ハイゼットカーゴの車検やプーマ号のパーツとか2015年03月09日 23時14分

本日はハイゼットカーゴが入庫です、車体下部やエンジンルーム洗浄

乾燥&試運転後はいつものようにリフトアップ
各部の状態を確認して、部品の発注をしていきますが

今回の問題点はタイロッドエンドブーツ
一見すると良さそうに見えるのですが、見えない側には・・・

取り外したブーツを指でグッと力入れますと
見た目は小さな亀裂でしたが、パカッと口を開けてしまう状態

ジョイントの確認をして古いグリスを新しいグリスに入れ替えて
ブーツを打ち込み、ナックルにタイロッドエンドを接続し左右交換完了

ブレーキはこちらのハイゼットも問題ありませんでしたので

ブレーキフルードの定期交換で大丈夫ですね!

試運転で気になったベルトのキュルキュル音
確認しましたがベルト自体はまだ大丈夫そう、全部の張りを調整し
ドライ潤滑な専用パウダースプレーを噴霧して様子見です

こちらのハイゼットカーゴ、以前始動時から暖機が済むまで
どうも排気漏れしているような音が続いていまして調べてみたら
エキゾーストマニホールドに亀裂が発生するらしく、その亀裂自体は
冷えていると開いているものが暖まると膨張して閉じてしまうため
排気漏れの音が消えるという事らしく、ダイハツに相談するとギリギリ
延長保証で対応できましたので、無償修理してもらったのですが
それがこの部分、やっと焼けてきたくらいのキレイな状態ですね!

ハイゼット&カーゴに乗ってらっしゃる皆様も
同じ症状が出ていましたら、延長保証で修理出来る可能性が高いので
なるべく早く、行き付けの車屋さんに相談してみてくださいね!

錆の目立つ車体下部には防錆塗装を処理しました

ホイール同じく塗装して、足元からキレイに仕上げます

タイヤ装着して接地後、エアークリーナーエレメントの交換と

スパークプラグの交換、こちらは一般プラグ使用の為定期交換です

ということで、今回も通常タイプのプラグ装着
距離もまだ12万キロ程度ですし調子も良いのですけれど
こちらのカーゴもいつ代替えされてもよろしい年式ですからね^^;

傷や凹みも多く、完全にピカピカ・・・というわけではないのですが
それでも当初と思えば十分きれいになったと思います、明日受験です!

車検と同時進行で、昨日受け取ってきたGTウイングのステーを
ウイングとの一体感高めるように、マットブラックに塗装して装着

でウイングもセットですが、ダウンフォース発生すると
ジムカーナの場合、アンダーの増長になると意味がないので
水平から離陸方法(笑)に向けてセット、純正ウイングほどの存在感は
ありませんけれども、レイナのGT-Rな小さ目リヤスポイラーだけじゃ
寂しかった見た目も、多少は良くなった気がします・・・

そして肝心のトランクオープナーも、この重さでもしっかり効果ありで
パカッと開いた処で一度止まってくれる様になり、めでたしめでたしです!
◆当社MAP 携帯用QRコード◆