フィットの修理が多数!!エルグランドとバネットの仕上げ2018年06月13日 23時47分

今日は偶然ですがフィットが多数ご来店
こちらの6MTなRSは、エンジンオイルの交換でご来店ですが
以下は1台は修理と、1台は急遽発覚した不具合でお預かりに;;;

その他オイル交換も多い1日でしたこちらのポルテは
SpeedHeart系のQ'sオイル、0W-20を使用して交換作業

こちらのミライースは、PENNZOIL MG5W-20を使用して交換です

上に書いた中のまず1台のフィットは、当店初入庫車両
走っていると時々ガクガクすると、問診で更に症状聴きましたら
どうも息つき現象が出ているようで、診断機で確認しましたら
4気筒あるエンジンの1番の気筒で失火異常、よくコイルが逝くらしい
GE系フィットですが、距離的にはプラグも交換時期なので一緒に作業

GE系のフィットは、最近の車両では定番の室内長を稼ぐ為
カウルトップの下までエンジンがもぐり込んでいますので・・・

スパークプラグ等点火系はエンジンの裏側
正直1番のコイルだけ交換なら作業は出来ますが
今回は全てのプラグと1本逝った時点で他の3本も近い状況なのは
間違いなく、まだ乗られるなら大事を取り全コイルを交換しますので

ワイパーやカウルトップカバー、カウルトップまで取り外していきます

ワイパーモーターとリンクは装着された状態で外れます、これ外れれば

上から手を入れて、作業が出来るようになりますので
工具を使い、コイルとスパークプラグを取り外していきます

取り外した4気筒分のイグニッションコイルとスパークプラグ
プラグは終了ですが、コイルは逝っているのは1本だけですので
また10万キロほど走った後、もう少しで車乗り換えるはずだったのに・・・
な展開になった時に、付け替えして短期でも使えるようにと
現在はまだ使える3本は、再度箱に詰めてお客様にお渡しいたします

こちらのフィットには、NGKのイリジウムプラグを使用

イグニッションコイルには、ホンダ純正より安心(失礼な)出来る
NGKのイグニッションコイルを使用して組み付けて行きます

4気筒とも交換完了、始動や吹き上がり、アイドル回転数にも
問題はなさそうですのでカウルトップやワイパーを組み付けて

診断機でまず現在故障履歴として残っている、異常コード消去後

各データーをロギングしながら、負荷を掛けつつ数キロ程試運転
再度異常コードが入力される事も無く、症状も安定しましたし
データーもとても安定しておりますのでこれで大丈夫ですね!

バッテリーの入荷が遅れていたエルグランドも本日納車ですので

部品屋さんが間違えて、リヤ側のエアコンフィルターが届き
取り直ししてもらったフロントエアコンフィルターの交換を致します

御煙草を吸う関係で、ふぃるたーにはヤニにくっ付いた埃が・・・
新しいフィルターに交換して、室内環境もリフレッシュですね

続いては無事入荷したバッテリーの交換です、車両メモリー消さないよう
昨日使用したOBD端子から、電源のバックアップを取りつつ交換作業

6年間お疲れ様の95Dなcaosから、6年位よろしくねな100Dなcaosに

車両側ハーネスの接触部に腐食が有ったので
磨いてからターミナルに接続、スターターも超元気に回ります

これで作業は完了です、K君御依頼ありがとうございました!!

本日検査合格して戻ったバネット、まだ磨いてなかったポディーを

キレイに磨き込んでコート剤で保護してから、お客様に納車です
A様、今回も当店への御依頼ありがとうございました

そしてこちらがもう1台の、問題が発覚したフィット
御依頼は通常通りオイル交換だったのですが・・・
オイル交換時サービスで行っているタイヤエアー調整時に

左右のホイールから伝わる熱に違いを感じまして、温度計で確認
左側のホイールは32℃ほどの温度を示していたのに対しまして

右側のホイールは何と60℃を超える熱を持っております
お客様にサイドブレーキ引きながら走ってしのまったのたかを確認も
そんな事は無いとの事で、ブレーキの固着引きずりは確定ですね

フロント側も確認しましたが、こちらも左の30℃に対し、右40℃チョイ
お客様と相談して前後輪のブレーキオーバーホールする事になり
そのまま車両お預かりさせて頂きましたが、10年程でこんな状態に
なるのって・・・ホンダさんと、スズキさんだけじゃなかろうか・・・(-_-;)

その後は明日継続整備させて頂くスズキワゴンRを洗浄して工場へ
これで天気が悪くなっても朝から作業する事が出来ます



◆当社MAP 携帯用QRコード◆