当社初入庫のホンダ・エリシオンの継続整備です2017年05月16日 23時39分

オイル交換にご来店されたエスティマから本日はスタート

本日お預かりしたのは当社初入庫のホンダ・エリシオン
現在の走行距離は約16万キロ、外装も磨き甲斐があります
お客様から、下からコトコト異音がするとの依頼で確認が必要です

今迄整備依頼していたお店からは、"大した音じゃないから大丈夫"と
言われて、そのまま乗ってらっしゃったようですが、消せる物ならと・・・

乾燥試乗時に音を確認、サスペンションなどのヘタリ音とは違う感じ
実際スタビライザーのステーなどにもガタは無し、色々見ていくと・・・

怪しい部分がまず1か所、下側から持ち上げられたような打撃痕があり
ロアーアームフロント側ブッシュ取付け部の下面が反りあがっています
隙間の少ないので、アームが動くと接触する可能性がありますので

下面を上から叩いて修正、右に近い位のスペースは出来ました
で、隙間の狭かった部分をよく見ればやはり接触痕がありますので
ここでビンゴだと良いのですけれど・・・それ以上に気になる部分もあり
それは部品の入荷が後になるようなので、後々の記事で載せますね

エンジンオイルとエレメントは、交換距離を超えていましたので
どちらも交換させて頂きまして、PENNZOILの5W-20を使用して注入

エアークリーナーのエレメントはもう少し行けるかな・・・でしたけど
なにせ走行距離結構乗られる車両ですので、新品に交換です

記録簿見ても交換歴が無かったので、スパークプラグ確認しましたら
やはり10万キロでの交換はされていないようで、接地電極が斜め摩耗!
どうして交換していないんでしょうか・・・は、お店の考えでしょうけど
これじゃコイルも心配・・・ただ新品プラグが間に合いませんでしたので
一度元に戻して、継続検査から戻った後に交換させて頂きます

2年前に交換されているブレーキパッドは現在6.2mm
計算上は2年後でもギリ持ちそうですが、1年後に再度確認させて
頂く方が良さそうです、また連絡させて頂きますのでお願いいたします
と言う事で、ブレーキフルードのみ交換してブレーキは大丈夫です

その他の部分は大きな問題も無く状態良し、錆びも少ないので
塗装はせず、エアー調整とローテーションをしたタイヤを装着し接地

規定トルクでクリップナットを締め付けて、リフトからPITへ移動

記録簿では、こちらも随分交換されていないみたいですね・・・
エアコンクリーンフィルターは中までびっしりと汚れが詰まっています

抗菌フィルター仕様のこちらのフィルターを装着させて頂きます

ワイパーゴムの交換をして、スキャンツールでの確認
過去故障でABSとビークルスタビリティに電圧低下異常がありますが

おそらくバッテリー交換された以前の異常コードが消されることなく
ずっと残っていたようですが、車検時位は確認すべきじゃないかなと^^;

その他のデーターも良い状態を示しております
エアーなどの吸い込みも無く、センサーも正常に信号出してますね!

バッテリーもバリバリに無劣化状態です、これで残した作業は2つ
明日以降、部品が届きましたら交換作業して納車な流れです

さて・・・メッキ部や塗面自体に荒れている部分もありますが
いつもの様に磨き作業を進めていきます、約1.5時間磨き込み・・・

これで勘弁して下さい:::な状態までには艶も触感も整いましたので

SpeedHeartのコート剤を使用して、塗面の保護をさせて頂きました
これで作業は完了、後は残した点が検査で指摘されないように祈るだけ

こちらは当社がお任せしている電機屋さんに依頼して
例のハイゼットカーゴに装着してもらった、お客様持込みバックカメラ
どこに付けるにしても穴あけになりますので、こちらに付けて頂きました
元々カメラ画角が狭かったので苦肉の策ですが、もう少し下が写れば

バンパー端迄入ったかな・・・それでもこれだけ写ればバックも楽ですね
こちらのハイゼットカーゴも、エリシオン同様明日継続検査に走ります



◆当社MAP 携帯用QRコード◆