キャンターの修理や、ノートの仕上げ作業・整体にも!2017年11月22日 23時25分

例のエブリィバン磨いてから数日、やっと車体のコート作業です
経年車なので、今の艶がどこまで維持できるかですがガラス系の
SpeedHeartコート剤で塗面保護をして、今週中に名義変更です

常春の渥美、まだ11月ですが夏タイヤから冬タイヤへの交換御依頼が
ちょこちょこと出て来ておりまして、本日はこちらのシエンタ預かり作業

ウインターマックスも3シーズン、本当に摩耗が少なく
ゴム質的にもまだまだ問題有りませんので、この地区には最適です

ポンプの燃料コントロールワイヤーが届きましたので交換作業開始
エンジンからキーシリンダーまでワイヤーが伸びていますので
途中のクランプを取り外すためグリルも取り外して作業

キーの位置でワイヤーを引っ張る仕様ですが、エンジンがかかる状態
の時にはワイヤーのレバーは真上に向いていますが

エンジンを停止する状態の時にはレバーが手前に倒れて
ワイヤーを引っ張り、ポンプ側のレバーを引きエンジンが停止する構造

長さが・・・なので大変でしたが、なんとかワイヤー引き抜き完了

完全にチューブの内部でワイヤーが破断しています
ワイヤーを引けば全部抜けて来ちゃいます・・これでは止まりませんね

新品のワイヤーを取り付けてキーシリンダー側のレバーにセット

エンジンの噴射ポンプ、コントロールレバーにワイヤー先端をセット
キーシリンダーレバーのストロークに合わせて、長さを合わせて固定
エンジンの始動&停止問題無く作動するようになりまして、作業完了

継続検査から戻ったノート、残りのエアコンクリーンフィルター交換

アレコレ外す物が多かった前モデルと思うと楽にはなりましたが
挿入口のサイズに対して、1.5倍のフィルター入れるのはなかなか^^;

そして最終仕上げの診断機チェックとこちらのメンテナンスマーク消去

CVTフルードの劣化状態も診断機から確認出来ます
210000サイクル以下でしたら、交換の必要はありません

現在は18718サイクル、まだまだ大丈夫です

記録されている故障コードは2か所なので個別に確認します

ブレーキに関しては毎度継続検査時、ブレーキやスピードのテスターで
入力される事があるコードですので、今回も同じく問題はありませんが

アラウンドビューモニター系統のステアリングキャリブレーション
以前に何か修理したのか・・・初期化されないまま使用されていたのか
過去故障としてなので大丈夫でしょうけれど、過去に何があったのか
中古車で購入される場合はいろいろと不安も感じてしまいますね^^;

そして各エンジンのデーターをライブ確認、こちらは問題無し
現在は良い状態でエンジン回転していますのでこれで完了

残りのクリーンアップをして納車・・・ですが滝のような雨が!!
せっかく磨いても、この天気で納車するのは本当に残念です

夕方からは予約していたカイロプラクティックへ!
右のテニス肘は随分良くなりましたが今日は左肩・・・最近故障が
途中「なか卯」で卵丼と肉うどんのセット食べて・・・これ多すぎでした^^;



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2017/11/22/8733382/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆