出張やハイゼットの継続検査、費用の関係がいろいろと2015年02月09日 22時24分

今日も朝から始動不能の出張依頼があり
テスター持って確認もやはり「要交換」でしたので始動して回送
バッテリーの交換作業からのシステム点検も問題無しです
ただ走行距離が少なすぎる為にバッテリー逝くのが早い感触です

エンジンオイルもまったく交換されていませんでしたので作業(^_^;)
エレメントも交換して、7割ほどまで低下していたタイヤエアーも調整

エンジンオイルの注入ですが予想通り近距離での使用が多い確証が!
エンジン内の水分が完全に蒸発する前に停止してしまっている為
ヘッドカバー上部やフィラーキャップ部分に乳化物質が・・・
こればかりは使用目的が変わらない限り是正出来ませんので
始動後はある程度の距離乗って頂くしか、方法が無いですから困ります

本日入庫して頂いた車検は、こちらのハイゼットトラック
とある理由で、あまり金額を掛けるわけにはいかない車両なのですが
年式からすると、どうしても不安部分が多くなっている時期ですしね^^;

先ずリヤタイヤ・・・完全に山無しですが新品タイヤ付ける訳にもいかず
当社解体車両から、今より山が有り車検場問題無い物を探して付替え

マフラー後でエキゾーストパイプが折損・・・実は2年前
奥の出口付近は溶接修理済み、次から次でキリが有りません・・・

それでもマフラー交換は高価ですから、今回も溶接で修理

仕上げにマフラーパテで保護して修理完了、これで車検もOK

リヤブレーキは前回分解していますので、状態も良く
漏れや固着も無いので、グリスアップや隙間の調整です

フロントもキャリパーは固着など無く大丈夫なのですが
ブレーキパッドがもう3mm切り・・・交換したいところですが
車検には受かりますので、費用抑える為に今回はそのまま使用
ただ定期交換のブレーキフルードは、交換をさせて頂きました

カムカバーのガスケットから、エンジンオイルもじゃじゃ漏れ!
当然このままでは車検には受かりませんので修理が必要です

と言う事でカチカチに硬化した、カムカバーのガスケット交換です

エンジン内部の状態は130000km近く走られていますがOKです
接触面の汚れを拭き取り、前部カムキャップ部にシールパッキンを塗布

ガスケットを交換したカムカバーを取り付けて、
オイルが流れていた部分をパーツクリーナーで洗浄

前回の車検から33000km乗られたプラグは
中心電極がこんなに丸くなっておりますので交換です

新しいプラグとの電極の差は歴然です、これがエンジン性能以外に
COやHC等排気ガスの状態を維持する為にも効果が高いんですよ

ロアーボールジョイントとタイロッドエンドブーツも亀裂が・・・
こちらも取りあえず車検通過させられるように、ボンドで接着して修理

エンジン始動して暖機しつつ、車体下部の塗装をした後
あらためてオイル漏れ確認いたしましたら・・・エレメントからも漏れが!!

普段当店でのエンジンオイルの交換時をされていませんが
エレメントは随分交換されていない模様・・・オイル交換時期には
余裕が有りましたので、オイルエレメントのみ交換させて頂きまして

抜けた分だけのオイルを補充して、ライト周りの確認です

ゴムが切れていたワイパーゴムも仕方なく交換
ホーンも鳴らずでしたが、こちらは定番のコネクターでしたので
接点の研磨修理で復活、心配なのは自身で交換されたと思われる
ヘッドライトのバルブです・・・俗に言う明るく見えるホワイト(青い)バルブ
見た目の明るさと裏腹に、光度が全く出ない事も多いので
大事を取って、明日は通常のH4バルブも持参して受検行ってきます

ちなみにこちらのハイゼット、バッテリーも「要交換」ですし
10万㌔毎交換のタイミングベルトもまだ交換しないまま既に128000km
色々な意味で、お金掛けざるを得ない時期なのは間違いないので
U様、出来ましたらしっかり修理して安心して乗って頂きたいです^^;
◆当社MAP 携帯用QRコード◆