スバルレガシィ、足回りとブレンボキャリパー交換その122017年11月24日 22時50分

昨日の作業の続き、こちらもハブの錆落としから開始
ブレーキドラム装着部として大切な部分、その後ドラム取り付け

続いてこちら側も、ビッグローター取付け前に
バックプレートのスポットを削り落とす作業、スポットカッターが欲しい;;

溶接部の境まで削り落とした後、バックプレート取り外し

左右のリヤブレーキ、ビッグローターを装着
スリットの向きはパッドが削れすぎない様順方向でセット
その後ブレンボキャリパーを取り付けて、ホースを移植しますが

リヤ側は、キャリパー形状の関係で、
どうしてもホースがナックルに接触してしまいますので
スパイラルチューブを巻いて、ホースが削れない様に保護します

そしてブレーキラインのエア抜き作業、使用フルードは
いつものDOT4より一段上の性能を誇るこちらを選択いたしました

ブレンボキャリパーは1つのキャリパーに、左右に分かれて
2つのブリーダーがありますのでフルード交換も時間がかかります

それでも抜けは良く、スムーズに各シリンダーのフルード交換と
キャリパー内のエア抜き作業完了です

これがあると邪魔になるため最後にしていた
ロアアームバーと同じく依頼されたストラットタワーバーを取り付け

これでサスペンション+ブレーキの交換作業完了ですが
ホイールマッチングの確認が残っておりまして、冬使う予定との事で
スタッドレス用のホイール装着するもキャリパーに当たりアウト!!
残念ですが、冬用のホイールは買い直しして頂く事になりますね

続いて現在装着されているSTIのホイールですが
装着は出来ましたがこちらもかなりギリギリ・・でも付いて良かった^^;

その後はリフト上でブレーキの作動状態を確認
マスターシリンダーが純正のままなので、踏んだ感触は・・・微妙

ここで1点不具合発覚、暖機状態の水蒸気が水滴として垂れて来ます
よく見ると、センターマフラーとエキパイ溶接部にクラック(割れ)があり
そこから水が出て来ているようで、次回の車検では修理が必要です

リフトダウンしてからは路上での試運転とディスクローターの錆落とし

ブレーキの当たり付けも行い錆も結構キレイに落ちてくれました
これで作業は完了、夕方お客様にお渡しいたします

S様このたびはご依頼ありがとうございました
一部ご迷惑もおかけいたしまして申し訳ありませんでした。

ブレーキの効きが上がったと言う感触ではございませんので
過大な期待を持たず、これからも安全運転カーライフ続けて下さいね

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2017/11/24/8734549/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆