ハイラックスサーフの前後ブレーキO/H作業です2017年07月19日 22時33分

オーナー様の御依頼でフロントとリヤのディスクキャリパーのO/H
キャリパーを外して、ピストンを抜いていきますが・・・

心配的中・・・やはりピストンが1つ固着して抜けてくれません
ピストン縁にプライバーをかけてこじりエアーを入れてやっと抜けました

何せキャリパー本体の錆が酷いので、ワイヤーブラシを使い錆落とし

両側の錆を落とすのに2時間^^;
サンドブラストが欲しいかも・・・そしてシリンダー内部のホーニングして

ピストン表面の虫食いが無くて一安心です
先端部の錆も削り落とし、シールの交換をしてピストン組み付け

キレイなシリンダーとピストン、新しいシールにグリスを塗れば
軽く指で押せばスルッと入る状態、やはりこれでないとですね!

ハブやバックプレートの錆が酷いので、できる限り削り落としてから

ハブとの勘合部も固着防止をして、研磨が完了した
ディスクローターを装着して、キャリパーを組み付けて行きます

ディスクパッドを組み付けてスライダーピンで固定
ブレーキパイプを接続しましたら次はリヤブレーキのキャリパーです

フロントキャリパーと思えば状態も良くピストンもシリンダー内部もOK

でも・・・やっぱり融雪剤で腐食したと思われる錆は蓄積

こちらもガリガリとアレコレとブラシをとっかえひっかえ
納得の行く処まで磨き込んでいきますが、錆が厚くて苦戦しました

ここまでキレイになればな状態にはなりましたので
シリンダー内部も更にピカピカになるまでホーニングしてから

スルッと収まる状態になったシリンダーとピストンを組み付け

スライドピンのブーツを交換組み付けして、グリスアップ後
リヤキャリパーピストンも組み付け⇒ブレーキホースを繋いで

前後のシリンダーから、キャリパー内とブレーキライン内に残っている
エアーを抜きながら、ブレーキフルードを交換して完了です
明日はちょっと・・・なので、継続検査に走るのは明後日の予定

S君、中々に良い状態になりましたのでまた10年は戦えると思います!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2017/07/19/8624504/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆