キャンターの続き作業です、speedheartの洗浄剤凄い!!2016年01月20日 22時45分

昨日交換したタイロッドエンド、締め込み長さもたぶん大丈夫の筈
とは言え心配なので、組合のテスター場で確認してから検査ですね

本日はブレーキやハブベアリンググリスなどのメンテナンスと
オイル漏れしている、オイルプレッシャースイッチの交換等進めます

ブレーキは漏れも無くカップ交換等の分解はまだ来年で大丈夫
グリスアップ等の一般的なメンテナンスをして組み付けていきます

ハブベアリングにはプレロード(与圧)調整もしてから
ベアリングが緩まない様、ロックナットとプレートで固定しシール取付け

ブレーキフルードの交換もさせて頂きます
トラックのドラムブレーキは、荷重がかかる為かやはり汚れますね
クラッチもレリーズシリンダーからフルードの交換をしておきます

オイルプレッシャースイッチですが、オイルとエレメントも同時交換です

こちらは交換後の写真、オイルエレメントの下に見える
キレイになった小さな部品がソレですが、これが逝ってしまうと
オイルの漏れる量は半端ないですから、大切な部品なんですよ!

さて・・・オイルが漏れてベタベタになった部分の洗浄に
新洗浄剤投入です、自然乾燥タイプのパーツクリーナーですが
原液だけの状態で缶に入っていますので、スプレーに移して使用
先日speedHeartのS君が来た時見せてくれて気に入り、購入した品で
ともかく油分の除去能力は、今迄のパーツクリーナーの倍くらいの威力

そんな事で、加圧したスプレー缶から洗浄液を噴射!!!
とは言えジャージャーかけるわけではなく、全体に流した位の量です

遅乾タイプですので、みるみる内には乾きませんが
乾いた後確認するとこの通り、使用した量と効果からするとお得!!
この後さらに洗浄して、各部の油分を全部除去した後に

ナックルやプロペラシャフトのグリスアップをした後に
車体下部のアクスル部に、防錆塗装をしてタイヤの装着ですが
フロント用のスペアタイヤが、空気圧完全に0でしたのでチェック!

原因はエアーバルブでした、新車からのモノがずっと・・・
良く持ったと言うべきでしょう、新しいバルブに交換してエアー調整

ライト周りの確認やワイパーブレードゴムの交換
ボディーのポリッシャー磨きや、コート剤での保護を済ませて
明日受験に走る準備は完了です、帰社したらすぐ納車させて頂きます



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2016/01/20/7997674/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆