ロールセンターの修正でアコード激変です2014年04月11日 22時33分

先日のジムカーナでS君にも乗ってもらって
ロールセンターが低すぎるとの指摘を受けたアコード
修正作業の為入庫です、まず現在の車高を確認してリフトアップ

リバウンド側のストロークを稼ぐため、プリロード(与圧)は0にセット
下部全長調整部のパーツを取り外します

こちらのパーツを分解して、スペーサーマウント部分の厚みを増します

全長調整部もネジ長を計測して締め込み長さをセットも
この部分よりも下部スペーサーの分で随分高さが稼げました

リヤは元々下部調整部に余裕がありましたので
こちらもネジ込み長を計測して、その位置で車高をセット

最初とは別物のように高くなった車高、ある意味コレが普通かも
フロントロアーアームも、\(-o-)/⇒__(^^)__ な位置になり
実際走らせてみましたが、転がし用アジアンタイヤとは思えない程
しっとりとした落ち着いた動きになってくれて、減衰ダイヤル位置も
3段柔らかくセット、動き重視しても踏ん張りがきくようになりました!!

その後は無論アライメント調整、これは次のイベントが楽しみですね

その後はランドクルーザーのオイル交換などしつつ

明日から作業する、ランエボⅧをリフトアップして各部の確認
やはり奇跡の1台、状態はかなり良いですね!

リヤ周りもキレイなもんです、アルミの地肌がまだ見えます
返還する全長調整式のオーリンズが光ってますね!
やっぱこのまま売ってもらえれば後の調整がいろいろ楽なのになぁ^^;

メンパーなどにはやはり錆は出て来ていましたので
今後を考えて下部の防錆塗装はしておいた方が良さそうです

タイヤを外して各部を点検確認、明日作業開始させて頂きます

夕方からは、カーサービスネットワークYGPクラブの総会
いつものMIRAで豊橋まで行って参加してまいりました
各議題は滞りなく終了、新しい役員さんの元新たな1年が開始です!
◆当社MAP 携帯用QRコード◆