マツダボンゴお預かりして作業、リコールも手続2016年02月16日 22時27分

本日はボンゴトラックをお預かりしました
入庫願いの電話した時にリコールの封筒が届いてるとの事で
確認して頂きましたらエアバックとの事でしたので、すぐマツダに連絡
明日ディーラーへ来店して、交換作業の手続きは完了しましたので
予定通りに進めば、明日受験の帰りに作業して頂ける予定です

荷台の幌がトンデモな高さですので、リフトアップしても高さが・・・
工場がもっと高ければ良かったんですけれどね、これは仕方ないです
いつもの廃油受け「ヤマダ君」は使えませんので、ペール缶で受けつつ
 
ブレーキもこの高さで作業です、駐車されている場所が・・・のせいか
ブレーキ内部にも湿気が籠るのか、長年の使用でピストンの表面が
荒れてしまってからと言うモノ、3年でここまで錆付が出て来ます

シリンダー側はホーニングすればまだ何とかキレイになるのですが

ピストン側は、錆が発生して以来表面を研磨し続けている関係で
虫食いとは違うんですが、どうして荒れ具合が気になりますね・・・

シリンダー側がキレイになっていれば、元々カップ部でシールするので
液漏れは出ないのですが、あまりスムーズには動かなくなってますし
次の交換時期には、シリンダーASSYでの交換が良さげですね・・・

隙間を調整してドラムを取り付けた後は
ブレーキフルードとクラッチのフルードの交換で完了

その他の各部は問題なく、車体下部の防錆塗装後タイヤを装着
ライト廻り等残った部分の点検をして、ボディを磨けば受験準備完了!

ホンダフィットも無事合格して帰還、タイヤやホイール
室内仕上げをして納車させて頂きました、W様ありがとうございました


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2016/02/16/8021289/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆