プリウスにステップワゴンに、PUMA号に又問題が!2015年02月06日 22時13分

2代目プリウスのオイル交換依頼からスタート
走行距離からATFも交換時期なので一緒に作業させて頂く事に!

まずはエンジンオイルの交換、今回はエレメントの交換も同時に

その後はモーター冷却兼ねたATFの交換をいたします
やはり少々濁りが出て来ていますね、交換後はフィール良くなりそう

20プリウスのドレーンにはマグネットが付いておりますので
装着前にはしっかりと鉄粉を拭き取って♪、これ30系は無いのになぁ!?

使用するのは毎度お馴染みのATF-WSでございます
とっても低粘度で、燃費重視しているプリウスには最適なのでしょうね

ステップワゴンの12か月点検もお預りしましたので作業
登録から2年目、走行距離も10000km以下ですから・・・

パーキングドラムの隙間調整を行いまして
他はエンジンオイル、タイヤローテーション位かと思いきや・・・

タイヤに異物発見、抜いてみましたらエアーがプシュー(^_^;)
そのままパンクの修理を行ってから、ローテーションして取り付け

ポケットにキーフリーのイモビライザ入れて作業していると
2度ほど「ワイヤレスキーバッテリー低下」の表示がインパネ内に表示!
大事を取りまして、ボタン電池なバッテリーを交換して完了です
その後洗車や室内清掃を行いまして、納車させて頂きました!

帰社したラシーン、以前クリーンプラスを添加していたエンジンオイル
交換後3000km手前ですが、しっかり汚れが溶け込み、茶色に
染まっていましたので、納車前にオイル交換も致しましてお渡しです

タイヤや室内もクリーンアップ完了いたしましたので
夕方引き取りに来られるお客様にお渡しです、K君ありがとうございます

さて・・・前オーナーから引き渡された時から
ずっと気になっていた純正リヤウイングの横揺れ・・・
原因を探ろうと、ウイング外した見たのが運の尽き
見てはいけない状態が目の前に・・・取り付け部の錆と共に
ウイング側ステー固定底面部も錆びてボソボソ・・・正に"知らぬが仏"

こちらがウイング側のボルト&ステー部・・・ヤバす!!!
これじゃネジ締まってても、しっかり効いてないですよね

こちらがトランク側の取り付け部・・・こちらもホントにヤバす!!
トランクパネルのクラックと相まって、そりゃ揺れて当たり前状態(~_~;)
ある意味、ウイングが飛んでいかなくて良かったですよ

そんな事で、新たに某部品発注しましたので
今シーズンはガラッと印象が変わってしまう事になりそうです・・・(^^ゞ

朝一出張で修理&メンテからの、ミラとPUMA号2015年02月07日 21時27分

朝一でエンジンがかからないとの出張依頼で出動
テスターでバッテリー確認してみますと、要交換の指示で逝ってます
そのままジャンプスターターで始動して引き取り後
バックアップを取りつつバッテリー交換、システム点検もして完了

そのまま納車・・・と思いましたが、バッテリーの保証書記入する為
総走行距離確認しましたら、ドアに次回交換を3000km超えた数字が!
一緒にオイル&エレメントの交換も行って、その後納車させて頂きました

さて、本日は本戦用(?)のアドバンRGから、転がし用ホイールに付替え

実は以前手に入れた、ハヤシストリートがあったのですが
表面が錆びやすい為こちらのホイールも程度は良い物のやはり白ボケ
これを時間のある時に少しずつ磨き込んでいたのですが・・・

今日までにやっと大体の磨きが完了いたしましたので
意を決して装着する事にいたしました、なかなか良いテカり具合でしょ

装着前に、元々ちと短いリヤハブのボルトを、10mmほど長い
クリップボルトに打ち替え致しまして、装着時の安心感を増しておいて

仕上げ磨きの後、何せ錆びやすい昔のホイールですから
表面には撥水を兼ねてホイール表面に保護剤を塗布してから

バランス調整後いよいよ装着、インセットも完璧!とは言いませんが
なかなか良い感じですし、ハヤシ独特の旧車感が好きなんですよね

ちょっと近所までドライブしつつ、とある埠頭でパチリ♪

印象も変わりますね、サイドが少し寂しいので今後思案しますが
普段の転がし用ホイールとしてはとても満足出来る逸品です
装着されていたタイヤもたまたまエコピアでしたので、燃費も伸びそう!

さて・・・満足な形になりつつあるミラに対して、先日問題発覚した
PUMA号、修理も効かないし、思い切ってトランク交換する事にしました
そんな事でバックドア取り外して、CK2Aなる一般のオジ様ランサー用
穴の開いていないバックドアへの交換作業をいたしました

配線やランプ類などを移植して、取りあえずバックドア仮止め
リヤ周りが軽くなったのは自覚できますが・・・何ともショボいですね
しかもなんじゃこの白さは!!、白ゲル処理に見えてしまうくらい白いです
これは・・・元のカラーナンバーが違うのか、PUMA号が黄ばんでる?(爆)

でこの後やっちまいました・・・軽くなったバックドアでは
ウイング付トランクの強すぎる反力を是正しようと、2本のトーションバー
の1本を外してみたんですがこれが大失敗!!、ステーにかかる荷重に
左右差が出来て、トランクが真っ直ぐ下がらない為、マトモに閉まらない!

しかもこれはヤバイと元に戻そうにも、そんな硬さのトーションバー
なので、何ともならず板金屋さんに救援要請!!

苦労しつつも、板金屋さんと2人何とかトーションバーバネを
元の位置に納める事が出来まして、無事閉まるようになりました
いや~ありがとうございます、1人じゃ何ともならんかったです(^_^;)

とは言えこのままでは開く力が強すぎて、
上にヘルメット置いたまま開けたら、車を越えて飛んでいきそう(爆)
軽量化生かすなら、元々このバックドアが付いていたランサーの
バネ使う方が良いでしょうが、後で羽根付けるのならば
今のバネのが良くなってしまうし、もう少し悩んでみますかねぇ・・・(^_^;)

またA君が遠方より来たる!、お土産買って晩御飯は某所で!!2015年02月08日 22時38分

天気予報が外れたのか、今日も朝からしとしと雨が・・・
"洗濯物が乾かないから"と、コインランドリーの乾燥機から戻った母親

乾燥機でほっこり暖かくなっている洗濯物を、今に広げるや否や
どこからか現れた"神楽ちゃん"がその中にもぞもぞと潜り込み
とろ~んとした目になっていたので、パシャリ!と撮影したはずが
フラッシュが光った為に"なに撮っとるねん!!"な表情に(^^ゞ

ちと暗かったか、と室内のライトをつけて再度パシャリ
とまぁ本当の神楽ちゃんは、精悍さの無いマイペースな子です(^_^;)

寒い中本日もPUMA号のメンテナンスをアレコレ
始動直後のマフラーからは、寒いのが伝わる大量の水蒸気が!!
エンジンも絶好調で、ひと段落していると、先週浜松のT君の工場にも
岐阜に行く途中"ついで"に寄った、全日本ドライバーのA君が
"遊びに行っていい!?"との電話連絡で、聞けば今日は自身のエボの
メンテで岐阜から戻りで厚木に帰る"ついでに"渥美まで来るそうな(^_^;)

さすがにここまで来てもらうのも申し訳ないと
豊橋でご飯食べながら会う事にしまして、急ぎ彼の好きなお土産を!!

走った先は赤羽根の道の駅「ロコステーション」へ
ここでマルシェを出している、宮じいさんの"喜美農園"が目当てです

A君の大好物は"トマト"、今は旬じゃないので品種は限られますが
それでも最近流行の「あいこ」これは良いですよ、中身ぎっしりで甘い♪
500円分×3袋購入、これにお土産まで頂いてホントスイマセン(^_^;)
相変わらず宮じいさんのトマトは美味しいですし、感謝感謝です

一緒に行くことになったM監督と共に、予定時間には少し遅れましたが
待ち合わせ場所のクラシカルコーヒーロースターで、無事合流
A君は今年ダブルエントリーされる女性ドライバーTさんを同行されてて
4人で毎度のアメリカンなディナーを食べながら、皆ジムカーナドラらしい
とっても濃ゆい話題で盛り上がりまして、楽しい1日になりました♪

お土産のトマトも好評でした、今シーズンは4人とも
良いシーズンを過ごせる1年にしたいですね、頑張りましょう!!

出張やハイゼットの継続検査、費用の関係がいろいろと2015年02月09日 22時24分

今日も朝から始動不能の出張依頼があり
テスター持って確認もやはり「要交換」でしたので始動して回送
バッテリーの交換作業からのシステム点検も問題無しです
ただ走行距離が少なすぎる為にバッテリー逝くのが早い感触です

エンジンオイルもまったく交換されていませんでしたので作業(^_^;)
エレメントも交換して、7割ほどまで低下していたタイヤエアーも調整

エンジンオイルの注入ですが予想通り近距離での使用が多い確証が!
エンジン内の水分が完全に蒸発する前に停止してしまっている為
ヘッドカバー上部やフィラーキャップ部分に乳化物質が・・・
こればかりは使用目的が変わらない限り是正出来ませんので
始動後はある程度の距離乗って頂くしか、方法が無いですから困ります

本日入庫して頂いた車検は、こちらのハイゼットトラック
とある理由で、あまり金額を掛けるわけにはいかない車両なのですが
年式からすると、どうしても不安部分が多くなっている時期ですしね^^;

先ずリヤタイヤ・・・完全に山無しですが新品タイヤ付ける訳にもいかず
当社解体車両から、今より山が有り車検場問題無い物を探して付替え

マフラー後でエキゾーストパイプが折損・・・実は2年前
奥の出口付近は溶接修理済み、次から次でキリが有りません・・・

それでもマフラー交換は高価ですから、今回も溶接で修理

仕上げにマフラーパテで保護して修理完了、これで車検もOK

リヤブレーキは前回分解していますので、状態も良く
漏れや固着も無いので、グリスアップや隙間の調整です

フロントもキャリパーは固着など無く大丈夫なのですが
ブレーキパッドがもう3mm切り・・・交換したいところですが
車検には受かりますので、費用抑える為に今回はそのまま使用
ただ定期交換のブレーキフルードは、交換をさせて頂きました

カムカバーのガスケットから、エンジンオイルもじゃじゃ漏れ!
当然このままでは車検には受かりませんので修理が必要です

と言う事でカチカチに硬化した、カムカバーのガスケット交換です

エンジン内部の状態は130000km近く走られていますがOKです
接触面の汚れを拭き取り、前部カムキャップ部にシールパッキンを塗布

ガスケットを交換したカムカバーを取り付けて、
オイルが流れていた部分をパーツクリーナーで洗浄

前回の車検から33000km乗られたプラグは
中心電極がこんなに丸くなっておりますので交換です

新しいプラグとの電極の差は歴然です、これがエンジン性能以外に
COやHC等排気ガスの状態を維持する為にも効果が高いんですよ

ロアーボールジョイントとタイロッドエンドブーツも亀裂が・・・
こちらも取りあえず車検通過させられるように、ボンドで接着して修理

エンジン始動して暖機しつつ、車体下部の塗装をした後
あらためてオイル漏れ確認いたしましたら・・・エレメントからも漏れが!!

普段当店でのエンジンオイルの交換時をされていませんが
エレメントは随分交換されていない模様・・・オイル交換時期には
余裕が有りましたので、オイルエレメントのみ交換させて頂きまして

抜けた分だけのオイルを補充して、ライト周りの確認です

ゴムが切れていたワイパーゴムも仕方なく交換
ホーンも鳴らずでしたが、こちらは定番のコネクターでしたので
接点の研磨修理で復活、心配なのは自身で交換されたと思われる
ヘッドライトのバルブです・・・俗に言う明るく見えるホワイト(青い)バルブ
見た目の明るさと裏腹に、光度が全く出ない事も多いので
大事を取って、明日は通常のH4バルブも持参して受検行ってきます

ちなみにこちらのハイゼット、バッテリーも「要交換」ですし
10万㌔毎交換のタイミングベルトもまだ交換しないまま既に128000km
色々な意味で、お金掛けざるを得ない時期なのは間違いないので
U様、出来ましたらしっかり修理して安心して乗って頂きたいです^^;

ワゴンRの点検やオイル交換、ハイゼット納車等2015年02月10日 21時43分

当店初入庫なワゴンRの12か月点検です
一緒にパンク修理の依頼ですが、先に確認しましたら
残念ながらタイヤの横を切ってしまっており修理不能の為
新しいタイヤに交換させて頂きつつ、点検作業開始です
走行距離はまだ9000kmに届かないくらいですので、エアクリ清掃や

アイドリングスタート専用バッテリーも、対応テスターで確認!

破損してしまっているタイヤの交換、この部分に穴が空いちゃってます
お客様パンク修理剤で修理しようとしたようですが・・・横はダメなんです

タイヤを取り外しますが、取り付ける前に流し込まれたパンク修理剤を
キレイに取り除かないといけませんが、大量に流し込まれるもんですね!

ホイールに残った修理剤をきれいに拭き取ってタイヤの装着
とその前に・・・曲がってホイールキャップ装着されていたため

サポート部分で押されて破損していたバルブも交換させて頂きました

アンダーカバーを取り外してオイル交換ですが
スズキは3本爪のSST使うんですよ、ファスナーの作りが特殊ですね^^;

リヤブレーキ確認の為、ドラムを取り外しますが
スズキはここにも気を使います、まずグリスキャップ
変形させると隙間から水や埃が入りやすくなる為再使用する為SSTで

ドラム取り外しまして、フロントディスクと共にブレーキカスの清掃後
ブレーキパッドの残りやリヤブレーキシューの残りを計測

漏れなども一緒に確認して、隙間の調整を行いましてドラム取り付け

左右入れ替えたハブナットを規定トルクで締め付け、カシメまして

外したグリスキャップもまた変形しない様、治具を使い打ち込みです
ライト周り確認後、車内外の洗浄や清掃を行いお客様に納車です

本日はオイル交換も数台御来店、
こちらは当社でも3本指を争う多走行なS-MXのA君
245,000km越えでオイル交換、1年後の車検までに何キロまで行くのか!

ただバッテリーが結構弱くなってますので
このままでは車検の前に、交換が必要になりそうです(~_~;)

本日受検に走ったハイゼットトラック、やはりヘッドライトの光度不足で
持って行った、通常タイプのハロゲンバルブに交換して受検し合格
戻ってからはいつもの磨きを開始です、左は磨いた方右はこれから
こうしてみると、劣化して見えますが磨けば艶も蘇りますね

外も中もキレイになりましたので、お客様の元へ納車
昨日確認した要修理部分もお伝えいたしましたが、作業させて
頂けるかどうかはまだ未定・・・U様、意識して注意してお使いくださいね


◆当社MAP 携帯用QRコード◆