スズキkei-works お預かり、ブレーキオーバーホールです2016年05月25日 23時51分

Kei-works お預かりからの継続検査の為の点検整備です
まずは車体下部洗浄から、乾燥試乗を経てリフトアップ

前回リヤブレーキキャリパーが固着してしまった車両ですので
心配されるフロント側のブレーキもオーバーホールです

現在固着している様子はありませんが、大事を取っての作業です

取り外したフロントブレーキキャリパー、続いてピストンを抜いていきます

飛び出し防止のホースの緩衝材を挟んで、エアーで押し出し
やはりスムーズにピストンも抜けて来まして、固着している様子は皆無
ただ内部のフルードは黒ずんでいまして、シール部が溶けているのか
見た感じピストンシール交換時期でしたので、丁度良いタイミングかも

洗浄磨き後、ピストンのメッキ剥がれも無く、表面はピカピカ
シリンダー内部にも錆は少なく、軽い研磨で問題無しですね

ピストンシールをシリンダーに取り付けて、ピストン装着
ダストシールの隙間から水や埃が入らない様、注意して組み付けます

ピストン内壁錆びから見ても、ダストブーツの効果が分かりますね!
これで組み付けは完了、スライドピン等もグリスやダストブーツの
交換をして、専用グリスを塗った後にキャリア側に装着します

装着完了したフロントキャリパー、リヤキャリパーの確認後
ライン内の入り込んだエアー抜きつつ、ブレーキフルードの交換です

エンジン側では、エアークリーナーはまだキレイでしたので
スロットルボディーに洗浄液噴霧して、エアーブロー後に装着

オルタネーターとエアコンのベルトはお客様依頼で交換
ヒビも入り始めていましたので、確かにそろそろ交換時期でしたね

新しいベルトを装着して張りの調整ですが、スズキ系の車両は
結構張りが強いので、まずそこそこに調整して明日受験⇒帰社後
あらためて、張り具合の調整をしますのでカバーは外したままです

錆が目立って来ていたワイパーアームは、ゴムの交換前に塗装です

ワイパーの取付けやライト周りの確認後
ボディー&ヘッドライトレンズの磨きをすれば作業は完了
これで明日受験に走る準備が出来ました

本日受験に走ったハイゼットトラック、受験合格して
今迄の車検期日から、又2年乗ってもOKなステッカー頂けましたので
残りのクリーンアップ後お客様にお渡しでございます、K様感謝です!!


◆当社MAP 携帯用QRコード◆