アクティバンお預かり、いろいろと・・・問題が^^;2018年07月12日 23時51分

本日お預かりしたのはこちらのアクティバン
車体下部洗浄と試運転後、リフトへ移動して作業開始

まず大問題が発覚・・・SRSエアバッグのウォーニングが点灯したまま;;;
診断機チェックしましたらユニット断線でしたが、過去故障になっており
消去しましたら、その後点灯する事は無く一安心でございます^^;

そして定番の減少した冷却水の補充
ホンダの場合2年である程度減るのは問題無しですが
逆に増えるとガスケット抜けが疑われるので今回はセーフです^^;

エアークリーナーのエレメントは毎度の汚れ具合で
コンディション維持とエンジン保護の為、新しいエレメントに交換

白金のスパークプラグも限界超えておりましたので今回交換です

当店定番のNGK PREMIUM-RXを装着です、軽自動車でも
8万キロ以上は使用出来ますので暫く交換の必要はございませんよ!

問題はフロントブレーキの固着・・・ホイールの回転が重く
分解したらこの状態、ホンダらしくピストンはやはり再使用不可;;
追加でピストン発注しましたら、さすがに部品屋さんも分かっておりまして
在庫OK・・・ホンダのピストンってなんでこんなにメッキ弱いの(;´Д`A

ピストンが届くまでに、キャリパーシリンダーの研磨です
まずは大まかに、スクレーパーやピックなどを使い錆を削り

ホーニングブラシで、シリンダー内壁を整えていきます
キレイになりましたらインナーキットの組み付けです

ラバーグリスを塗ったピストンシールをシリンダに組み付け
ピストンにダストブーツを装着してシリンダー上部の溝に組み付け

指でピストンをすぅ~っと押してシリンダーに収めれば完成
キレイに仕上げたシリンダーと新品ピストンは動きもスムーズです!

固着のせいもあり摩耗が進んでしまったディスクパッドも
新しいパッドに交換してキャリパーをキャリアに取り付けます

左右共に装着完了、リヤブレーキは問題ありませんので
いつものメンテナンスをした後に、ドラムを取り付けて

前後のシリンダーにあるドレーンプラグから
ブレーキフルードの交換とライン内のエア抜きをしてブレーキ完了です

塗装していたワイパーブレードを取り付けて、ブレードゴムの交換
少々暗くなってきましたので下部のアクスル部塗装は明日にして
午後から検査に走らせて頂きます



◆当社MAP 携帯用QRコード◆