換からスタート
当店のお客様は皆様定期交換に来て下さって安心です

本日の継続整備はこちらのバモス、お仕事バリバリ車両ですので
ポデーィの洗浄も含めて、車体下部もしっかり洗わせて頂きまして

リフトへセットして、各部の確認作業です
ゴムブーツなどは問題無し、エンジンやブレーキ定番箇所の確認へ

まずはエアークリーナー、ホンダ車は相変わらず凄いです;;;

新しいエアークリーナーエレメントに交換させて頂きました

リヤブレーキは問題無し、ライニングの残厚計測した後
摺動部へのグリスアップと隙間調整をしてドラム取り付け

フロントブレーキ、ブレーキパッドの摩耗が進んでおりましたので
新しいブレーキパッドに交換です、金属接触部にグリスを塗り組み付け

キャリパーは、スライドピンの清掃とグリスアップをして組み付け

その後前後のブレーキシリンダーから
2年間使ったブレーキフルードの定期交換をさせて頂きました

さすがに錆が目立つようになってきましたので
今回はアクスル部にシャーシブラックでの防錆塗装を致しまして
前後でタイヤローテーションをして、エアー調整後取付け

スパークプラグがそろそろ交換時期でしたので

今回は今までのプラグ異常に長寿命な、定番プラグ
NGK PREMIUM-RXを取り付けさせて頂きます

実は昨日の機械工具展示会で、NGKのブースがありまして
各取付けネジ系に対してのトルク管理を熱く語ってもらいましたので
今回はトルクレンチを使い、普段の締め付けトルクを確認しましたが
結構ちゃんとしたトルクで締め付け出来てて安心致しました(自画自賛)

その他ワイパーブレードゴムの交換や、ライト周りの確認で
シートベルトウォーニングランプ不灯発覚、バックル側コネクターを
短絡しても点灯しませんので。バルブ切れの確率が高いですね

メーターを取り外して、対象のバルブを取り外し・・・ビンゴです
ガラス部も黒ずんでおり完全にバルブ切れ、新しいバルブ装着して

ウォーニングの点灯確認、これで検査場で確認されても大丈夫です

続いてはボディーの磨き作業、傷も多いのでポリッシャーで磨き
目立たないレベルまで磨き込んで傷消しもしていきます

全身磨きましたら、コート剤でのポデーィ保護処理をして完了
検査に走らせて頂き、残りのクリーンアップと仕上げ診断後納車です



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2018/11/12/8998985/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆