SRSユニット到着、アクティの続き作業です2017年11月28日 22時03分

アクティトラックの続き作業です、お客様からSRSユニット交換OK頂き
都築作業開始ですが、スペアタイヤのハンガーネジが錆びついており
緩めたら間違いなくボキっと逝く状態、チャッチャチャチャッチャッチャ〜!
フリージング潤滑~!!・・・と、ドラえもんが出したわけではないですが
さすがの威力ですね、ガチガチに錆びていたネジが緩みましたわ(感動)

そして届いたSRSユニット、間違いなくこれでウォーニングが消えるか
早速取付けをして確認に入ります、ハズレだったら大変です^^;

ユニットの定位置に装着、コネクター接続して本体を固定後
エンジンキーをONに回して、エアバッグウォーニングの点灯を確認

そしてエンジン始動・・・数秒後、消えました~!!
お客様に高いパーツ代を了解して頂いた甲斐がありました
これで安心して継続検査に・・・あれ、シートベルトのウォーニングが^^;
こちらバックル側の接触不良でしたので、とある対処で修理致しました

続いてはブレーキフルードの交換作業
アクティのリザーバータンクはスピーカーカバー外した下にあります

各シリンダーから順番にフルード交換をして
その後抜いた純を逆にたどりつつエアー抜き作業をして完了

ファンベルトの状態もサイドカバーのゴムを外したホールから確認して
車体下部に防錆の為のシャーシブラック塗装をしてタイヤを装着します

正直こちらも限界の摩耗状態ですが、費用的な関係がありまして
バッテリー交換もしないといけませんので、このまま検査に走ります

で、そのバッテリー交換・・・ハンガーボルトの錆が凄くて、頼りの
フリージング潤滑剤で白く凍っても全く効かず、これは絶対折れます;;
交換は明日に回してハンガーボルトも発注致しました、備えあれば・・

自然減少が見られたクーラントには、サブタンクの上ラインに合わせて
クーラントブースターを補充させて頂きまして、量を適正化しました
その後ウォッシャータンクにも減った分の水を注入いたします

ワイパーブレードゴムの交換やライト周りの確認後いつもの磨き作業

艶の無かったボディーがキレイに蘇りましたので
コート剤で塗面を保護、これで明日検査に走る準備完了です!



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2017/11/28/8737309/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆