本日のekワゴンも当社初継続作業&エプリィのタイヤ交換も2016年06月03日 22時29分

今迄オイル交換だけご来店して下さっていたekワゴン
急遽車検の御依頼を頂き預かるも・・・何と車検期日は今日まで!!

前検査も考えましたが、やはり何かあるかもと色々と心配なので
臨時運行許可頂いて受験に走るの決定~(;´▽`A`` で洗浄開始

洗浄後は本日ご予約頂いていた、こちらも初入庫のタイヤ交換な
スズキのエブリィワゴンから作業いたします、他に2点ほど確認事項も

タイヤ見てビックリ…良くぞ此処までキレイに摩耗したなぁ状態
他ベルト鳴きとブレーキ鳴きの確認を頼まれましたので確認しましたら

ベルトはスズキ定番の緩み、ただブレーキはパッドがありませんがね!
連絡して、交換は購入店でとの事でしたので、早く行って頂かないと!!

とにかく御依頼されたタイヤ交換を急ぎ進めさせて頂きます

タイヤ交換後はウエイトも半分以下になりましたし、
ベルトとブレーキ修理して頂ければ、気持ち良く走れますよ
I様ご依頼ありがとうございました、早めに直してあげて下さいね

さて、ekワゴンの作業に戻りまして各部の確認ですが
各部のゴムブーツの状態がまだ5年目とは思えない状態ですね
こちらはタイロッドエンドブーツ、結構深い亀裂が入って来ています

ロアーボールジョイントのブーツも同様、両方とも交換させて頂きます

ナックル取付け部のボルトの腐食が、右と左でトンデモな違い
左側はハンマーで叩かないと抜けてこない状態でした・・・

接合部の取り外しもタイロッドエンドと
右のロアーボールジョイントはスムーズでしたけれど

左側は錆がどこかに引っかかる感じで全く抜けず
結果フリーズ潤滑剤や、クサビ打ち込んだりしてやっと分離
各部の腐食もなかなかのものでしので、固定ネジの凹み部なども

サンドペーパーや丸棒ヤスリを使い、取付け時の利便性を高めます

全く腐食が無かった右側はこの状態、接合部もピカピカです
ジョイント部の確認後、各ジョイントにグリスを詰めてブーツ取り付け

切り離していたジョイントとナックルを接続してネジで固定
これでまた5年程は、今のままの使用でも大丈夫だと思われます

ブレーキ等は錆も固着もありませんでしたので
シューの残りを計測してバックプレートへのグリスアップと
ドラムとの隙間を調整して、ドラムハブを固定していきます

セルフロックナットを使用して規定トルクで締め付け
三菱系の軽は、ちょっと締めすぎただけで、異音発生する為注意です

その後は定期交換なブレーキフルードの交換
今日のekワゴンも・・・やはり前回交換されていませんで
キレイになるまで結構量を使って押し流し出しましたので

マスターシリンダーのタンク内からブレーキラインまで
新しいブレーキフルードで満たされて、とてもキレイになりました!

ekワゴンのスパークプラグは、通常タイプが使用されていますが
走行距離は使用限度を完全に超えていますので交換させて頂きます
こちらは部品が間に合わず、また明日改めて新品取付けします!

ワゴンRの受験からの継続完了で、残りのクリーンアップ
すぐ逝くかどうか不明なバッテリーは状態見つつ使って頂くように
お客様にお願いしてまいりました、O様ありがとうございました!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2016/06/03/8102651/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆