バモスの修理と、ミラジーノの仕上げ作業など2017年03月29日 23時59分

さて…昨日お預かりしたバモスですが、プラグホールにオイルが・・・
実際各イグニッションコイルにもオイルが付着しておりますので
イグニッションコイルだけ交換しても、ここを治さないとすぐダメになりそう

と言う事で、カムカバーを取り外してガスケット交換も致します
オイル没しているプラグも取り外して、プラグホールもウエスで拭き拭き

このガスケットが問題の場所、カチカチ・・・の逆でフニャフニャになり
密着力が落ちてしまった模様ですので、カバーガスケットと共に
プラグホール側も新品に交換して、ヘッド側との密着度復活です

ヘッド側の接続部にはシーラーを塗布して、カバー装着!!

オイルが漏れる事が当たり前になっている、ヘッド裏のカムシャフト
ホールカバーも、新品のカバーに更にシーラーを塗布して交換
その後垂れていたオイルをパーツクリーナーで流して洗浄

こちらが交換部品、プラグはもう少し使いたかったですけれど
洗浄してもカシメ部分にオイルが滲みていた為大事を取り交換です

そして同じく、スパークプラグにはPREMIUM-RXを選択して装着

新品のイグニッションコイルを装着、オイル漏れも止まっておりますので
今回装着したイグニッションコイルは長期で使用出来るはずです!

オイル漏れの引き金にもなってしまうエンジンオイルですが
2000km程超過していましたので、一緒に交換させて頂きました
古くなったエンジンオイルは冷却性能や密封性が落ちますので
ゴム部品の劣化も早めます、定期交換で良い状態維持して下さい

本日受験に走ったパッソもタイヤや室内などの仕上げをして
夕方お客様がご自宅に戻られるタイミングで納車させて頂きます。

続いてはいよいよと言いますか、やっと明日継続検査に走る
ミラジーノターボ、まだ交換していなかったターミナルの交換や

色が落ちて来ていたワイパーアームの塗装を行いまして乾燥
お客様からもご依頼の、破損しているワイパーブレードも交換します

ワイパーアームが乾くまでの時間に、車体下部の防錆塗装や

まだ取り外したままになっていたフロントフェイスや
ヘッドライトリング、配線なども接続しながら取付けていきます

久し振りにちやんとミラジーノの顔に戻りました
エアー調整したタイヤをローテーションして取り付けて接地

塗装したワイパーアームに、新品のワイパーブレード組んで装着
続いてはボディーの磨き作業、とは言えルーフはクリアー層劣化限界
こちらは上からコート剤塗って撥水するまでで精一杯なのでご勘弁

クリアー層の傷を一皮削ったボディー、正直キズ自体が全部消える
わけではありませんが、コート剤で深みも増しキレイになりました

明日継続検査走った後問題無ければ、納車させて頂く予定ですので
M様長い間お借りしていて申し訳ありませんが、もう少しお待ちを!!

◆当社MAP 携帯用QRコード◆