MOVEの継続整備でお預かりです2017年03月06日 22時32分

L150 MOVEの継続整備お預かりです
天気がイマイチ・・・急ぎ洗浄してリフトへ移動です

先日ドアの取っ手壊しちゃったから交換しておいて・・・なご依頼
強く上に持ち上げた時割ってしまったようで、同色のガムテープで
補修されていましたけれど・・・これが実は曲者なんですよ^^;

リフトの上で乾燥させつつ、オイル交換やその他
各部のチェックを致します、ゴム類はほぼ交換しましたので問題無し

エアークリーナーもまだエアーブロー清掃でOKです
オルタネーターのベルトにはヒビも目立ってきましたが
今の使用距離でしたら、おそらく1年以上は大丈夫でしょう

スパークプラグはあまり距離をらない事も有り
前回の交換で通常のプラグを使用していますので今年交換時期

今後も走行距離は変わらない予定なので
通常タイプのスパークプラグを装着させて頂きました

距離の割にブレーキの摩耗が目立ちますので
今年はフロントディスクブレーキパッドも交換させて頂きました

スライドピンの固着はございませんので
乗り方の問題なのかもですが、又これで暫くは問題なく使えます

リヤブレーキは漏れや固着も無く、シューの残りも十分ですので
バックプレートへのグリスアップや隙間の調整を行いまして

前後シリンダーから古くなったブレーキフルードを交換です

さて・・・破損したアウターハンドルですがテープ剥がすとこの状態
根元からボッキリ逝ってますが、問題はテープの糊の跡です^^;

そのままでは爪もたたないので、ドライヤーで糊を緩めつつ
順にパーツクリーナーを含ませたクロスで拭い取る作戦で少しずつ

何とか全体の糊を剥がす事が出来ましたが、長期になると大変
皆様もテープなどで暫く放置する事はせずにすぐ部品交換して下さい

ハンドル自体は室内側からの取り外しになりますので、L150系の
MOVEの場合、インナーハンドル部のスクリュー1本に続き
ドアを閉める時使うこのパーツの後端部を浮かしてカバーを外し

中に隠れているスクリューを取り外してから、カバーのクリップを浮かし

ドアのインナーボードをまとめて取り外す必要があります

アウターハンドルのネジはこちらのサービスホールから取り外します
ネジを落とさない様に、ナットグリップタイプのソケットが便利です

コントロールロッドを切り離してアウターハンドル取り外した後
後は逆の工程で、新品のアウターハンドルを装着すれば完了です

汚れが溜まるエアコンクリーンフィルターも交換

交換後2年ですが、後2年で乗り換え予定との事で前回廉価版の
バッテリーを付けたツケが・・・2年保証終了後寿命を迎えましたので
こちらはお客様に確認してバッテリーの交換をさせて頂く予定です

その他、異常コードやリアルタイムデータ等は問題無し
ワイパーブレードゴム交換やライト周りの確認をして作業は完了

駐車場所の関係で、家の陰になる右のヘッドライトと
西日の当たる左のヘッドライトとの劣化の差が猪突に出ています

ボディーの磨きと一緒に、ヘッドライトレンズもキレイに磨き上げて
ボディー共々コート剤で保護させて頂きました、明日受験です



デリカトラックの継続整備と、インプレッサのスターターなど2017年03月07日 22時55分

1年前にウォーターポンプやら、タイミングベルトやら交換させて頂いた
デリカトラックが入庫、同じく継続整備ですが今年は問題ないかな

洗浄してリフトへ、エンジンオイルは年に一度の交換で対応してます
各部のゴム類も問題ありませんが、今年は別の場所に追加部品発生

フロントブレーキのディスクパッドが摩耗して、これ以上使うと
キャリパーのピストンなどにも負担が掛かりますので推奨品に交換

リヤブレーキは問題無しも、少しパーキング系のレバーが動き悪し
給油で対応させて頂きましたが・・・片効きしなければ良いのですが

その後はブレーキフルードの交換です、
ディスク側の汚れは大したことないですが、ドラム側は・・・でしたね

アクスル部など塗装をしてからエアー調整したタイヤを・・・
右フロントタイヤのエアーが少ない、チェックしましたらバルブ劣化
新しいバルブに交換させていただきましたが、ここ本当に多いです

接地後はエンジンオイル注入したり、エンジン各部確認したり

塗装しておいたワイパーアームに、劣化したワイパーブレード交換して
車両側へ装着、位置をしっかりと合わせてライト周りの確認で完了です

日曜日にスターター不良発覚したM監督のインプレッサ
リビルト品のスターターが入りましたのでお借りして作業です
取りあえずタワーバーとインタークーラーは取り外していきます

元々がラリー車なので石などが当たり何とも凄い状態のフィンですね
これ以上キズが増えない場所に、蓋をして避けておきます

インタークーラーの下、ここに見えるのがスターターです
ここまで外すと本体が丸見えになるので作業も楽ですね
バッテリーからの配線とスターター信号の配線を外し、ネジを外せば

本体が外れますので、一旦リビルト品の隣に置いた状態で
部品が間違っていないかを再度確認してから取付けていきます

バッテリーからの+B配線は接触不良しない様研磨して取り付けです

スターター装着完了、下のネジがしめ切れないのでリフトアップして

車体下側からトルクに注意し、ミッション側の取付けネジ締め付け
ちとバッテリーは弱くなっていますが、回転も元気になり一発始動!!
これでまた1か所は不安材料が無くなりました・・・イタチごっこですけど;;

継続検査合格して戻ったMOVE、豊橋往復充電しても状態変わらず
やはりバッテリーはダメでしたので、今度は充電制御車にも対応の
3年保証のバッテリーに交換させて頂きました、これで大丈夫です

室内などもクリーンアップ済ませて、お客様に納車させて頂きます
K様ありがとうございます、MOVEに"スマアシ3"出たら連絡致します



今日のライトエースもなかなかの長期使用車ですよ2017年03月08日 22時24分

本日はこちらのKM50系ライトエースお預かりしで作業です
ガソリン臭かったので、車体下部のついでに患部洗浄してから工場へ

漏れが出ていた患部はここ、こちらはキャブレター車なのですが
アクセルペダルとリンクされ、加速時に追加で燃料を+する加速ポンプ
このプランジャー上から、じわ~~と、キャブの下までガソリンが
垂れていましたので部品発注、どの位出ているかも確認しないとです

今年はリヤブレーキのオーバーホール時期でしたので分解
まだ状態は良いので、カップキットの交換だけで研磨は不要ですね

ピストンのダストブーツもセットになったカップキットに交換して組み付け

左右共にカップキットの交換をして、ブレーキシュー組み付け時に
バックプレートへのグリスアップをしてから装着いたします

ブレーキフルードは定期交換、キレイな状態を維持していると
ディスクシリンダーやホイルシリンダー内への錆も抑えられます

車体下部には防錆塗装、マフラーも塗って仕上げさせて頂きました

受験から戻ったデリカトラック、リヤブレーキがちと怪しかったそうで
来年再度、固着気味だったサイドブレーキリンクの確認ですね

まだ磨いていませんでしたので、ボディーの磨きと保護処理
室内の清掃等を行いまして、納車・・・ですが、どうも1度だけですが
スターターがカチカチと掛からなかったらしく再度バッテリー確認

やはり問題はございませんので・・・スターター逝く手前かもです

仕上げ完了いたしましたのでお客様へ納車
お渡しする時に、スターターの件をお伝えして注意して頂くですね

まだスタッドレスタイヤの車両もちらほら、MOVEもタイヤを
スタッドレスから標準のエコタイヤへ、付け替えの作業ですが
相変わらず雪が少なくて過ごし易い地区だなぁと思っちゃいますね



FF初代エスティマ、前後ブレーキオーバーホールです2017年03月09日 23時41分

本日入庫のエスティマも、FFになってからずいぶん経ちますね
当社でもこの初代の型はあまり見なくなってきました

露天駐車の為各部に苔が・・・高圧洗浄でしっかり洗い流しておきます

乾燥試乗後はリフトアップして各部の点検、エンジン関係異音大
一度ベルト外して確認、どうもテンショナーのベアリングみたいです
リブベルトと共に、テンショナー発注させて頂きました

他の部分はエアークリーナーなどもエアーブローで清掃
プラグもオイルもまだ交換時期になっていませんので、今回のメイン

以前ブレーキパッドが無くなりローター削ったため
今年はフロントのローターの交換含めた、4輪ディスクオーバーホール

まずはフロントからですが、やはりパッドが摩耗した側の左キャリパー
シール部より上に結構な錆の発生が見て取れますね・・・

洗浄したキャリパーを、ブラシなどでキレイにしていきます

パッドのキャリアもブーツ交換が必要、圧入タイプなので
この縁の部分を叩いてダストブーツを取り外してから

同じくワイヤーブラシで、錆を落としてから
スライドピンのホール部にグリスを詰めてからダストブーツ圧入

ダストブーツ圧入完了、劣化すると水などの浸入が危ぶまれますので
劣化する前に交換出来ればそれが一番、これで暫くは安心ですね

キャリパーピストンはウエスと洗浄剤+軽い研磨で復活
目立つ錆を取り除いてからホーニングブラシでシリンダーの磨き

ここまでキレイになれば大丈夫てです
グリスを塗ったシールをシリンダーに組み付けピストンを組み付け

ダストブーツの組み付けは、隙間から水などが侵入しない様
キャリパー上部の溝にしっかりブーツを組んでからCリングで固定

続いてはディスクローターの交換、一度パッド裏金で削られた上に
研磨するには錆が多かったので、新品のディスクローターを使用です

キャリアを組み付け、ブレーキパッドを装着
キャリアのダストブーツにグリスを振ったスライドピンを納めます

受験完了でまた1年間の車検継続したライトエースも外装&内装の
クリーンアップや保護作業、ガソリンの漏れは目立つ程では無いです
ただ1年後には同じ状態まで漏れが広がって来そうですから
部品交換は必要ですね・・・ただ部品も欠品で入らないので来年かな

最近調子の悪かった乾電池式のタイミングライトに加えて
点灯の安定しているバッテリー式のタイミングライトを購入しました

診断機に対応している車種なら点火時期は画面で確認出来ますが
キャブレター車などはコレが無いと点火時期が見られませんので
やはり無いと困る工具!?の1つであります、回転計も兼ねる機種です


エスティマの続き作業、夕方からはYGPクラブの集まりに2017年03月10日 22時28分

途中になっていたエスティマの作業の続き
フロントキャリパーを組み付けた後は、リヤキャリパーの取り外し

フロントと思うと状態は随分と良いですね、洗浄からの・・・

ホーニングを致しまして、キレイに磨いたシリンダーにシールを装着し
専用のグリスを塗り、同じくキレイになったピストンを組み付けて行きます

ピストンのダストブーツまで装着いたしましたら
リヤキャリパーをパッドキャリアに個体しましてホースも締め付け

前後のキャリパーシリンダーからブレーキフルードの交換

続いて車体下部の防錆塗装、駐車場の下が普通の土砂なので
雨の次の日などは水たまりも出来ますので、しっかりと塗装です

こちらはお客様からの御依頼、アームは塗装では無く
新品に交換して欲しいとの事で部品取り寄せて交換いたしました
ブレードも新品に致しましたので、とても見た目が良いですね

夕方からは、お仕事仲間「YGPクラブ」の会議へGO!
気の合う仲間達との情報交換は、やはり気持ちが前向きになります!
◆当社MAP 携帯用QRコード◆