AW11のリヤブレーキオーバーホール&LIVE行きます!2016年08月08日 22時40分

今日は土曜日にオーバーホールしたフロントに続き
AW11のリヤブレーキキャリパーをオーバーホールいたします
ピストンは抜けましたが・・・中から出て来た不純物見てビックリ
錆びも随分進んでしまっているようで、ピストンが心配・・・

その心配していたピストンですが、かなり頑固な付着物があり
虫食いも覚悟しましたが、磨いていくと・・・右の状態で安堵です
これならば漏れることなく、再使用が可能ですので一安心ですね

ジムカーナには欠かせない武器のサイドブレーキ
この時代のMR2は、キャリパーの中にパーキング機構が有る為
SSTを使い、順番に分解して部品の確認をしていきます

全ての部品が外れたら、まずはフロントと同様に
表面に付着した錆をワイヤーブラシなど使い削り落としていきます
SSTの関係で、片側ずつしかその機構が分解できませんので
まずは向かって左側だけを磨いてみましたが、随分スッキリしました

シリンダー内部もホーニング作業で、ピカピカに仕上がりましたので

パーキングブレーキ機構を1つ1つ組み付けて行きまして
その後、ピストンシールを組み付けピストンを納めてから
ダストブーツにグリスを塗り水などの浸入を防ぎつつ注意しながら

全てのゴム部品を組み付けて、片側が完了です
同じ作業をもう片側にも行いまして、2つとも組みあがったら

リヤブレーキローター部に装着して行きます
ゴムのブレーキホースも、今回ステンメッシュ品に変更ですが
箱D選手権で使用する、足回りのショックアブソーバーがまだ無い為
ショック部のクランプ位置が分かりませんので、本締めはその時に・・・

サイドブレーキワイヤーも取り付けて本日はここまで
O/Hしたブレーキとフルメタルパッドで、サイドターン出来ると良いなぁ

フロントブレーキ側にもステンメッシュのブレーキホース装着
ただこちらも同じく、ショック部のクランプが分かりませんので
キャリパー側での本締めはその後ですね、お借りする物は多いけど
皆様の気持ちで走らせる事が出来るのは本当にありがたい限りです!

お盆前の最終営業日13日は少し早く閉店して
名古屋 Blue Note迄、KOKIAさんのLive聴きに行ってきます!
因みに…Blue Noteは音響良いのか、ちと心配(某所が酷かった為)

12月にある kalafinaの、strings Liveも無事FC枠チケットをGET!
愛知県芸術劇場コンサートホールで、弦楽器&ピアノでのLiveと言う
3人の歌姫のコーラスワークに聴き入るには素敵な時間になりそう

今年は、安田レイちゃんや近藤晃央君も聴けたし豊作な年で最高です
ただこの2人も、ボトムラインじゃなかったら更に良かったのに^^;

◆当社MAP 携帯用QRコード◆