ハイゼットトラック、継続整備作業です2017年09月06日 23時08分

Y様からハイゼット預かったのは日曜の夜だったのに、体調不良と
至急修理の車両の関係で作業開始が遅れてしまいすみません;;;
今日も絶食中ですが、糖だけ摂取しつつ活動!! 洗浄作業からスタート

洗浄後はリフトアップして、オイル抜きながら各部の点検確認
エンジンオイルの距離はまだ余裕ありでしたが、経年的に交換します
近距離使用の多い車両は、1年に一度はオイル交換しないと心配です

定番のゴムブーツなどは問題無しですが、ジョイントに少しガタが!
年間距離数も少ないので、今回は裏技で対処させて頂きました
2年後は・・・正直ボールジョイントの交換が必要になると思われます

お客様から依頼されたマフラーの音、エキゾーストパイプ穴開き
マフラー部も写真でお見せできない板浮きが有る状態でしたので・・・

エキゾーストパイプの穴開き部だけではなく全周に渡り溶接して修理
そして穴の開きやすい溶接後の溝も上から重ねるように溶接で埋め
マフラー部も、以前ミゼットで治したように溶接棒を穴と浮き板に渡し
溶かしこみで修理いたしましたが、ちと見た目が・・・ですので写真割愛;;

その後は泥水などで傷みが進まない様に、パテで溶接部を埋め
エキパイもマフラーも錆びやすい溶接部を隠して作業完了です

エアークリーナー自体は、エアーブローで大丈夫な汚れ具合でしたが

エアーエレメントの蓋を止めるネジ錆で固着くしてて取り外すまで大変!
ボルト側とナット側、それぞれタップとダイスでネジ山修正して
更にモリブデンスプレーで固着防止処理をして組み付けです

同じく、スペアタイヤを釣っているハンガーも錆びて全く回らずも
冷却潤滑剤をかなり使用してなんとか外すことに成功いたしました!
こちらもエアークリーナーのネジ同様に、タップとダイスでネジ部に
詰まった錆を落としてネジ山も修正、スルスルと回るようになった後に
同じくモリブデン系のスプレーで固着防止の処理をして完了です

リヤブレーキがオーバーホール時期でしたので分解いたします

付着した汚れを落としたピストン、こちらに虫食いは有りますが
カップより前方なので再使用可能、シリンダーはキレイなので大丈夫

専用グリスを塗ってシリンダーにピストンを組み付けて
バックプレートへのグリスアップ後、ブレーキシューを組み付けです

左右のブレーキオーバーホールが完了いたしましたら
中に入ったエアーを押し出しつつ、古いブレーキフルードの交換

車体の下部もかなり錆が目立つ様になってきていますので

防錆の為、シャーシブラック塗料で塗装し延命処置を致します!

その後、外れそうになっていた右ドアのアウターハンドルの交換作業
内貼りを取り外し、リンクとネジを取りアウターハンドルを新品と交換

古いハンドルの内側はこの状態・・・ハイゼットのウィークポイントですが
年式(平成12年式)を考えると良く持ったかなと言う気が致します

錆びの影響はこちらにも・・・ヘッドライトの光軸調整リンクが全く回らず
取り外して給油してもギアが逝ってしまっていますので、何ともならず

当社在庫の程度の良いヘッドライトをメンテして交換いたします
調整スクリューもスルスル回り、ヘッドライト調整も可能になりました

右のリヤブレーキ、コネクターソケット部が錆て、全く点灯せず
端子削ったりバネ起こしても効果なし、仕方なくこちらも中古品の

テールランプユニットに交換して事無きを得ましたが
各所に傷みが目立つ様になってきていますので2年後はそろそろ・・・
ともかく問題部分は無くなりましたので、明日継続検査に走ります!

Y様、この度は長々とお借りする形になり申し訳ありません<(_ _)>

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2017/09/06/8672515/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆