エスティマの継続検査お預かり、空間浄化施工等も2015年12月02日 23時20分

本日はこちらのエスティマお預かりいたしました
こうしてみるとMCR系なエスティマって結構前のモデルなんですよね
お客様からの御依頼事項も有りますので、急ぎ車体下部の洗浄して
乾燥しながら試乗、2年前に色々作業した分元気一杯で良く走ります!

"エアコンを入れると室内のタバコ臭が気になって"との御依頼で
消臭と言えばアレ!・・・をご了承頂き施工することらなりましたけれど
その前にシートやマット、カーペット等の掃除をしっかりしておかないと
効果が半減してしまうので、シートも叩きながらエアブローして
生地の隙間に隠れている、細かい埃などを飛ばします(↓見えるかな)

そこまで進めたらまず通常の、継続検査に走る為の24か月点検整備
ブレーキパッドなども車検から車検までの途中で交換されていますし
問題になる部分は少なく、良いペースで作業進められそうです

走行距離的にはもう少し使えそうでしたけれど
汚れは随分出ていましたので、エアークリーナーエレメント交換

問題の無かったブレーキも、パーキングブレーキドラムの隙間調整後
古いブレーキフルードを抜いてから、新しいフルードでタンクを満たして
各シリンダーから、ブレーキフルードの交換をさせて頂きました!

こちらのエスティマも某仕事で時々使われていますので
下からの湿気などで錆が浮く為、アクスル部のみですが防錆塗装
エアー調整後ローテーションしたタイヤを装着して、接地です

そしてお客様にご提案させて頂いた「エアーキャタライザー」と言う
空間浄化持続システムな物、タバコ消臭等で1年程効果が持続します

まずはエアコンクリーンフィルターを外した状態にしますが
なるほど・・・これだけでも臭いが出てしまう理由が分かる状態です^^;

装着する新しいエアコンクリーンフィルターには
まず消臭効果を長期に維持させる液剤を全量スプレーして
暗所で自然乾燥させるのですが、時間がかかりますのでこの間に

室内に染み付いた臭いを中和する液剤のスプレーを
箱のこの部分にセットしてから、内気循環にして室内に設置して

窓を閉め切った状態で、後席から車内中央に向けて空になるまで噴霧
ロック機構が付いていますので、その状態のまま窓やドアを
開けないようにして、中に液剤霧を充満させた後30-60分放置です

その頃にはエアコンフィルターに吹き付けたスプレーも乾燥しますので
車両取付け前に、もう1点フィルターにセットするシートがありますから

そのシートを"VVVV"に織り込み、フィルター中央部にセット
その後車両側にセットして、外気導入にしてエンジン始動!
ドアも全て開けたまま、薬剤の臭いが落ち着いてくれば施工完了です

その間に黄ばんだヘッドライトのレンズを受験の為にも・・・

光度が出るように磨いて、ボディーもポリッシャーで磨き
ドアミラー等の細かい傷などもしっかり消して、コート剤で保護します

ボディ磨きと保護完了、室内の臭いも落ち着きました♪
重たいと言われていたスライドドアーアウターハンドルは給油して
様子見て頂く事になりましたが、知人はワイヤー側が原因かもと(^^;)
明日受験に走り、お客様に確認して頂いて作業するか決める事に!

受験合格したアクティトラックは、室内の仕上げをして本日納車
K様ありがとうございました、ロアーアームはくれぐれも
早めの交換をおススメいたしますので、注意して使ってくださいね!


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://move.asablo.jp/blog/2015/12/02/7936943/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

◆当社MAP 携帯用QRコード◆