ダイハツタントお預かり、タイミングベルト交換です2018年02月27日 23時43分

本日継続整備でお預かりはダイハツのタントです
走行距離11万キロ超えでタイミングベルト交換をさせて頂きます

フロントエンジンマウントを外す為バンパーの脱着が必要になります

フロントメンバーを外して、エンジンマウントを外すと
タイミングベルトカバーが姿を現しますので各プーリーを外し
フロントタイミングベルトを外していきますと・・・

タイミングベルトが見えますので、カムとクランクを定位置に合せ
テンショナープーリーとタイミングベルトを取り外していきます

タイミングベルト取り外し完了、各部の錆が多いですが
ウォーターポンプは問題ないのでそのまま組み付けに入ります

カムとクランクのマークに合わせてタイミングベルト取付け
テンショナーベアリングで張りの調整をしてカバーを取り付けます

エンジンは下からジャッキで支えつつフロントメンバーと
エンジンマウントを取り付けていきます

フロントエンジンマウントとメンバーを締め付けて固定
オルタネーターとエアコンのベルトも交換して張り具合の調整です

エアークリーナーエレメントはまだキレイでしたので
エアーブローでの清掃後、エアークリーナーケースを閉めて

タイミングベルトの交換距離を記入したステッカーを貼れば完成
続いて外していたフロントバンパーの取付けですが・・・

この年式で既にほとんどのクリップファスナーが経年で破損
半分以上のクリップが効いていない状態でしたので交換して組み付け

ブレーキは前後共に問題無し、バックプレートへのグリスアップと
ブレーキシューとドラムとの隙間を調整してドラム取り付けて

フロントキャリパーとリヤホイールシリンダーから
2年間お疲れ様なブレーキフルードを新しいフルードに交換です

エンジンのブロック同様錆が目立つアクスル部には
防錆の為のシャーシブラック塗装をして、ローテーションしたタイヤ装着

そろそろ塗装剝げと錆が出て来ていたワイパーを塗装してから
ブレードゴムを交換、ライト周りの点灯&作動確認をして

ボディーの磨きとコート剤での保護処理、明日検査に走りますね!

右リヤウインカー不灯のアクティバン、バルブコネクターの錆が原因で
端子がこの状態に腐食・・・経年で色々なところに不具合出ますね^^;

継続検査合格して戻ったライトエーストラック
残りのクリーンアップをして降ろした荷物を載せ直して
お客様の倉庫へ納車させて頂きました、T様ありがとうございました!



◆当社MAP 携帯用QRコード◆